logo


     Login
 便利カレンダー

 サイト内検索

高度な検索
 webphoto ↓クリック 拡大
バンの雛鳥
バンの雛鳥
 ランダムムービー
 リュウキュウサンコウチョウ(雌)
リュウキュウサンコウチョウ(雌)
 Since:2009年2月〜
本日のカウント:3408
1日前::9090
2日前::6978
3日前::9778

トータル:24290993
  オンライン状況
30 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが pico を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

もっと...
 名言黒板
トップ  >  pico動画集  >  鳥類の動画集  >  指を欠損したチュウシャクシギはまだいた
 昨日アップした、オオソリハシシギがどうしているか気になっていたので、辺りをくまなく探したが見つけることは出来なかった。

あの、痛ましい姿の「オオソリハシシギ」はどこへ行っただろうか?

もう旅立ったのか?それともどこか近くへ移動したのか?

再びこの場へ戻ってくるかも知れないから、しばらく様子を見よう!


 最近よくあのような痛ましい事故に遭った鳥や、遭っている鳥(釣り針を飲み込んだユリカモメ) を見かけるのでとても気になる。

先月、4月23日にアップした「チュウシャクシギ」も同じように指を欠損しているので、ほぼ毎日チェックしている。

昨日も、元気で沖の方で餌を捕っていた。

このチュウシャクシギは、今までのものと比べ警戒心が強く、じじが現れるとすかさず沖の方へ移動する。

おまけに餌を捕っている時の行動も辺りを気にしながら忙しく落ち着きが無い。


 この怪我の原因について、天城の友人から昨日指摘を受け、改めて海外に多い「トラバサミ」の恐ろしさを認識した。

おそらくこのオオソリハシシギとチュウシャクシギの2例はトラバサミによる欠損の可能性が高い。


 しかし、トラバサミは体の一部を欠損しても生き延びる可能性が大きいが、テグスを体に巻き付けた場合は、もがき苦しみ長時間後は鳥の力では外すことも出来ずに死に至る可能性が大きい。

恐るべしテグス?日本のハイテク技術でつくられている細くて透明で非常に強い切れにくい糸!

使われ方によっては、恐ろしい! 鳥たちにとっては罠よりも恐ろしい!テグスの始末には十分気を付けましょう!


 今日は、苦境にも負けず力強く生き抜いている「傷ついたチュウシャクシギ」の動画を再アップします。


指を欠損したチュウシャクシギはまだいた

(2013年5月3日、15:56 徳之島町亀津丹向川河口で撮影)


プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:7 平均点:2.86
前
傷ついたオオソリハシシギ
カテゴリートップ
鳥類の動画集
次
夏羽へ換羽中のムナグロ
     Login
Copyright (C)2009-2018 ibuchan.com All rights reserved.    Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2
◇◇◇ シンプル別館 徳之島自然観察集 ◇◇    ◇◇ モバイル・携帯用サイト 徳之島じじとばばのブログ ◇◇◇