Login

 
:: 便利カレンダー

:: サイト内検索
:: ランダムムービー
:: Since:2009年2月〜
本日のカウント:11005
1日前::12713
2日前::13530
3日前::13180

トータル:21022375
:: オンライン状況
38 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが X_movie を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 38

もっと...
:: 名言黒板
「ご利用上のお願い」
 この動画集はアイホン(iOS)やスマホ(アンドロイドOS)には対応していませんので恐れ入りますが、非対応の場合は「じじの動画日記」 でご覧下さい。

メイン •  一覧 •  ムービー投稿 •  閲覧ランキング •  評価ランキング

メイン : 爬虫類 : 


ソート順:  タイトル: ()日付 ()評価 ()人気 ()
現在のソート順サイト: タイトル (A to Z)



カテゴリ: 爬虫類
またもアオウミガメに遭遇 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2018-9-24 7:24
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:183
0.00
投票数 0
説明:
 先日妹夫婦を案内してまたも犬田布岬へ行った。
またして、先日の数百メートル離れたところで、アオウミガメに遭遇した。
おそらく同じ個体かもしれない。
今回は、さらに距離が近くて、かなりいい映像で撮れた。
(2018年9月22日、11:31 伊仙町町犬田布岬で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
アオウミガメ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2018-9-20 7:08
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:163
0.00
投票数 0
説明:
 先日、犬田布岬へ行ったとき、岬の先端付近にアオウミガメが回遊していた。
滅多に見ることができない奇遇だった!
 アオウミガメは日本では小笠原諸島と南西諸島でも産卵するそうだ 。
距離が遠くおまけに水中なので写りはよくないが、何とかカメさんとは認識できるのでアップします。
(2018年9月16日、12:04 伊仙町町犬田布岬で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
アオカナヘビ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2009-12-3 10:04
ファイル情報: 00:51/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:1454
0.00
投票数 0
説明:
 アオカナヘビは奄美諸島、沖縄諸島、小宝島、宝島に生息する固有種である。
 形態は全長20-28cm。尾は長く全長の3/4を占め、この尾を草や枝等に巻きつけることにより低木等に登ることもできる。体色は青ではなく鮮やかな緑色だが、変異があり褐色の個体もいる。体色は草の中では保護色になる。吻端から胴体の側面、尾の付け根にかけて白い縦縞が入る。
(2009年8月23日、17:50 徳之島町亀津北区農道で撮影)
詳細はここ ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%98%E3%83%93


カテゴリ: 爬虫類
アオカナヘビ(雌) 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2012-9-27 18:02
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:551
0.00
投票数 0
説明:
 昨日、徳之島町総合運動公園の遊歩道にある渡り橋の欄干に「アオカナヘビ」がいた。
アオカナヘビはすばしっこい動きで直ぐに草むらの中へ逃げ込んで、撮影するのは難しいが、今回は、渡り橋の欄干や橋桁だったので撮影にはナイスチャンスだった。
 アオカナヘビは、トカラ諸島の子宝島と宝島、奄美諸島、沖縄諸島、宮古島に生息するカナヘビ科のは虫類である。
体長20〜25cm位の極めておとなしいトカゲで、仕草がとても可愛いとじじは感じる。
(2012年9月26日、11:56 徳和瀬総合運動公園で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
アオカナヘビ(雄) 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2013-8-22 18:50
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:560
0.00
投票数 0
説明:
 昨日は、徳之島町総合運動公園遊歩道でアオカナヘビ(雄)に出会した。
もう数回登場しているが、今回が一番接近して鮮明な画像が長時間撮れた。
雨上がりで、水滴が身体に付着し太陽の光が反射しダイヤモンドをまとっているように見えた。
 アオカナヘビは、カナヘビ科で名前はヘビが付いているがトカゲの仲間で、おとなしく昆虫などを食べる。
 トカラ諸島の子宝島と宝島、奄美諸島、沖縄諸島、宮古島諸島に分布している。
 この固体は、白側線の上に茶色の帯状線が有るので雄である。
(2013年8月20日、10:43 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)



カテゴリ: 爬虫類
アカウミガメ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2011-9-13 7:20
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:527
0.00
投票数 0
説明:
 昨日の早朝東区海岸の砂浜にアカウミガメの変わり果てた遺体が打ち上げられていた。
その朝は、熱帯低気圧で海は大時化であった。
 おそらくこの近くで時々頭を出していたウミガメや、以前この地で産卵した海亀の仲間だろう?
遺体はまださほど傷んでおらず、打ち上げられて間もない様子であった。
(参考文献) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%A1
日本近海でこれまで記録があるウミガメは5種(ケンプヒメウミガメとヒラタウミガメを除く)で、産卵の記録は3種のみである。
アカウミガメ - 福島県・石川県以南の本州・四国・九州・南西諸島。太平洋沿岸各地の砂浜で毎年産卵が確認される。日本海側は太平洋側に比べて少ない。
アオウミガメ - 南西諸島、小笠原諸島
タイマイ - 南西諸島各地で産卵の記録がある。

 アカウミガメは、福島県・石川県以南の本州・四国・九州・南西諸島の太平洋沿岸各地の砂浜で毎年産卵が確認され、日本海側は太平洋側に比べて少ないそうだ。
(2011年9月12日、6:32 徳之島町亀津東区海岸で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
アカマタ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2012-5-24 6:41
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:621
0.00
投票数 0
説明:
 先日ケラマツツジを撮った場所の近くで、ガラスヒバァとアカマタが対峙していた。
最初はガラスヒバァだけだと思ったら直ぐ奥まった所にはアカマタもいた。
じじも別々には何度も見たことはあるが、同じ場所に同時に見るのは初めてであった。
 同時に撮りたかったが、森の中、光が弱くハッキリと写らないので接近して別々に撮った。
 ナミヘビ科マダラヘビ属に分類されるヘビで、徳之島も含めて奄美地方では「マッタブ」と呼ばれ、奄美群島、沖縄諸島に生息する固有種です。
 ハブよりも多い個体が生息しているようで、このヘビの近くにはハブはあまりいないと言われている。
なせならば、けんかをすると絡み合ってハブは骨が硬いのでアカマタにボリボリ骨を折られると言う。
また島ではアカマタを神様のお使いのへびと言って、捕まえたり殺したりしてはいけないと言う言い伝えがあり、この蛇に危害を加えたりはしない。
(2012年5月23日、16:48 徳之島町総合運動公園で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
アカミミガメとコイたち   人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2009-12-3 10:17
ファイル情報: 00:51/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:1349
0.00
投票数 0
説明:
 耳のあたりに赤いストライブが入っているのでこのような名前になったのでしょうか。アカミミガメはアメリカ合衆国に自然分布。現在はペットとして世界各地に移入されて、要注意外来生物に指定されている。幼体はミドリガメとも呼ばれ、ペットショップなどでよく売られている。


カテゴリ: 爬虫類
アシナガバチの巣作り Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2018-6-18 8:07
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:200
0.00
投票数 0
説明:
 昨日は、徳之島総合運動公園遊歩道でアシナガバチが巣作りをしているところに出会した。
こんな、人工の木製のフェンスにしかも、地上高約30cmの所に作っていた。
 これからの展開を観察してみよう。
(2018年6月17日、11:19 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
アマミアオヘビ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2012-8-31 11:11
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:485
0.00
投票数 0
説明:
 昨日は、台風通過後、初めて諸田・徳和瀬方面へ行った。
徳之島町総合運動公園では、薄暗い中、「アマミアオヘビ」に出会った。
 今回は直ぐに藪の中へ逃げ込まず、沿道で結構長時間撮影できたのでアップします。
アマミアオヘビは奄美諸島の固有種のようだ。
徳之島の方言では「アオヌギャ」と言っている。
 沖縄にはリュウキュウアオヘビがいるが、ほとんど同じように見える。
学者によっては、アマミアオヘビもリュウキュウアオヘビひに含めて言っているようである。
 当サイト初登場です。
(2012年8月30日、16:53 徳之島町総合運動公園で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
ウミガメが母を! Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2015-5-25 6:47
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:303
0.00
投票数 0
説明:
 先日、母他界後初めてのジョギングで何時もの堤防で、じじの前をゆっくりと海面すれす横切って游いで行く「ウミガメ」を発見!
早朝の海中で画像が良くないため、何ガメかは特定できないが、ウミガメには間違いないようだ。
おそらく、ここの砂浜へ産卵をするための下見に来たアカウミガメだろう?
 ここ十数年毎日のようにこの堤防で観察をして、チョコッと頭を出したカメは数回見たことがあるが、こんなに近くを横切っていくカメの姿を見たのは初めてであった。
帰りのジョギングで、「二年前に他界した父が待っている竜宮城へ母の魂を乗せたカメがじじの前を通過して、サヨナラの挨拶をさせてくれたのだ!」と思った!
キット今頃、両親は竜宮城で再会して幸せに暮らしているに違いない!
(2015年5月22日、6:13 徳之島町亀津東区海岸で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
オオシマトカゲ(徳之島産) 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2014-7-19 8:48
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:534
0.00
投票数 0
説明:
 徳之島には固有のトカゲと名の付くトカゲが三種類もいるからこんがらがってしまうのです。
「バーバートカゲ」
http://www.ibuchan.com/modules/d3blog/details.php?bid=1541
「ヘリグロヒメトカゲ」
http://www.ibuchan.com/modules/d3blog/details.php?bid=1565
「オオシマトカゲ」の三種です。
さらに、これに加えて蛇では無くトカゲなのに名前は「アオカナヘビ」もいる。
http://www.ibuchan.com/modules/d3blog/details.php?bid=1294

 ところで、「オキナワキノボリトカゲ」は
http://www.ibuchan.com/modules/d3blog/details.php?bid=1525
近年になって沖縄から持ち込まれた種で島の在来種では無い。
 オオシマトカゲは、オキナワトカゲの亜種でオオシマトカゲも島ごとに個体変異があるそうで、いっそうのことトクノシマトカゲと言った方が良さそうですね。
 オオシマトカゲはニホントカゲの亜種なのでしょうね。
(2014年7月6日、11:00 徳之島町諸田池沿道で撮影)



カテゴリ: 爬虫類
オオシマトカゲ(徳之島産) Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2016-6-23 8:42
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:486
0.00
投票数 0
説明:
 オオシマトカゲはニホントカゲによく似ていて、トカラ列島・奄美大島・徳之島の固有種だが、島ごとに微妙に違うそうです。
島にいるトカゲでは一番大きく全長約20cm位もある。
(2016年6月22日、11:12 徳之島町プリンスビーチで撮影)



カテゴリ: 爬虫類
オキナワキノボリトカゲ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2011-3-31 7:30
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:696
0.00
投票数 0
説明:
 徳和瀬運動公園へ行く途中の道路中央にいた。
素速く車を止めて、動画・静止画を撮った。
キノボリトカゲは久しぶりのアップになります。
 奄美群島・沖縄群島および宮崎県の一部(近年帰化しているそうです)に分布する。
 日本(奄美群島、沖縄諸島)固有亜種 でリュウキュウキノボリトカゲとも言うそうです。
(2011年3月30日、10:48 徳之島町徳和瀬運動公園横の道路で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
オキナワキノボリトカゲ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2011-8-11 7:28
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:620
0.00
投票数 0
説明:
 昨日は十数匹も出会すことが出来て、動画・静止画撮り放題だった。 こんなに一日で、しかも一時間前後で十数匹のキノボリトカゲに出会うなんて初めてのことである。
近くで、キノボリトカゲさんたちの大集会があったのでは?と思うぐらい次々に出会いました。
昨日写真日記で書いたように、徳之島では天敵がほとんどいなく異常繁殖している感じがした。
 今日は木陰で灯が漏れて明るく撮影条件の良い場面のシーンを動画でアップします。
(2011年8月10日、12:34 徳之島町和瀬池公園で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
オキナワキノボリトカゲ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2012-5-29 6:43
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:483
0.00
投票数 0
説明:
 先日、徳之島町総合運動公園の遊歩道で久しぶりオキナワキノボリトカゲに出会った。
キノボリトカゲは、島の森や林には沢山住んでいるようで、良く出会う。
グロテスクな顔つきには似合わないほど仕草はとても滑稽で可愛らしい。(2012年5月25日、11:18 徳之島町総合運動公園で撮影)



カテゴリ: 爬虫類
オキナワキノボリトカゲ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2012-8-7 7:05
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:537
0.00
投票数 0
説明:
 先日、徳和瀬運動公園へ行った時は二度オキナワキノボリトカゲに出会った。
多い季節では、なんと十数匹も出会う時がある。
当サイトでも数回登場しているが、徳之島の環境では天敵が少ないのか、かなりの数で繁殖しているようである。
 環境で色を変えるので、みんな同じ色では無く周囲の色に同化している。
この個体は、枯れた木の切り口の色を基本にして周りの緑との混ざった模様をしていた。
(2012年7月27日、11:15 徳之島町徳和瀬運動公園で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
オキナワキノボリトカゲ 人気 Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2013-6-15 6:46
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:547
0.00
投票数 0
説明:
 徳之島町総合運動公園の遊歩道を歩いていると、最近よく「キノボリトカゲ」をよく見かけるが、昨日は久し振りに撮ってみた。
 オキナワキノボリトカゲは沖縄と奄美諸島にだけ分布する固有種だが、近年宮崎県日南市と鹿児島県指宿市で繁殖しているそうだ。
沖縄では生息数が減少し絶滅が危惧されているそうだが、徳之島では天敵がいないためか相当数繁殖しているようだ。
公園の遊歩道1〜2時間の散歩中に十数匹も見かけることがある。
(2013年6月14日、11:41 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)



カテゴリ: 爬虫類
オキナワキノボリトカゲ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2014-6-5 10:20
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:470
0.00
投票数 0
説明:
 先日、運動公園遊歩道で久し振りに撮ってくれとばかりの「オキナワキノボリトカゲ」に出会った。
 普段はこいつには見向きもしないが、最近題材が少なくなってきたので何かの足しになるだろうと撮った。
 沖縄・奄美諸島の固有種であるが、近年温暖化に伴い、九州南部まで生息地域をのばしているようである。

国立環境研究所 侵入生物DB ↓

http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/30280.html

(2014年6月4日、11:15 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)


カテゴリ: 爬虫類
オキナワキノボリトカゲ Windows Media Player Windows Media Player
掲載日:2015-6-6 6:53
ファイル情報: 00:00/340kbps
投稿者: ibuchan
ヒット数:368
0.00
投票数 0
説明:
 先日、徳之島町総合運動公園の遊歩道でオキナワキノボリトカゲを久しぶりに撮った。
4月に静止画をアップしましたが、動画は今年初投稿になります。
 オキナワキノボリトカゲは日本(奄美群島、沖縄諸島)固有亜種である。
 昔、ペットとして飼育されることがあり、生息地のみならず日本国内でも流通していた。
1990年ごろから爬虫類の飼育が流行したときに一時期かなりの数の個体がペットショップで販売されていた。
その頃は、絶滅が危惧されていたが、現在奄美諸島では外敵が少なく、また環境適応能力があり、強靱な繁殖力でワースト種になる勢いで繁殖し続けているようである。
(2015年6月2日、12:30 徳之島町総合運動公園で撮影)




(1) 2 3 4 »
     Login
=== A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation === === A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog ===
Copyright (C)2009-2018 ibuchan.com All rights reserved. Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2