ただいまの時刻   
 
 
     Login
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ばば日記カレンダー
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
便利カレンダー

サイト内検索
アーカイブ
カテゴリ一覧
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:8952
1日前::9807
2日前::7163
3日前::6229

トータル:22552220
オンライン状況
30 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

もっと...
ばば日記コメント
名言黒板
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ばばの日記 - 201802のエントリ

お見事!他

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-2-28 14:43

2月28日(水)曇り風強し

もう1週間位前になるかな?

ある方から電話があった。

ばばがタンカンを送ってあったので、そのお礼の電話だったが・・・

そのある方とは、O兄さん。

ひょんな事から知り合いになり、5,6年になる。

言語学が専門で、今でも教える立場にある方だ。


そのO兄さん、じじとばばより先輩なのだが

何故かじじのことを「じじ兄(ムィ)」と呼び

ばばのことは「ばば姉(アカ)」と呼ぶ。


数日前の電話の時、ばばが受話器を取ると

「○○です。」と言った後、徳之島の方言でタンカンを受け取ったこと、

新鮮&ジューシーで、とても美味しいという事などを

流ちょうな島口で話すので、ビックリ!!!

たまに島口の単語で分からないのがあるらしく、瞬時詰まるが

笑いながら又話し出す。

そして「○○○・・・と言うのは、島口では何と言えば良いんですか?」と聞いたりする。

話しているうちに、ばばも可笑しくなったり、楽しくなったり。

O兄さんは、生粋の都会の方だが奥様が徳之島の方。

普通の会話も、徳之島の方言で話したりするらしい。

奥様が、又とても気さくな方島口でどんどん話しかけ

ご主人のO兄さんも、島口で返す。

聞いていて、とても楽しかった。


集落によって、方言は単語もアクセントも違う事があるので

ばばは実家集落の方言しか話せないが、

それでもO兄さんとの会話は通じた。

都会の方が、徳之島の方言を話してくれるって

先ずビックリして、次に嬉しくなた。

島の言葉って、表記も出来ない、発音もとても難しいものが結構あるから。


最初から最後まで、ほぼ完璧な島口で話して電話を切ったO兄さん。

凄いなぁ・・・「お見事!」としか言いようが無い。






最近・・・と言うか、もう7,8年、ばばは運動らしい運動をしていない。

それまでは毎夕1時間か、それ以上歩いていた。

しかし、ある日突然、姉が耳の異常を訴え鹿児島の病院へ行き

数ヶ月療養してきた。

その間、1人でも歩こうと思えば歩けたのだが、

姉のことが気がかりで歩く気にもなれず、数日歩くことを休んだら

「明日歩こう!」「明日こそは!」という気持ちはあるのだが

なかなか再開出来ないまま7,8年。

これではいけないと分かってはいるのだけど。

昨年は10日ほど続けて1時間位は歩いていた。

でも、又途中で怠け癖が出て・・・

今年になって、まだ一度も歩いていない。

数日前、姉と一緒に買い物に出かけ、先客がいたので

そのまま、お店の近辺を歩いてみた。

そして、歩数計を見たら2千歩以上歩いていたことになっていた。

おっ!出来るかも・・・と思い、1人で出かけた時も別のコースを1周したら

4千歩以上の数字が出た。

やろうと思えば、出来るのにと自省しながら帰宅した。

歩こうとさえ思えば、海岸通りをずっと歩くことも出来るし

漁港の周りを数周すれば結構な距離になるという事は分かっている。


もう少し温かくなったら

もう少し風が弱まったら

「たら」「たら」と思っているうちに又々数日過ぎた。

今年の町の特定健診で、全ての項目が「異常無し判定」になるように頑張らなきゃ!


※今日の画像は、数日前、1人で歩いたコースに生えていた「クワズイモ」。

 丈も1メートル以上、葉っぱの大きさも最大1メートル近くあったので

 ビックリして撮ってきたよ。


 


 

寂しくなるね

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-2-27 18:20

2月27日(火)晴れ




5〜10歩も歩けばご近所さんの顔が見える。

そんな環境に生活している、ばばのごく親しい友人。

しかし、今、この友人はこれ以上無いという寂しさに襲われている。


すぐ目の前に住む年下のご近所さんが今月いっぱいで引っ越す。

毎日荷物を運び出していると言う。

又、歩いて10歩ほどの先輩のご近所さんも

4月には都会の方へ引っ越してしまう。

先輩の引っ越しは、去年辺りから聞いてはいたが、

年下の友人の引っ越しは、「寝耳に水」で大分ショックだったらしい。

それも、1ヶ月後には引っ越すと言われたら・・・

ばばも残される友人の事を思うと、胸が痛くなるほど切ない。


本当に仲の良いご近所さん達だった。

昔ながらのご近所づきあいをしていたから。

時には調味料を貸したり、電気製品の調子が悪いと呼ばれて

点検に行ったり、買い物を頼み合ったり・・・

頼るだけでは無く、自分が出来ることでお返しをする・・・

体調が悪い時は声を掛け合い、美味しい物があったら分け合って食べて、

縁側に集まってはお茶を飲みながら世間話をする。

暑い時期には、夕涼み会をする。

ベランダのある軒先を借りて、大きな洗濯物を干す・・・・


だけど、もう、そういう事も出来なくなってしまう。

年下のご近所さんは、少し離れた場所に引っ越すから

これからもスーパーとかでは顔を合わせることもあるだろうが

今までのように密なお付き合いは出来ない。


親のように思って、知恵をもらったりしていた

先輩のご近所さんは、大都会の子どももさん達の所へ引き上げて行かれる。

今までは家の近くにある畑で季節季節の野菜をってはご近所さんにも分け

美味しいおやつを作ってはご近所へも配り・・そんな先輩だった。

もう90歳近い。

子どもさん達にしてみれば、高齢の母親を1人、

島で生活させることには不安も多いことだろう。

お母さんの方も、身内の近くにいた方が安心ではあるだろう。

しかし、慣れない都会生活。

今までのように、野菜作りを楽しめるだろうか?

縁側で日向ぼっこをしながら話し合える隣人がいるだろうか?

昼間、お仕事をしているお子さん夫婦が出かけた後

どのように過ごすのだろう。


ばばの近所でも、既にお二人の先輩が都会のお子さんの元へ

引き上げて行かれた。


年に数回電話で話す事があるが、1人の先輩は

島での生活とあまり変わらず、積極的に外へ出ているそうだ。

デイケアに通ったり、高齢者の集まりに出かけたり

近くで野菜作りなども楽しんでいるそうで

電話の向こうの声も明るく、ばばも安心した。


もう1人の先輩の方も娘さん宅で、毎日元気に過ごしておられるとのこと。


年を取ると、親は親で不安だろうし

離れて暮らす子ども達は、又親のことが心配だろうけど

自分たちの生活もあるから、すぐ帰ることは出来ない。

結局、親が子どもの元へ行くのが一番良いのかな?

・・・と思うけど、子どもに迷惑はかけたくない。


10年前までは、深く考えたことも無かったけど

自分の行く末のことを色々考えて不安になることもある。

でも、今からクヨクヨ考えてもしかたが無いから

「なるようになるさ」と腹を決めて、

なるべく毎日じじと笑い合えるような生活が出来れば良いなと思う昨今。

その為にも、先ずは健康!


親と妹のような隣人が間もなく引っ越してしまう、ばばの友人。

今後は、ばばが今まで以上に声をかけ、少しでも寂しさが紛れるように

一緒に彼方此方出かけたり、散歩をしたりしようと思っている。

※今日の画像は、昨日夕方、買い物ついでにウォーキングしてきた

運動公園に咲いていたツツジです。


 

ごめんなさい

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-2-26 15:17

2月26日(月)晴れ時々曇り


午前中は絶好の洗濯日和だったが、今日も洗う物が無く残念!

青空で日差しもあるけど、風が強い。

風が無ければ外へ出て色々動きたいけど、寒さに弱いからなぁ。


夕べは、寝る前あまりに暑くて、じじに「室温何度?」と聞くと

「26度」って。

26度でこんなに暑かったかなぁと思いながら

「扇風機回そうかな?」と言ったら、じじに笑われて止めた。

2月に扇風機は無いよね。

仕方無いから、足首から先だけ布団から出して寝た。


何故か夜中?に目が覚めて時計を見たら、ちょうど4時。

ラジオのスイッチを入れたらNHKのニュースがあり、

続いて午前4時台の「ラジオ深夜便」。

向田邦子さんの作品の一節を取り上げながら色々話していたが

聞きながら、又いつの間にか寝てあった。

次に目覚めたのが6時。

結構、寝たなぁ・・・・

「天気は、どう?」とじじに聞いたら「朝焼けがきれいだよ」って

パソコンのライブカメラの画面を見せてくれた。

夕焼けは晴れ、朝焼けは天気が崩れるって聞いていたけどどうかなぁ・・・

と思いつつ起きて、活動開始!

ゴミを出したり、玄関周りの掃除をしたり

溜まっていたレジ袋の仕分けをしたり、チマチマしたことをやっていたら

あっという間に午前中は終わってしまった。


あっ!そうだ、昨日、娘達が「三姉妹会」をやって

その時の写真を娘が送信してくれていると、じじが言っていた。

その写真を見なくちゃ!

パソコンを開けて、写真を見る。

じじは「3人、だんだん顔が似てきたなぁ」と言っていたけど

ばばが見ると、3人3様。


ばばは、近くに姉が住んでいるのでいつでも会える。

しかし娘達は、合流するのに1時間以上はかかる。

それでも、年に数回姉妹会をしているのが、ばばにとっては嬉しい。

親子兄弟姉妹仲が良いって、本当に幸せなことだものね。


ばばは5人兄姉だったけど、今は次姉と2人だけになってしまった。

ばばが退職してからは、買い物でも姉と一緒に行動することが多い。

だから、ばばや姉がひとりで買い物をしていると

顔見知りの人達からは「今日は、ひとりなの?」と必ず声をかけられる。

先週は、天気も悪い日が続き、なかなか姉と一緒に買い物にも行けず

週末にやっと、スーパーで姉と会えた。

たまたまそこへ知人の先輩が寄ってきて「あなた方、又よりを戻したの?」

って、からかわれた。

この先輩、ばばがひとりで買い物をしているのを何回か見かけた時は

「あなた方、又別居したの?」とからかう。

ばばと姉は「一緒にいて当たり前」のような・・・

声をかけさえすれば、1分では駆けつけられる距離に

姉妹がいるって、ありがたいなぁと思いつつ、

いつも、姉には感謝している。


娘達は、まだ仕事をしているし、住まいも離れているし

なかなか集える機会は少ないと思うけれど

「三姉妹会」と銘打って、それぞれの誕生会をしたり

激励会をしたり、ショッピングをしたり、年に数回は会っているらしい。


ばばが旅行で近くへ行く時は「女子会」をしたりもする。

じじにも声をかけるけれど、じじは「僕は遠慮する」って。

共通の話題も無いだろうしね、ちょっと気の毒。

親子でも、女性同士はいくらでも話題はあるからね。


親子、兄弟姉妹、健康で仲良く、平凡に過ごせるって

本当に幸せなことだと思う。


今日のブログは何を書いているか、自分でも分からなくなってきた〜

ごめんなさい。

※画像は、ブログの内容とは関係ないけど

 何故か年明けから次々花を咲かせている、ばばのギンモクセイです。

南蛮の味噌漬けって・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-2-25 18:32

2月25日(日)雨時々曇り

島では知人・友人からの頂き物が多い。

我が家で特に多いのが野菜。

今朝もお日様が出ていた時間帯に外で花壇いじりをしていたら

ご近所さんから声をかけられて「良かったら、これ・・」と

手渡された大きなレジ袋と紙袋。

レジ袋にはタンカン、紙袋にはサニーレタス・春菊・エンドウ!

ありがたいなぁ、本当に毎日感謝、感謝の日々が続いています。


すぐにお返しとかはしないけど、実家のお墓参りに行く途中で

野菜とか果物とか、野菜の苗とか見つけたら

1個多めに買って「無人市場で、こんなのがありましたので〜〜」

と届けたり、スーパーの青空市等で見つけた品を半分こしたり

売り出しの卵を2パック買った時は、1パックずつ分けたり。

自分で育てた野菜とか、植物が沢山ある時は

声をかけたり・・・

ばばの場合は「育てた野菜」と言うより

勝手に生えて栄えた三つ葉とか、ゴーヤとかしか無いけどね。

その他にも、自分が出来ることでお互い協力し合っている。

何か困ったことがあっても、

声をかけたら、すぐにアドバイスしたり、

協力したりして下さる。

「仕事人間」だった現職時代にはあまり出来なかった

「ご近所づきあい」。

大切にしていきたいと思う。


昨夕、贈り物が届いた。

北国宮城県から、牛タンと南蛮のの味噌漬け。

牛タンは、じじが大喜びだけど

南蛮の味噌漬けって・・・ご飯と一緒に食べれば良いのかな?




南蛮って何だろう?とあらためて見ると「青唐辛子」と書かれている。

晩酌のおつまみにすれば良いのかな?

等と考えながら、食後、送り主のAさんにお礼の電話をした。

「牛タンと南蛮の味噌漬け、珍しい物をありがとうございました」と言うと

受話器の向こうで「????」な感じ。

「牛タンと何が届いたの?}と聞かれたので

南蛮の味噌漬け」と書いてあって、

横に括弧書きで青唐辛子と書かれいます」と答えると

「あぁ〜〜〜」と納得されたようで「南蛮言うのは青唐辛子のことで

ここら辺では、牛タンを食べる時は、横にちょこっと漬け物が添えられるのよ。

タンを一口食べたら、次に味噌漬けの唐辛子を少し食べると

とても美味しいのよ〜」と教えて下さった。

そうなんだぁ〜〜初めて知った事でした〜。

他にもAさんは「お椀に塩をちょこっと入れて、色が付く位醤油を入れて

沸騰したお湯に牛タンをサッと入れてお椀に注いで

ネギの小口切りを散らして食べると美味しいのよ〜」

とも教えて下さったけど・・・作って、じじに食べさせてみようかな?


電話を切った後、じじにも「南蛮の味噌漬け」の食べ方を教えると

初めて知ったみたいで、

「牛丼にショウガが付くのと同じようなものかなぁ・・」と言っていた。


以前、ばばが喜界島で作られた「魚味噌」をAさんに送ったことがあった。

その時、食べ方とか書かずに送ったのが失敗だった。

「魚味噌を味噌汁にして食べました」とAさんから電話があった。


魚味噌は魚のみを焼いてほぐした物を、粒味噌と絡めた物で

ばば達は、お結びの中に入れたり、

そのままご飯のおかずとして食べたりするけれど

北国では「魚味噌」とかは無いんだろうね。

味噌汁にしても、食べられるとは思うけど・・・・

Aさんと笑ったことが、つい昨日のよう。


所変われば、色々な食べ物があり、

同じような食べ物でも、食べ方が違ったりもするから面白いね。


今日のお昼は、昨夜,Aさんから教わった通りに

タンはきつね色になるまで焼いて、青唐辛子の味噌漬けを添えて

じじに出したら「美味しい!」って。

残念ながら、ばばは牛肉は食べられないので

「牛肉がベスト!」と言うじじに牛タンも大サービスします!

良かったね、じじ。

もちろん、青唐辛子の味噌漬けは、

ばばもご飯にちょっとのせていただきます!

抹茶という発想は無かった、他

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-2-24 15:20

2月24日(土)晴れ後曇り

今日こそ文句なしの洗濯日和!

だけど、昨日全部洗ったので、今日は洗う物無し。

残念!

せっかくの好天気なので、畑に除草剤を撒いてきた。

2週間ほど前様子を見に行った時は、大して雑草も伸びて無くて

様子見をしていたが、今日行ってみると、結構伸びている。

除草剤を撒くと言っても、ばばは2個の如雨露を使って

除草剤を薄めた物を撒くだけ・・・

家と畑を4往復ぐらいして、撒き終えた。

又2週間後位に様子を見て、再度除草剤を撒くか決めて動く予定。

ついでに自宅周辺の雑草にも・・・

これくらい動いただけで、歩数計は約2千歩歩いたことになっていた。

一石二鳥だね。


今、徳之島は赤土馬鈴薯「春一番」の最盛期。

無人市場などで安く出入荷できるのも有り難い。

午前中に、姉が我が家に立ち寄り「ジャガイモ餅」を届けてくれた。

姉のご近所さん手作りで、まだほんわか温かい状態だったが

お昼前だったので、我慢、我慢!

餅は2種類あって、一個のパックにはプレーンのお餅

もう一個のパックには抹茶入りのお餅と2パックも下さっていた。

ジャガイモ餅に、抹茶???

目から鱗!

もし、じじとばば気に入ったら、ばばもチャレンジしてみよう。

姉のご近所さんとは、いつの間にかばばもお友達になっていて

色々な物を頂いている。

今日も、1人からはポテト餅、もう1人からは煮豆とお菓子を頂いた。

有り難いなぁ。

ばば、最近はジャガイモも煮物に使うことしか頭に無くて

煮たり、お味噌汁に入れたり、たまにフライドポテト擬きを作ったりしていたが

ジャガイモ餅のことはすっかり忘れていた〜。

以前はジャガイモ餅の生地を作って冷凍したりもしていたが、

最近はじじが揚げ物をあまり食べないので煮物中心。

せっかく旬のジャガイモが入手できる時に、コロッケなど作って冷凍しておこうかな?

旬の物が、安く入手できるってありがたいね。


旬の物と言えば・・・

今年も農家さんのご厚意で友人知人に

ジャガイモやタンカンを送ることが出来た。

農家さんは天候や害虫によっても作物に被害が出たり大変。

去年10月の台風で、タンカンにも被害があったよう。

裏年でもあるらしく、今年タンカンの収量は昨年の3,4割と聞いた。

こんな中、タンカンが入手できるかとても心配したが

毎年お世話になっている農家の方が快く分けて下さった。

今朝、娘とのメールのやりとりで外皮の傷とかもほとんど無く

きれいで大きなタンカンを入れて下さっていたよ、

品薄状態の中ありがとう!言われた。

自分が信頼しているジャガイモ農家さんや

タンカン農家さんを褒めて頂くと、本当に嬉しい。

ジャガイモも、他の産地の物とは違う美味しさだと

何名もの方が喜んで下さった。

産地それぞれの良さがあるから、徳之島産の物だけが

特別美味しい!というわけでは無いと思うけれど

やはり、島の産物を喜んで頂けると嬉しい。


ばばは「徳之島応援隊」を密かに自認しているから

島の物を色々褒めて頂くと嬉しくて・・・

ある北国の知人の方も「徳之島馬鈴薯、タンカンの宣伝部長になりますよ」

と言って下さって、笑ってしまったけど。


我が家には、過日、タンカンを分けて下さった農家のおじさんが

6個も実が付いた枝付きタンカンをお土産に下さって

勿体ないから飾ってある。


タンカンは長く保存できるしね。

頂いてきたのが2月15日。

葉っぱは枯れてきているけど、後しばらくは飾っておこうと思っている。

タンカン見る度に、農家のおじさんへの感謝の気持も思い出すからね。

ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ

Copyright (C)2009-2019 ibuchan.com All rights reserved.   Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2
----------------- A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog -----------------
     Login