ただいまの時刻   
 
 
     Login
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ばば日記カレンダー
« « 2018 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
便利カレンダー

サイト内検索
アーカイブ
カテゴリ一覧
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:3550
1日前::8506
2日前::8894
3日前::7472

トータル:22498002
オンライン状況
30 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

もっと...
ばば日記コメント
名言黒板
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ばばの日記 - 201804のエントリ

万々歳出来るかなぁ?

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-4-30 10:34

4月30日(月)曇り

ばばが、最近、はまっている物がある。

それは「トマト」。

晩秋から冬にかけては「ミカン星人」と化すばばだが

自分がトマトも「美味しい」と思うなんて思いもしなかった。

きっかけは、数週間前、スーパーで買った「あいこトマト」というミニトマト。

自分は食べないかも知れないけど、じじの為に・・と買って帰った。

その晩、食後じじに食べて貰うと「甘くて美味しい!」と言う。

ならば・・・と、ばばも食べてみたら・・・

「美味しい!甘い!」。

それからは、そのスーパーへ行くたびに「あいこトマト」を買っている。




ここ数日は1パック10個以上入って100円前後で買える。

入っている個数によって、少し高いパックもあるけれど

高くても150円以内。

だから、最低でも3パックは買うようになった。

そして、じじには朝と晩出して、ばばは夕食後にトマトを食べている。

「あいこトマト」って、以前生協でも買っていたし

そのブランド名?はずっと前から知っていたけど、

こんなに甘くて美味しいと思ったのは、今回が初めて。

しばらくは「あいこトマト」に、はまり続けるような予感がする。


「トマト」と言えば・・・

子どもの頃は実家で中玉や大玉のトマトを作っていた。

「お日様の味」?という印象が残っている。

お日様なんて、どんな味か分からないけれど・・・

お日様の香りがするような・・・って、お日様の香りも知らないんだけど

日光をいっぱい浴びて育った野菜の味?

甘くは無かったし「美味しい!」と思った事も無かった。


大人になって、就職して・・・

ばばは、学級園の草花の間に、何故かミニトマトを植えた。

何の知識も無いのに・・・

そこで、毎朝、ミニトマトに水をかけ、油かすとか肥料とかも

頻繁に与えた。

その結果・・・

ハイ!ミニトマトは巨大花木?に育ち

他の草花を押さえ込んでしまった。

巨大花木化したミニトマトは恐ろしいほどに枝を広げたものの

実はあまり付かず・・・

その時になって、先輩が「ばばちゃん、トマトはあまり可愛がりすぎたらダメだよ。

肥料も水もギリギリまで与えない方が良いんだよ。」と教えてくれた。

ばばは、真逆の育て方をしたわけで・・・・

それ以後、ミニトマトを自分で育てた事は無かったが・・・


今現在、我が家の菜園には、またまたミニトマトが枝を広げている。

苗を植えた覚えも無いし、ましてや種を蒔いた覚えも無いのに・・・

この菜園、去年の巨大台風で大被害を受けた我が家の大型冷凍庫の中身、

魚介類・豚肉・牛肉等々の腐敗した物を全部埋めた。

じじが腰痛になるほどの巨大な穴を掘って、

冷凍庫と冷蔵庫の中身を全部廃棄したのだった。


そんな栄養満点の土壌?には、土が見えないほど三つ葉が繁茂し、肥満アロエも・・

さらには桜の木が2本、イヌマキ1本、そしてその隙間に

ミニトマトが数本。

ミニトマトは屋敷外まで枝を伸ばしてブロック塀から道路にも垂れ下がる始末。

そこを通りかかった、じじの友人が「ミニトマトやアロエ、三つ葉いただいて良いですか?」

と言ったらしく、じじは「どうぞ、御自由に」と答えたそうだが。


この菜園には、もちろん追加の肥料は一粒も入れず

水は時々かけながら見守ってきたのだが・・・・・・

ミニトマトも大量に実を付けてはいる。

まだ熟していないので、味見はしていないが、果たして甘い実になるのだろうか?

肥料過多で、不味い実になるのだろうか?


青い実が熟すまでには、まだまだ時間がかかりそうだが

5月中旬以降には色づくかも知れない。

「あいこトマト」を超えるミニトマトが自家菜園で収穫出来たら

万々歳だね〜〜


 

偶然?他

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-4-29 13:53

4月29日(日)晴れ

今日も穏やかな天気の徳之島です。

ゴールデンウイークでも、じじとばばは関係なし。

普段と変わらぬ時間が流れています。


我が家の庭、1週間ほど前までは夜香木が咲いて

夜には芳香が漂っていたが、花もほとんど散り

ばばが思いっきり良くバッサリと木を切ってしまった。

その後、クチナシの蕾がどんどん増えて

八重の花を咲かせ始めた。




夜香木ほどの香りはないが、昼でも花に鼻(笑)を近づけると

芳香が・・・ここは夜香木とは違うね。

昨夜、外に出た時、昼間より強くクチナシの香りがして

「クチナシも夜の方が、より香りが強くなるのかな?」と思った。

今朝は何と、15輪ほどの花が開いていて・・・嬉しかった!


じじはパソコンのリンクが切れたら、夜でも自宅へ行くので

ばばより「夜間外出」が多い。

じじにも、クチナシが15輪も開花した事を話すと

「良い匂いだよぁ。僕、あの匂いが好きだから

花に近づいて、香りを楽しんでいるよ」ってさ。


我が家の花壇には、夜香木・クチナシ・キンモクセイ・ギンモクセイ

デュランタがあるけれど、考えてみたら

デュランタ以外、みんな芳香のする花が咲く樹だね。

特別意識はしていなかったけど・・・・植えて良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食時、じじが「僕、だんだん体の色が緑色になっていくんじゃないかなぁ」と言う。

「はぁ?」と聞くと、「青野菜を沢山食べるから」って。

ばばが、みかんの季節にミカンを食べすぎて、体の色まで黄色くなるように

年間通して、青野菜を沢山食べているじじは

「体の色が青くなるのでは・・・」と冗談で言ったのね。

行った直後に「あっ!僕より先に青くなる人がいる」と言ったじじ。

誰かな?誰かな?

ばばはすぐ分かったけどね。


その誰かさんを「牛」に例えたら、じじは「山羊レベル」で

ばばは「ネズミレベル」だと、じじはいつも言う。

野菜大好きで、沢山摂取するって、とても良い事だよね〜


これからどんどん暑くなっていくけど

ばばは夏になると食欲ガタ落ちしてしまう。

ご飯にお茶か、水をかけた物以外、体が受け付けなくなる。

今現在は野菜も、ご飯もモリモリ食べているし

「最近、ばば食べるよね〜食べ過ぎじゃない?」って、

数日前、じじにも言ったけど・・・・

真夏に食べられない分、今のうちに食べて溜め込んでおくのかな?ばば。


食べて体力を付けないと、思いっきり動いたり、家事が出来なくなるよ〜

・・・・・と分かっているんだけどね。

今年の夏は、どうかなぁ・・・

チョッピリ夏が怖いばばです。

4月28日(土)晴れ

ばばは、いつも自分に都合の良いように考える。

前も書いたけど・・・・

子どもの頃、60歳とか70歳というと

「おじいちゃん、おばあちゃん、年寄り」と思っていた。

いざ、自分がその年になると???

「まだまだ若い」と思いたい、わがままっぷり。

過日、甥っ子が帰省した折、夕食時、この話したら

いつの間にか甥っ子は自分の従兄弟に、

ばばと姉が話した事を送ってあった。


すると空かさず、返信があったようで

「ばばばあちゃ〜ん、ばば姉ばあちゃん〜ん」と笑い顔の

絵文字付きで・・・・

ついでに、自分の写真?も送ってきた。

何十年ぶりかに見る、甥っ子Y君。

よう、よう、君も年取ったねぇ〜〜と笑うばば。

・・・って、ばばよりは20歳も年下なのに。


甥っ子H君は帰省中、沢山の写真を撮っていたみたいで

ラインで「ばば家グループ」に送ったみたい。

便利な世の中になったもんですな〜


ラインなんて、ばばとは別世界ですけど。

せっかく送ってくれても、面倒くさがりのばばは

自分では開かず、じじがばばのメールに送ってくれたら見ているけどね。


さてさて、話は昨日の事に戻って・・


昨日は「追いかけて・・・」「待ち伏せて・・・」の1日だった。

何かが門扉に当たり、破壊されたと連絡があり

修理して下さるというN兄さんのお茶でも・・・と

姉と2人、実家へ走ったが、既に工事は終わっていた。

N兄さんの携帯番号は知らないので、奥さんのSちゃんに電話したが通じず。

N兄さんの自宅へ電話しても留守・・・

「今日は休みだから・・・」って言っていたから

既にお家へ帰る途中かも・・・と、姉と2人も急いでお墓参りを済ませ帰路に。

途中、N兄さんの家に寄ったが留守。

夕方、買い物帰りに寄ってもまだ留守。

5時頃には帰宅するだろうと、少し余裕を見て

5時半にもう一回,N兄さんの家に行ったが留守。

一応6時まで待つことに・・




車外へ出たり、車内で座ったりしながら待っていたが

N兄さんも、Sちゃんも帰らない。

何かあったのでは・・・と少し心配になってきた。

じじには帰宅が遅くなるとメールした。

待って、待って、待って・・・ついに7時。

N兄さんらしき人が帰って来て車から下りた。

N兄さんかどうかを確かめる為に、ばばがN兄さんの玄関に回ると

男の人が庭の植物に水をかけていた。

「N兄さん〜」と声をかけると、「お〜〜っ、ばばちゃん」と言いながら

水道を止め、出てきてくれた。

朝からの事を話すと、少しの時間差で、行き違いになったみたい。

休みのはずが、ある方の車が故障して、電話で呼び出され

夕方までかかって部品を調達し、修理を終えて帰ってきたところだった。


実家の門扉のことを聞くと、角材の大きさや、金具の壊れ具合から考えて

相当大きな衝撃が加わらないと、あんな壊れ方はしないだろうという位の

壊れ方だったらしい。


家の前でN兄さんと話していると、奥さんのSちゃんもひょっこり出てきた。

「あれっ?家に居たの??」とビックリして聞くと

今日はバイクで出かけず、徒歩でちょっと仕事をして

5時半頃には帰宅したんだって。

と言うことは?ばばと姉が車の中で待っていた時に

既に帰宅していたのだ。

これ又、ちょっとの時間差。


N兄さんの話を聞いて、本当にショックで色々な思いが

胸をよぎったけど、もう済んだことだし、嫌なことは忘れるように努めよう。

N兄さんの対応で、門扉もきれいになったし・・・

朝から車に入れてあった、おやつや飲み物を渡して7時過ぎに帰宅した。


誰かを「追いかけたり」「待ち伏せ?たり」する事は

あまり無い事なので、昨日はさすがに疲れた。


でも、今朝は又元気よく6時過ぎには起きて、食後は

昨日剪定や伐採した桜の枝やトマトの枝等々、ゴミ袋6袋に詰めた。

好きな事をやるって、本当に楽しいね。

朝から、昼食の準備以外、ずっと外仕事をしていて、

3時少し前から買い物に行ったり、小包を作って送ったり・・

5時前になって、やっとパソコンも開けた。


「忙しいって良い事」と、自分に言い聞かせつつ

今日も精一杯働いたばばでした。


※画像はN兄さんの自宅近くで撮ったハイビスカスです。

せめて一言・・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-4-27 14:31

4月27日(金)晴れ時々曇り

なるべく毎日穏やかな気持ちで、

周囲の人達とは絶えず笑い合いながら生活していきたい・・・

と思っているばば。

だから、3度の食事時間は、じじとも色々な事を反しながら笑う。


そんなばばだけど、今朝は、まるで別人のように心が荒れた。

始まりは1本の電話から。


ばばは今朝も、起きると同時に洗濯機のスイッチを入れてから

朝食の準備を始め、朝食を済ませると同時に庭へ出て

洗濯物を干していたら電話の音が聞こえた。

最初じじが応対していたが、ばばへの電話だったので代わった。

電話をかけてきたのはN兄さんだった。


「ばばちゃん、実家の門扉に何かが当たったらしく

支え棒とか金具が曲がってほったらかされている」と言う。

「えっ?つい先日午前中、姉親子が実家へ寄って

その時はどうも無かったらしく、何も言わなかったんですけど」とばばが言うと

「その日の夕方、僕が行ってみたら、もう壊されていたのよ。

もし良ければ、僕が今日は仕事休みだから、

材料買って行って修理してくるけど・・」との電話だった。

「よろしくお願いします」とお礼を言って、すぐ姉にも電話をしたら

姉もビックリしていて「えっ?私達が言った時は、どうも無かったよ」と・・・

と言うことは?

姉親子が立ち寄って、その後、N兄さんが行くまでの数時間の間に壊されたのだ。

支え棒には、赤い塗料?が付着しているとも言っていた。


それにしても・・・・どうしたら、あの一にある門扉の支え棒とか

金具が壊れる位の衝撃を与えられるのか?

絶対車では無いと思う。

それにしても・・・・・無性に腹が立った。

姉やN兄さんの話から考えると、門が壊されて今日で5日目。

その間、誰からも実家の門扉が壊されていることについての連絡は無かった。


もし、今日、N兄さんが寄って修理して下さるなら

ホームセンターが空くのが9時半頃だろうから

ばばも姉を誘って実家へ行き、現場を見たり、N兄さんにお礼を言ったり

飲み物でも届けたいと思った。


洗濯物を干し終えて、庭の桜の枝を剪定し、9時を回ったので

急いで準備をし、姉を待つ事に。

ばばが車庫へ行くと同時に姉も来て、すぐ出発。

途中、コンビニでN兄さんの好きそうな飲み物とパンを買って

実家へ向かった。



いつもと変わらぬ実家周辺の風景。

普通なら心安らぎホッとする空間なのだが、今日の心はさざ波が立ちっぱなし。

実家前の、今は亡き長姉家の庭にトラックが1台と

黒っぽい軽自動車が止まっていた。

2人で作業して下さっているのかな?と思いながら門に回ると

新しい支え棒が装備され、鍵をかける部分は紐で固定されていた。


まさか、鍵をかけた状態のまま、中で他の作業をして下さっているのかな?

と思ったけど、そんなことは無いと思い直した。


庭は綺麗に草が刈られ、庭木も綺麗に剪定がされている。

屋敷の外からグルッと回って裏庭も見たけど

人の姿は見えない。


N兄さん、早めに来てくれて、もう作業を終わって帰ったのかも知れない・・・

直接お礼を言うことは出来ず・・・・

そのまま、お墓へ行き、少し早いけど、来月1日分のお墓参りをした。

いつものように3軒のお墓にお参りをし、帰る途中、N兄さんの家に寄ることにした。


N兄さんのお宅へ寄ったけど、留守・・・

結局、お話を聞くことは出来ず、お茶やお茶請けを渡すことも出来ず持ち帰った。

夕方にでも、もう一回、N兄さんの家に行って来ようと思っている。


誰が?どういう状況で、ばばの実家の門扉を壊したのか?

姉と2人話した。

「私達、誰かに恨みを買うような事しているかなぁ・・・」と思いながら。

気になるので、じじにも話してみた。

じじは「恨みとか、そういう事では無くて、たまたま何かが門扉に当たって

壊れたんだよ。」と。

車とか何かがバンッっと当たらないと、支え棒が破損することは無いと思うけど・・・

車か、何かが方向変換の時に、間違って接触してしまった?

この可能性が一番高いとは思うけど・・・・スッキリしない。


誰でも間違いはある。

もし、間違えて門扉を破損させてしまった人が居たなら

電話でも良い、一言、事情を話してくれたら、ばばもモヤモヤせずに済むのに。

そして、破損させたことを責めたり、弁償させたりとかする事も無いのに。

せめて「門扉を壊してしまいました、ごめんなさい」の一言があれば・・・


悔しいし、腹立つし、モヤモヤの1日になってしまったけど

門扉を壊してしまった人は、平気なんだろうか?


腹を立てたり、イライラして、良い事は無いので

心を落ち着かせて、夕方の買い物に行って来ようと思っている、ばばです。


 

4月26日(木)曇り

昨日のブログで、じじが「子豚をばばの両親にプレゼントした」と書いた。

じじが「ばばは本当に覚えていないの?}と聞くので

「イエース」と答えると、「ボーナス貰ったので

現金をあげようと思ったけど、たまたま子豚を買ってあったので

ばばとも相談して、その子豚の代金を払ったよ。」と言うんだけど・・・

全く記憶に無い。

ボーナスとか貰ったら、現金で両方の親に、

お小遣いとかとして気持ちばかり渡していたのは思い出すけど・・・

まさか、子豚の代金を払った事があったとは・・・・

両親は、その子豚を育て、売った代金から

又、じじやばばに「お返し」とかしてくれたのかも知れないなぁ。

じじが言うには、まだ結婚間もない頃の事だったとかで

娘達も生まれていない時の事らしい。

ばばが「子豚プレゼント」を覚えていないと言ったら

じじが「本当に覚えていないの?」と何回も念を押すので

「じゃぁ、じじは、私が人生最初で最後の手編みセータを

プレゼントしたの覚えている?」と言ったら

「うぅ〜〜ん。母から貰った記憶はあるような気がするけど・・・」って。

それでも「もしかして?少し灰色がかった色のセーター?」と言うので

「ノー」と答えた。


じじの家の近所に、編み物教室があって、ばばも習った時期があった。

独身時代から編み物は好きで、かぎ針編みでテーブルクロスや

コタツカバー等の大物も編んでいた。

かぎ針編みは出来ても、棒針編みはした事が無かった。

たまたま、じじとの結婚が決まった後だったと思うけど

機械編みに興味を持って、教室に通った。

最初で最後の作品が淡いブラウン系ミックス糸で編んだ男物のセーター。

数日で編み上げ、たまたま帰省したじじにプレゼントしたんだけど

じじが着たのを見た事が無い。


夕べ、じじが話すには「セーター類は肌に当たるとチクチクするから

ほとんど着ないんだよ」だって。

そう言えば・・・

じじがセーター類を着たのは見た事無いかも。

ばばは寒い冬などセーターをどんどん着るけど。

きっと、じじのタンスの中に眠っているであろう、ばばが編んだセーター、

見つけ出して、ばばが着ようかな?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝のばばは、「働きモード」のスイッチが入ったから大変!

食後、ゴミ出しを終えたら、ずっ〜〜と庭仕事。

何をしたのって?



高くなりすぎた夜香木も花が一段落したので、

スパ〜〜ッと根っこから切りましたとさ。

ばばが作業を始めようとした時、じじが戸を開けて出てきて

「今日は、何頑張るの?」と聞くので、「夜香木を切ろうと思っている」と答えた。

すると「あまり高くない方が良いよね。この辺から切ったら良いかな?

僕が切ろうか?」と言う。

「本当かな?」と思っていたら、そのまま、さっさと自宅へ上がって行った。

なぁんだ〜、やはり口先だけじゃないかぁ〜

ばばが頑張るしか無いか!・・・・まぁ、良いけど。


夜香木って、あまり大きくなっていない時は簡単に枝が手折れるんだけど

大きくなって、茎も7,8センチ大になると、ちょっとやそっとでは切れない。

だから、ばばは普通のハサミ、剪定バサミ、ペンチ、ノコギリ2種

鎌、枝切りバサミ等総動員して作業開始。

初めのうちは、ちょこっと切ろうと思っていたけど

切り出したら、もっとバッサリ、もっとバッサリと

どんどん、どんどん短く切っていった。


すっかり風通しがよくなって行くのが嬉しくて

クチナシも蕾がついていない枝をバッサ、バッサ。

いやぁ〜枝切りって楽しいね・・・・と喜んでばかりはいられない。

切った物を、更に細かく、短く切ってゴミ袋に詰めなくては。

これが大変な作業。

小さな枝を最初切って、それから1番太い幹をノコギリで

ギコギコ切り続ける。


8時過ぎから作業を始め、終わったのが11時前。

大きなゴミ袋2個分は今日でゴミに出したけど

あと3袋分は収集車が来るまで間に合わず、木曜日に出す事にした。


去年10月、旅行中に台風襲来。

帰って来たら庭中に夜香木の細い枝などが散乱していた。

だから、庭木もあまり大きくしない事にしようと決めた。


次は菜園の真ん中にある夜香木とブロック塀沿いにあるイヌマキも切ろう。


去年の台風以来、考えている。

庭木は大きくし過ぎない。

1年草は、なるべく育てない。。。。と。


我が家のシンボルツリー的存在だった夜香木を切ってしまったけど

まだ2本くらい枝が残っているから、又新芽を出して

花を咲かせてくれるかな?


午前中、フル稼働したから、昼からはゆっくり過ごそうかな?

ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ

Copyright (C)2009-2017 ibuchan.com All rights reserved.   Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2
----------------- A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog -----------------
     Login