Login

 
:: 便利カレンダー

:: サイト内検索
:: ランダムムービー
:: Since:2009年2月〜
本日のカウント:11419
1日前::12713
2日前::13530
3日前::13180

トータル:21022789
:: オンライン状況
38 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが X_movie を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 38

もっと...
:: 名言黒板
「ご利用上のお願い」
 この動画集はアイホン(iOS)やスマホ(アンドロイドOS)には対応していませんので恐れ入りますが、非対応の場合は「じじの動画日記」 でご覧下さい。

メイン •  一覧 •  ムービー投稿 •  閲覧ランキング •  評価ランキング

メイン : 魚類 : 


ソート順:  タイトル: ()日付 ()評価 ()人気 ()
現在のソート順サイト: タイトル (A to Z)



カテゴリ: 魚類
オオウナギ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2018-9-1 6:44
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:174
0.00
投票数 0
説明:
 島の方言では「コウウナギ(川ウナギ)」といっているが普通のウナギとは別種で全身に斑点模様がある。
じじは40年ぐらい昔、加計呂麻島にいた頃仕掛けで本格的に捕ったことがある。
最大級は、じじのふくらはぎより大きい物を仕留めたこともある。
南方系のウナギで、脂っこくてあまり美味しくはなかった。

(以下、)ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋
特徴
オオウナギは、太平洋とインド洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布し、ウナギ科全18種類のうちで最も広く分布している。日本では利根川以西・長崎県以南の暖流に面した地域に生息地が点在する。南西諸島ではオオウナギはウナギよりも多い普通種である。
オオウナギは、川の流れが緩い場所や湖、池、マングローブなどに生息している。オオウナギは日中、岩や植物の隙間に隠れて休み、夜になると泳ぎ出て獲物を探す。雨の日には、特に若い個体が水場を抜け出て他の水場へ移動することがある。
オオウナギの食性は肉食性である。主に甲殻類、小魚、カエルなどいろいろな小動物を捕食する。特にカニ類を好むといわれており、 オオウナギの地方名にはカニクイというものもある。
オオウナギは、繁殖の際に川を下り、外洋域の深海で産卵する。この点でウナギと同様である。卵から孵ったオオウナギの稚魚はレプトケファルスの形態で外洋を漂いながら成長を続け、全長5cmほどのシラスウナギとなって各地の海岸に現れ、川を遡上する。寿命は40年という記録がある。
鹿児島県南部や南西諸島、台湾などではオオウナギは食用や強壮剤にされる。ただし、ウナギより不味とされている。
(2018年8月31日、11:29 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)


カテゴリ: 魚類
ゴンズイ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2010-8-13 7:33
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:977
0.00
投票数 0
説明:
 野山の植物にもあるが、元々この魚から由来するらしい。
響きからしても良くないが、役に立たないもの代用になっているようだ。 この魚のゴンズイは手で触れないようにしないととても危険な魚である。
 (ウィキペディアフリー百科事典より) ゴンズイ (権瑞、学名 Plotosus lineatus, 英名 Striped catfish eel ) は、体長10cm〜20cmに達するナマズ目の海水魚である。
茶褐色の体に頭部から尾部にかけて2本の黄色い線がある。集団で行動する習性があり、特に幼魚の時代に著しい。
幼魚の群れは巨大な団子状になるため、「ごんずい玉」とも呼ばれる。この行動は集合行動を引き起こすフェロモンによって制御されていることが知られている。
背びれと胸びれの第一棘条には毒があり、これに刺されると激痛に襲われる。なお、この毒は死んでも失われず、死んだゴンズイを知らずに踏んで激痛を招いてしまうことが多いため、十分な注意が必要である。さらに、釣りの外道として嫌われている。ただ、地方によっては味噌汁や天ぷらなどで食されることがある。
(2010年8月11日、15:45 天城町与名間海岸で撮影)


カテゴリ: 魚類
ゴンズイ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2014-9-18 9:02
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:422
0.00
投票数 0
説明:
 最初、ボラの群れと思ったが、よく見ると茶褐色の体に頭部から尾部にかけて2本の黄色い線がある「ゴンズイ」であった。
ゴンズイが群れで集まった状態を「ごんずい玉」と言ううそうだ。
 このゴンズイは、背びれと胸びれには強い毒があり、指されると激痛に襲われるそうだ。
 植物にも、全く役に立たない木に「ゴンズイ」と言う名の木があるが、この魚の名前から由来するらしい。
http://www.ibuchan.com/modules/webphoto/index.php/photo/319/keywords=%A5%B4%A5%F3%A5%BA%A5%A4/
 2010年8月にも水槽入りの「ゴンズイ」を撮ってある。
http://www.ibuchan.com/modules/d3blog/details.php?bid=438
こちらの方が、映像がしっかりしているので、よろしかったらご覧ください。
 じじは幼い頃、父から海へ行ったとき「ゴンズイは毒が強いから絶対に触れるなよ!」と教えられたことを今でも思い出す。
(2014年9月15日、6:32 徳之島町亀津東区海岸で撮影)



カテゴリ: 魚類
タツノオトシゴ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2010-8-12 17:00
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:876
0.00
投票数 0
説明:
(ウィキペディアフリー百科事典より)タツノオトシゴ(竜の落とし子)、またはウミウマ、カイマ(海馬)は、狭義にはトゲウオ目・ヨウジウオ科・タツノオトシゴ亜科・タツノオトシゴ属に分類される魚だが、タツノオトシゴ属(Hippocampus属)の魚の総称としても用いられる。およそ魚には見えない外見と、オスが育児嚢で卵を保護する繁殖形態が知られた分類群である。
特徴  すべてが熱帯から温帯の浅い海に生息する海水魚である。成魚の大きさは全長2cm足らずのピグミーシーホースから全長20cmを超えるオオウミウマまで種類によって差があり、体表の色や突起なども種類間、または個体間で変異に富む。
(2010年8月11日、15:41 天城町与名間海岸で撮影)


カテゴリ: 魚類
ハゼとオコゼ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2011-1-22 8:29
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:1085
0.00
投票数 0
説明:
 先日、今年一番に冷え込んだ日に昼頃黒畦へ行った。
干潮で、珊瑚礁の溜まりに小魚たちがあまりの寒さで多数仮死状態(こんな状態のことを方言では「シックイ」と言う)になっていた。 昔は、特に冷え込んだ朝は、海岸まで降りてシックイで固まっている魚を捕りに行ったものだった。
今日は、そのシックイで仮死状態になっている、ハゼとオコゼの動画をアップします。
南国に住む魚たちは、寒さには弱いんでしょうね。
(2011年1月18日、12:42 徳之島町黒畦海岸で撮影)


カテゴリ: 魚類
ハリセンボン 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2009-6-20 6:37
ファイル情報: 00:51/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:990
0.00
投票数 0
説明:
 海岸で良く目にするのは、フグチョウチンの様にイガグリ状に膨れ上がった状態で海面にプカプカと浮いている様であるが、先日は水中をすいすいと泳いでいる状態が撮れた。徳之島の方言名は「アバシャ」と言う
(2009年6月15日、6:12:15 徳之島町亀津東区海岸にて撮影)


カテゴリ: 魚類
ハリセンボン No2 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2009-12-3 10:05
ファイル情報: 00:51/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:1218
0.00
投票数 0
説明:
 以前、東区の海岸で撮ってアップした動画より近距離で撮った為かなり鮮明に撮れている。
 このハリセンボンのことを徳之島の方言では「アバシャ」と行っている。(2009年8月8日、15:42 徳之島 与名間海岸で撮影)
 * ハリセンボンについての詳細はこちら ↓ クリック
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%B3


カテゴリ: 魚類
ボラのジャンプ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2009-12-3 10:36
ファイル情報: 00:51/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:871
0.00
投票数 0
説明:
 一応タイミングはグットタイミングだったがズームがイマイチ効いてなかった。数秒の短い動画ですが今日は「ボラのジャンプ」をアップします。(2009年10月27日、6:35 徳之島町亀津東区海岸で撮影)


カテゴリ: 魚類
ミナミクロダイ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2015-1-29 15:28
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:345
0.00
投票数 0
説明:
 先日天城干潟へ行ったとき、満潮で干潟の歩道の直ぐ下まで、ミナミクロダイが寄ってきていた。
じじが確認したのは二匹のチンだったが、未だほかにも数匹寄って来ていたかもしれない。
 方言名を「チン」と言って、奄美諸島〜沖縄諸島に生息する固有種で内湾、汽水域にすむ。
 水面近くへ浮いてきたので、意外と良く撮れたので、アップします。
(2015年1月26日、11:36 天城町浅間干潟で撮影)


カテゴリ: 魚類
ミナミクロダイ(チン) 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2009-12-3 10:15
ファイル情報: 00:51/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:1158
0.00
投票数 0
説明:
満ち潮に乗り餌を求めて岸辺まで来ている「ミナミクロダイ(チン)」の数組のカップルだった。陸から水中の撮影だから光の屈折で鮮明な画像ではないが、何とか確認できる映像が撮れたのでアップします。(2009年9月9日、6:13 徳之島町亀津東区海岸で撮影)


カテゴリ: 魚類
ムラサメモンガラ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2009-6-16 7:48
ファイル情報: 00:51/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:2533
0.00
投票数 0
説明:
 このモンガラの仲間には、前回アップした「モンガラカワハギ」や「タスキモンガラ」、「クラカケモンガラ」などがここ徳之島でも時々見られるようだ。
徳之島では、これらを総称して方言で「ヤチャ」と呼んでいる。


カテゴリ: 魚類
ムラサメモンガラの群れ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2010-9-14 9:05
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:801
0.00
投票数 0
説明:
 島にはモンガラカワハギの仲間が、(モンガラカワハギ・タスキモンガラ・クラカケモンガラ・ムラサメモンガラ)数種類いるようだが、全てを総称して方言では「ヤチャ」と言っている。
 当サイトにはモンガラカワハギ・ムラサメモンガラはアップ済みです。


カテゴリ: 魚類
モンガラカワハギ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2009-5-11 11:53
ファイル情報: 00:51/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:1043
0.00
投票数 0
説明:
じじの推測だが、「モンガラカワハギ」が弱って潮に流されここまで来たのだと思う。しかもこの動画でもわかるように、逆さまに泳いでいるようである。腹びれが上になり背びれが下になっているようだ。


カテゴリ: 魚類
大瀬川のニシキゴイ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2011-4-4 6:10
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:686
0.00
投票数 0
説明:
 先日、大瀬川沿いへ撮影に行ったとき、去年町が放流した錦鯉たちが大瀬川の中流付近を十数匹の群れを作っていた。
 去年のあの大豪雨による奄美大災害時にも流されることなく元気で成長している姿を見て安堵した。
繁殖を続けて沢山の錦鯉が住む大瀬川になって欲しいものです!
(2011年4月1日、12:03 徳之島町亀津大瀬川亀津中前で撮影)


カテゴリ: 魚類
大瀬川のボラ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2016-4-18 7:26
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:445
0.00
投票数 0
説明:
 昨日、橋の下を見ると「ボラ」の群れが長い行列をつくって水面へ浮いていたので、撮ってみた。
 ボラのことを島の方言では「チックワァ」といっている。
サギ類やミサゴの格好の餌になるので、鳥たちがこの周辺にはよく集まっている。
(2016年4月17日、11:17 徳之島町亀津大鸚邁捨で撮影)


カテゴリ: 魚類
徳之島の熱帯魚 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2010-8-14 10:09
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:1155
0.00
投票数 0
説明:
 与名間ビーチリーフ内に住んでいる熱帯魚たちです。
(2010年8月11日、3:46 天城町与名間ビーチで撮影)


カテゴリ: 魚類
和瀬池のコイたち Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2018-4-20 6:56
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:247
0.00
投票数 0
説明:
 昨日は,和瀬池のコイたちが数匹水面近くに浮いてきていた。
数日前にミサゴがこの池で魚をゲットしていたのをアップしたが、おそらくこのコイたちの仲間だっただろう。
この池ではけっこう沢山のコイが数年前から繁殖している。
(2018年4月19日、10:22 徳之島町和瀬池で撮影)


カテゴリ: 魚類
和瀬池上流にコイが Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2018-7-14 6:22
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:177
0.00
投票数 0
説明:
 和瀬池にコイが繁殖していることは前にも数回取り上げたが、昨日は上流(乾期は湿地帯)まで採餌に来ていることがわかった。
最近梅雨や台風で十分な降水があり島全体が潤っているので湿地が川となり池のコイたちも上がってきているようだ 。
今まで、こんなところでコイを見たことは無い。
(2018年7月13日、11:13 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)




     Login
=== A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation === === A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog ===
Copyright (C)2009-2018 ibuchan.com All rights reserved. Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2