便利カレンダー

サイト内検索
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:9850
1日前::10704
2日前::11157
3日前::10977

トータル:23352706
オンライン状況
27 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが pico を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...
名言黒板
トップ  >  pico動画集  >  鳥類の動画集  >  ミフウズラの雄 
 先日、和瀬池へ行ったとき、帰りに入り口農道で幸運にも「ミフウズラ」と出会した。

 日本で、奄美以南の南西諸島のサトウキビ畑や草原や農耕地などに留鳥として生息する「ミフウズラ」です。

島の方言では「ウズィラ」と言っている。

このミフウズラは、本土のウズラであるキジ目のウズラとは違って、ツル目ミフウズラ科に分類される。

また、とてもユニークな鳥で雌が雄に求愛して、産卵が終わると別の雄と繁殖行動をはじめるという一妻多夫の鳥である。

 非常に用心深く、人間に気づくと直ぐさま、草むらに隠れて見えなくなるので、車のガラス越しに撮るしか方法はない。

 去年も、この近くの海岸端の農道でフロントガラス越しに撮ったことがある。

 最初は2羽いたがいつの間にか、カメラを向けたときはこれ一羽しか目に入らなかった。

この個体は雄のようである。去年撮ったのはたまたま雌のようであった。

 雌の方が大きく、喉の辺りに、黒い横斑模様があり全体的に派手にしていて、一般的な鳥とは全く正反対である。

去年の動画はここです。 → クリック


ミフウズラの雄

(2010年7月30日、18:13 徳之島町和瀬池入り口農道で撮影)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:29 平均点:3.79
前
待ち伏せをするアカショウビン
カテゴリートップ
鳥類の動画集
次
アジサシ