ばば日記カレンダー
« « 2019 8月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
便利カレンダー

サイト内検索
アーカイブ
カテゴリ一覧
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:3807
1日前::10413
2日前::10384
3日前::9418

トータル:23719355
オンライン状況
30 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

もっと...
ばば日記コメント
名言黒板

ばばの日記 - babachanさんのエントリ

この年で走った・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-8-23 14:33
8月23日(金)晴

今年の夏は、我が家、次々にお客様。

6月14日、義姉が同窓会で帰省、その後次女と三女、次に娘の上司ご夫妻、甥っ子、姪っ子

そして、長女家族・・・ザッと数えたら 、家と空港を20数回往復した。
寝姿山

たいしたおもてなしは出来なかったけど、それでも普段2人だけの食卓が

賑やかになり、楽しかった。

お客様がいらっしゃると、食事をどうしよう・・・・と、いつも思う。

ばばは洒落た料理が作れないし、作れるメニューと言えば豚骨料理や煮物、酢の物くらい。

それでも、娘達が手伝ってくれ、洗い方付けもしてくれ楽をさせて貰った。

じじも、普段の撮影は二の次で、滅多に行かない場所に娘や孫達を連れて行ってくれたり、

子供達は子供達で夜は花火を楽しんだり。

例年に無い賑やかな約1ヶ月だった。

昨日から、又、じじと2人の平凡な日々。

義姉、娘達やその上司ご夫妻、孫、甥、姪の事等々、懐かしく思い出し話題にしながら過ごしている。

忙しかったけど、それ以上に楽しかった約1ヶ月間。

娘達やじじが「大丈夫?」「ダウンしないでね」とか労いの言葉をかけてくれたが

自分でもビックリするほど元気、元気。

みんなが帰ってしまったら、気抜けしてダウンするのでは?と思ったが

そういう事も無く、今朝も雑草が伸び放題になりかけていた空き地に除草剤を撒いたり

この夏に使った寝具や食器、容器、道具等々、きれいにして所定の位置に戻したり

元気いっぱい、動き回っている。

次は、もう少し涼しくなったら、じじの妹夫婦が来てくれるって。

共通の話題も多いし、義妹から色々な料理も教えて貰えるし、今から楽しみにしているよ。

そう言えば・・・去る13日、迎え盆の日、実家のお墓へ行く前に

今年亡くなられた方で、お弔いに行っていないお宅があったので焼香に行って来ようと姉と出かけた。

出かけたのは良いが、校区外のお宅で、お家が全く分からず、道を通る人もいなくて

右へ行き、引き返し、左へ行き、引き返し・・・を繰り返していた。

見知らぬお宅に突然入って行って「○○さんのお宅はどこでしょうか?」と

聞くのも憚られるので、何とか自分達で探してみようと頑張った。

だんだん日も傾きかけてきたので、少し焦りも出た。

10分以上迷っていたが、たまたまラックが通りかかったので、運転手さんに声をかけ教えて貰った。

何回も、お宅の前を通っていたのに、最近は表札も無いので、素通りを繰り返していたのだ。

焼香も済ませ、立ったら、そのお宅の方が、何か両手にお土産を持って来られた。

「どうぞ、お気遣い無く・・・」と姉と2人、小走りで外へ出た。

すると、さっきの方が何か持って、姉とばばの後を追いかけてきたので

申し訳ないとは思ったが、ずっと車の所まで走った。

「この年で、こんなに走る事って無かったね」と車の中で話しながら

実家のお墓に向かった。

何年ぶりだろう?走ったのって。

自分では走っているつもりでも、端から見たら早歩きにしか見えなかっただろうなと

自分の走っている姿を想像して笑ってしまった。

普段、走る必要も無く、退職後は、ほぼ走った事は無い。

でも、今回思った。

せめて百歩位は走ってみる事も良いかな?と。

勿論、誰もに見られない時間帯で、じじにも気づかれずに・・・・・

って、思う傍から「今更、何のために走るの?」と囁く、もうひとりのばばがいる。

走らなくても、食事の時間以外、ほぼ動きっぱなしだから、現状のままでも良いんじゃない?とも囁いてくる。

とにかく自分を甘やかさず、家族にとって「頼れるお母さん」でいる事が、ばばの目標です。

※ 画像は、娘達を迎えに行った日に写した「寝姿山」です。
 
  見れば見るほど、髪をとき流して寝る女性の姿に見える・・・と思うんだけど

  喉仏が・・・・・

徳之島町どんどん祭り

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-8-12 18:31
8月12日(月)晴れ

昨日までのドンヨリ空から一転、午前中、我が家から見える上空は雲1つ見えず、吸い込まれそうな青空。

ここ数週間で一番の晴天ヵも知れない。

昨日ブログの最後に、「嬉しい事がもう一つあった」と書いたけど

それは昨年、じじの友人が下さった「桜ラン」が今年も花を付けてくれた事。

蕾の間全然気づかず、今年の開花は半分諦めていただけに

見つけた時は、とても嬉しかった。

クチナシの木の枝に吊し、日陰で管理してきたけど、見事応えてくれた桜ラン。

桜ラン

花って良いよね、ありがとう〜〜〜

さて、昨日は空一面雲に覆われたような空の下、徳之島の夏祭り「どんどん祭り」パレードがあった。

最近の天候不順から、花火大会は前もって延期と決定していたが

パレードは例年通り海岸近くのメイン通りで、夕方5時?5時半から行われた。

じじ&ばば&ばば姉3人はカメラを抱えて5時前には家を出た。

パレード出発時刻をはっきり知らなかったので、早めに家を出たのだが

我が家から通り迄は、徒歩でも5分。

ばば達が到着した時、警察の方や地域の青年達が既に交通整理を始めていた。

車は通行規制でパレードの間は、迂回路を通る事になっている。

会場となる通りの両端には地域の方々や、他の地区からも沢山の方が訪れ

自分達の好きな場所に陣取って、パレードの開始を待っていた。

顔見知りも多く、彼方此方から声をかけられ、久しぶりに会った方とはハイタッチをしたり

ハグをし合ったり・・・

今か今かとパレード開始を待っていたら、放送があり、闘牛が先ず登場。

3頭の闘牛が、飼い主や身内の子供達に手綱を引かれて、道路をゆっくりゆっくり歩いてくる。

徳之島の文化の1つ、闘牛。

闘牛が夏祭りパレードに参加するようになったのは、4,5年前だったか?
闘牛


若きリーダーと期待されていた、町議のM君が提案して、実現したとか。

最初の年、パレードでM君と会ったら「僕が闘牛の参加も提案したんですよ」と話してくれたが

そのM君、突然の病に倒れ、翌年か翌々年には沢山の方に惜しまれながら

天国へ旅立ってしまった。

M君は天に召されてしまったけれど、闘牛のパレードはM君亡き後も続いている。

昨日は,M君もきっと天国から闘牛や多くの町民のパレードを見ていてくれただろうなぁ・・・と思う。

闘牛のパレードが終わった後は、役場の若い青年達が御輿を担いで登場。

汗びっしょりになりながら、元気よく練り歩いてくる・・・・

その後、町長さんや副町長さん、役場職員の方々が「花の徳之島」「ワイド節」を踊りながら登場。

20近くの団体がそれぞれ趣向を凝らし、パレードするのだが、ばばはやはり実家集落

花徳の方々の登場を今か、今かと待っていた。

じじが、スッと動画撮影で、ばばは一眼レフでの撮影をじじから任命?され、

パレードの参加者達をカメラを通してしか見られないのが残念!

踊りながら、次々と目の前を踊り連の方々が通り過ぎていく。

ばばに向かって手を振って下さる方もいらっしやったけれど、カメラから目を離せず

「あれあれあれ?どなただったっけ?」と思った時は既に通り過ぎてしまっている・・・という事の連続。

それでも、最後の方になって、いよいよ実家集落の御輿登場!!!

元気なかけ声をかけながら、御輿を担ぐ青年団、御輿の上でパフォーマンスをする青年、

笑顔満開で踊り連が、その後に続く。
花徳集落

その瞬間だけは、カメラから目を離し、踊っている後輩達や御輿の上のパフォーマーに目を向ける。

暑さ対策にシャワーをかけながら、パレードは続く。

小さな子供達から先輩方まで、元気溌剌笑顔のパレード。

何と言っても御輿は圧巻!

今年もきっと各団体の中でトップ優勝するだろうなと確信しつつ、シャッターを押し続けた。

その後は製糖工場関連の方々、東区婦人団のパレードと息もつかせぬ位
製糖業

楽しく素晴らしいパレードが続いた。
太鼓

最後の団体が通過するまで約1時間半位かかっただろうか?
最終

各出場団体とも、例年に無く、工夫が凝らされ見応えのあるパレードであった。

最初、ばば達が会場に到着した時は見物客が少ないような気がしていたが

終わり頃になると、大勢の人、人、人・・・・・

今年は例年とコースが逆になっていた。

昨年までは亀津新漁港を出発し亀徳新港が終点のコースだったが

今年は亀徳新港出発で、亀津新漁港が終点。

1キロ足らずのコースでは歩けれど、暑い中、浴衣や着ぐるみ、法被等々

それぞれが趣向を凝らしての参加だったが、参加者の皆さんは暑かっただろうなぁ・・・・

ばばは、ただカメラを抱えて彼方此方移動しながらの撮影だったが

それでも、肩や腕が辛かった。

パレードが終わって、帰宅したら、じじが「あの中から使う写真は数枚だよ」って。

あ〜ぁ、そうなんだ、じゃぁ、手抜き撮影すれば良かった。

必死になって全団体の写真を何枚も何枚も撮り続けたけど・・・まぁ、良いか。

少し気が楽になったよ。

ホッとした所で、パレードの最終地点、亀津新漁港からは賑やかな音楽が聞こえだした。

パレードに引き続き、芸能大会や抽選会が始まったようだだ。

じじとばばは、例年パレードを見るだけで終了〜〜

今年も前日まで天気と変わって、強い日差しも無く、曇り空の下でのパレード、最高だったよ。

昨日のパレードのパワーが空の雲まで吹き飛ばしてくれたのか、今朝は日本晴れとも言えそうな真っ青な空。

みんなが心を合わせ、年々盛り上がりを見せる徳之島の夏祭り「どんどん祭り」、

参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。

もう、今から来年のパレードを楽しみにしているばばです。

※ 自分のカメラも持って行ったのに、じじのカメラでの撮影が多く

  闘牛パレードでは、闘牛の後ろ姿しか撮れなかったという・・・

  じじは、ばばが苦労してて撮った写真うまく使ってくれるかな?

約1週間・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-8-11 11:10
8月11日(日)曇り時々小雨

台風9号、10号の影響で青空の見えない日が続いている徳之島。

これから10号の動きが気になるばばです。

徳之島は海が荒れると鹿児島からの定期船が欠航する。

船が欠航すると、鹿児島から船で帰省する人たちは足止めが続き

生鮮食料などの物資も入らなくなる。

今日で約1週間も海の便の欠航が続いている。

お盆前だというのに、スーパーの棚はガラガラ。

ばばの知人が、昨日お米を買いに行ったら、10圓梁泙いくつかあったそうで

普段買っている5堝りのお米は無かったそうだ。

卵も牛乳も品切れ。

目立つのは、お盆用のカラフルな型菓子(方言ではムシコと言う)のみ。

今のところ、我が家はお米、卵、キャベツなどはあるけれど

船の入港はいくら早くても明日以降と聞く。

もっと遅れる可能性だってある。

どうなるんだろう?

飛行機は普段通り運航しているのかなぁ?

お盆の頃は、昔から良く「天気が荒れる・台風が近づく」などと聞いてはいたが

今回の台風の影響は長すぎる。

まだお墓の掃除にも行っていないばば。

先ずは家を片付け、晴れ間を見て、お墓に行って掃除をしてこなくちゃ。

今日は、徳之島の夏祭り「どんどん祭り」が計画されている。

夕方は16メートル道路でパレードが行われ、夜は新漁港で芸能大会なども計画されている。

天気が悪いので、計画されていた花火大会は延期になったそうだ。

いつ開催されるのかは、今の時点では分からない。

夕方のパレードに参加される方々は、朝からヤキモキされているだろうな。

晴れるのか?降るのか?

カンカン照りよりは、曇っていた方が良いだろうな・・・・・

各団体、趣向を凝らした衣装で数百メートルを踊りながらパレードするから。

親しい先輩方も参加されるので、ばばは撮影がてら応援に行って来たいと思っている。

どうぞ、夕方にかけて天気が回復しますように・・・・・

さて、我が家の庭の片隅に月下美人?が咲いた。

つぼみが膨らみかけていた時に気がつき(娘達が帰省した夜にでも開花してくれたら

良いなぁ)と思っていた。

なのに・・・・

娘達が帰省する日の朝は、既に咲き終わって萎んでいた。

7月26日の晩に咲いたんだね・・残念!

ばばも蕾と、萎んだ後は見る事が出来たけど、一番きれいな開花を見逃してしまった。
花

写真を見ながらガッカリしていたんだけど・・・

昨日の朝、又々嬉しい発見!

これについては、明日書きますね。
8月10日(土)台風9号の影響か?雨時々曇り

起きた時は薄曇りだった。

日中は少し天気も回復するかな?と思いながら朝食の準備前に洗濯開始。

朝食後、庭をグルッと一回りしていると、少しだけ日差しも。

良かった!と洗濯物を庭に干し終わった途端、急に小雨がぱらつきだした。

ンン〜〜〜モウゥ〜〜〜牛に変身!!

慌てて、今干したばかりの洗濯物を室内に取り込んで干し、

その後は、気になっていた押し入れの整理。

午前中、かかって7割方作業終了。

12時回ってから昼食の準備をし、とりとめも無い話をしながら食事。

途中、ばばが「じじ、今日は何をアップしたの?」と聞いたら

じじが「当ててごらん」と言った。

数秒考えた後「スズメ!」と答えると、ビックリしたじじが

「ばば、パソコン立ち上げて今日のブログ見ただろう」と言った。

「午前中は押し入れの整理で奥の部屋にいて、まだパソコン開けていませんけど・・」と言っても

じじは半信半疑のまま。

「本当にパソコン開けてないね?」としつこく聞かれ、「開けてないってば」と答えるばば。

じじは「じゃぁ、どうして僕がスズメをアップしたって分かったの?」と聞いた。

そんな事言われても・・・頭の中に浮かんだ事を口に出しただけ。

何故分かったかなんて、ばば自身分からない。

すると、じじが「やはりばばは宇宙人だ」ってさ。

今回のような事が年に数回はあるばば。

ブログの題材じゃ無くても、じじが質問した事にズバリ正解する事があって、じじはビックリする。

その都度、じじは「どうして分かったの?」と聞くけど、ばばだって、どうして答えが分かったのかは

知らないし、分からないから答えようが無い。

人間誰しも、その瞬間「閃く事」ってあると思うから、ばばの場合も「閃き」なのかな?

だよね・・・きっと。

話は変わって

今朝、庭を見ていたら、大きなゴーヤが桜の木にぶら下がっていた。

桜の木に絡みついて生長したゴーヤーの木?からは、まだ1個も収穫していない。

デュランタを覆い尽くす様に生長した木?からは、既に10本以上収穫している。

収穫したゴーヤは帰省した娘達や都会からのお客様、甥、姪にも食べて貰い大好評。

と言っても、ほぼ卵とのチャンプルーだけどね。

苗を植えた訳でも無いのに、毎年勝手に実を付けてくれるゴーヤ、

ありがたいとしか言いようが無い。

じじとばばだけではとても消費しきれないので、数軒のお隣さんや

姉にもお裾分けして喜ばれている。

ご近所さんも、ご自分の畑にゴーヤを植えているそうだが、なかなか大きくならないって。

せっかく実が付いたと思っても、我が家のゴーヤの3分の一位の大きさにしかならないって。

だから、ばばが届けると、とても喜んで下さる。

普段は、ゴミ出しの時とかお隣さんと会うと、すぐゴーヤを渡すけれど

数日前は、ばばが出かける用事があり、顔を合わす事は出来なかったが

5本も大きなゴーヤが収穫出来たので、3本を袋に入れ

ご近所さんのお宅のドアノブにかけてから出かけた。

お昼過ぎ、ばばが用事を済ませて帰宅すると、すぐにお礼の電話があった。

たまたま、都会からのお客さんもあったりするので、本当にありがたいと

それはそれは嬉しそうに話して下さり、ばばも嬉しくなった。

どうせ、自分達では消費しきれないゴーヤを分けてあげているだけなのに

こんなに喜んでいただけて・・・・こちらこそ、もらって下さって、ありがとう!です。

そうそう、ちょうど娘達が帰省した日に、こんな写真が撮れたよ。

亡き実家の父が大事に育てていたクチナシの枝を挿し木にしたら

きれいな花を咲かせてくれるようになり、その花が大きく生長したゴーヤに

寄り添うように開花していた。
ゴーヤとクチナシ

その光景を見た時は、何故か感動して胸がいっぱいになった、ばばでした。

自分で育てている野菜や花って、特別な喜びと感動を与えてくれると思うのは

ばばだけではないですよね。

今年は、あと何輪のクチナシが咲いてくれるのでしょうか?

あと、何個のゴーヤが実ってくれるのでしょうか?

楽しみなばばです!

2週間も何していたの?

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-8-9 13:48
8月9日(金)台風余波で天気悪し

前回ブログアップしてから、2週間も過ぎてしまった。

7月27日に娘達が帰省し、翌日娘達がお世話になっている方が

ご夫妻で来島、8月2日に甥っ子が、3日に姪が・・・・・

7月31日に2名、8月4日に3名、6日に1人見送り・・・・・

1日フリーだったのは5日で、その日は町の特定健診に出かけた。

いやはや怒濤のように駆け抜けた2週間だった。

7月28日は、前日帰省した娘達と豪華客船パシフィックビーナス号の

船内見学を終え、その足で東京からのお客様おふたりを空港で迎え

そのまま北回りで全島半周。
パシフィックビーナス

その後も娘達やお客様、甥や姪と楽しい時間を過ごせた。

食事を共にし、車で全島を回り、すぐ目の前でウミガメと遭遇したり

徳之島を満喫し、皆さんそれぞれの場所へ帰って行かれた。

じじとばば、2人だけになると何故か気が抜けたようで寂しいねと話しているここ数日。

約2週間の間、我が家の庭でも色々な変化があったけど

それは、またボチボチと書いていこう。

5日の健康診断のことを少し書いてみようかな?

例年、特定健診は数日にわたって行われる。

普通は初日午前6時過ぎ頃に出かけるのだが、今年は最終日の前日5日に行った。

家を出たのも例年より1時間も遅い7時半頃。

受付番号48番だった。

体位測定、採血、副部長音波、心電図など順調に進み、最後が胃癌検診で

バリウムを飲んだ。

器械の中に入ると「胃が膨らんでいませんね」と言われ、再度粉末の炭酸を水で飲まされた。

器械の上で回転したり、仰向けになったり、測位にになったりしたが

又「まだ胃が膨らんでいませんね」と言われ、再度炭酸を飲まされた。

もう気分が悪くて・・・・でも、必死に我慢。

しかし、、、、「まだ胃が膨らんでいませんね」と悪魔のような声。

何と!3回目の炭酸を飲まされた。

意識も朦朧となる位気分が悪くなったが必死に耐えた。

数分後、やっと「はい!いいですよ。終わりました」って。

器械から出ても、まともに経っていられないほどで、何とか健診車からでたら

外で下剤を配っていた叔父さんが「大丈夫ですか?支えましょうか」と声をかけてくれた。

「大丈夫です」と答え、下剤と水を飲み、予備の下剤を渡されて車の所まで行き

やっとの思いで帰宅。

すぐ2階に上がり、じじに散々愚痴をこぼし「もう、来年は絶対バリウムを飲まない!」と宣言、

そのまま横になった。

1時間少しぐらい経つと、大分気分も良くなったので、いつもの通り活動を開始できた。

病気を早期発見する為の検査だが、今回のような苦しい体験は初めてだった。

何故、胃が膨らまなかったのだろう?

暑さのせいで「ブルバン」ばかり食べていたから、栄養失調気味になっていたのか

体重も普段より4圓阿蕕じ困辰討い董大人になってからでは最低体重。

もうすぐ40圓鮴擇襪箸いΕリギリの数字。

改めて自分でもビックリし「ちゃんと食事をしなくちゃ」と思った。

台風9号の影響か?鹿児島からの定期船が入らなくなって、今日で何日目だろう?

お店では生鮮食料やパンのコーナーなどは空っぽかガラ空き。

お盆前で「型菓子」の数がやけに多くて、色鮮やかで目をひく。

卵や肉などは買えるので、少し多めに買っておこう。

ある方の情報では、11日までは船の欠航が続くらしい。

海の波は荒々しく、やけに風も強く、時折雨も混じるここ数日の天気。

早く天気が回復して、普段の平穏な日々が戻りますように・・・・

来週からのお盆で、ばばも又忙しくなりそうだけど、姉と2人「今年は特別何もしない」と話している。

御先祖様達にも、自分達と同じ食べ物や飲み物を御供えしようと思っている。

※画像は7月28日に平土野港に入港した豪華客船パシフィックビーナス号です。

 船があまりに大きくて、全体を写す事が出来ず、遠く離れた場所から撮影したけど

 それでもうまく撮影できませんでした。
ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ
投稿一覧
     Login
Copyright (C)2009-2016 ibuchan.com All rights reserved.   Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2
◇◇ シンプル別館 徳之島自然観察集 ◇◇◇    ◇◇◇ モバイル・携帯用サイト 徳之島じじとばばのブログ ◇◇