ばば日記カレンダー
« « 2009 3月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
便利カレンダー

サイト内検索
アーカイブ
カテゴリ一覧
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:817
1日前::10540
2日前::10704
3日前::11157

トータル:23354213
オンライン状況
31 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 31

もっと...
ばば日記コメント
名言黒板

ばばの日記 - 200903のエントリ

☆☆☆ ↑ 上のテーマ(題名)をクリックしてテーマのすべてを表示させてご覧下さい。☆☆☆

3月24日(火)雨時々曇り

一昨夜、夜遅く仕事を終えた姉が家に寄った。

11時前だったので、しばらくおしゃべりして帰ったが

玄関に出た時、姉が???な表情をした。

一日中、姉は埃まみれで働いているので家に上がる時靴下を脱いだ。

玄関で靴下を履こうとした時、靴下の上に細長く黒い葉っぱが1枚あった。

「アレッ、何の葉っぱかな?」と言いながら指で払いのけると葉っぱは裏返った。

あれ?裏はベージュ色。

こんな葉っぱってあったっけ????うちの庭先にと

今度はばばが指で払いのけた。

すると、又裏返って黒色に・・・・・・・・・・・・・・

その時になって初めて気づいた。

あぁあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!

またしても悪夢!

今までにも2回くらい書いたが黒い葉っぱの正体は

何と、黒ナメクジ!!腹囲5?ほどで体長も6センチほどある。

前回見つけた時は姉と二人でサッカーのように蹴り合って、

最後はどこに飛んでいったか分からなくなったが

まさか、あの時の???

その前、見つけた時は塩山が出来るほど大量の塩をまぶして塩責めにしたが。。。

やっぱり一味は大人数なんだな。

昼間はきっと鉢底やプランターの底に潜み、夜になって出てきているんだろうな。

それにしても彼らの目的は何なんだ?

彼らの餌って何?土?

なら、土中で黙ってお食事すればいいのに。。。。。

彼らのせいでばばの血圧は一気に頂点に達してしまったがなあ。

 

おっと〜、こんなのんびりしちゃおれない。

ばばは、今回は殺虫剤を撒こうと捜したが生憎「キンチョール」しかない。

(まあ、何でもいいや、殺虫剤なら)と思いっ切り振りかけたが

「うん」とも「すん」とも、「苦しい」とも言わない。

腹が立ったばばは、又台所へ走り塩袋を抱えて来て塩山を作るくらい盛った。

そして、安心して寝ることに・・・・・・・・

 

昨朝、早速(どのくらい縮んだかな)と玄関を覗いた。

でも、腹囲5?ほど、体長は6?のまま、変わってないがなあ。

もう〜〜腹立つぅ〜〜。

ナメクジも耐性が出来て塩ダイエットは出来なくなってきたのか?

 

体の大きさは変わらないものの、さすがに昇天されてた。

その後始末が大変。

棒を見つけてあちこち転がしてもネバネバした白っぽい液体がくっついて。。。。

仕方ないので、思い切ってゴルフのボールを打つように勢いよく棒を振ってみたよ。

アレッ、何とまあ。。。

せっかく思いっ切り振ったにもかかわらず奴が移動した距離は20?ぐらい。

そして、プランターの陰に。。。。。

もうこれ以上動かすのイヤだ!

じじに処分してもらおう。

うん、それがいい、それがいい、異議なし!賛成1名で決定!。

 

一件落着で無事1日が過ぎ、夜、野菜や木に水をかけていたら

ニンニクを植えた発泡スチロールの箱の真ん中あたりに

ガジュマルの葉っぱが飛んできたのか落ちている。

「絶対、葉っぱだよね。まさか、これが黒ナメクジなんて、

神経質になり過ぎだよね。でも葉っぱがあったら

ニンニクが大きくならないでしょう除けなくちゃ」と指でつまもうとしたら・・・・・・・・・・

うううううぅうっっっぅうう〜〜〜*:+`@>◎×△□:**〜〜〜〜〜〜〜〜

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜思い出したくもない!

あの湿っぽく、生ニュルッとした感触、黒っぽく細長い姿形。

発泡スチロールの中に塩を撒くわけにもいかず

かと言って、棒でつまみ上げるのも、ゴルフのように振り飛ばすのもイヤ。

なす術なし。お手上げ状態のばば。

 

イヤだ、ヤダヤダ〜〜思い出すさえ気色悪〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

今度は玄関一面にナメクジ用の薬を撒かなくちゃ。

じ〜じ〜〜〜〜〜〜お願〜〜〜い。


 

 

 

 


 

 

 

 

 

願えば叶う

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2009-3-23 15:05

☆☆☆ ↑ 上のテーマ(題名)をクリックしてテーマのすべてを表示させてご覧下さい。☆☆☆ 

3月23日(月)穏やかな晴天

ばばの親戚の息子さんが、良いご縁に恵まれ先日結納をした。

名前をT君としよう。そしてお嫁さんになる子がYちゃん。

T君は、知識が豊富で,性格が穏やかでとても良い子だと思っていた。

良いご縁があればいいなあと、じじとばばも常日頃願っていたが

何と昨年末に出会いがあり、先日が結納と話がトントン拍子にまとまったらしい。

 

人と人の縁なんていつ結ばれるか分からないものですね。

 

結納を終えて昨日の飛行機で帰るというので

ぜひ直接会って「おめでとう」を言いたいと、ばばは出かけた。

T君の家に行ってみるとご両親はおられたが,T君はYちゃんの家に行ってるとのことで

帰りは1時前後かも知れない・・・・・・・・・と。

T君のお母さんと1時間近く話し、ばばは帰ることに。。。。。。。。。。

ばばの帰り道にYちゃんの家のある集落は通るが

Yちゃんの家がどのあたりかも知らない。

 

(Yちゃんの家ってどの辺かなあ)と思いながら車を走らせていると

何と!!!!!!!!!!奇跡が起こった。

ばばの右前方10メートルくらいの所にT君とYちゃんが・・・・・・・・・

ばばは車のスピードを緩め窓を開け「Tく〜〜ん」と呼びかけた。

すると,T君とYちゃんも気づいてくれ道を渡ってばばの所へ来てくれた。

「おめでとう!」と声をかけると二人はニコニコしながら

「ありがとうございます」と返礼してくれた。

そしてばばは初対面にもかかわらず、しぜんにYちゃんと両手を取り合って

「よかったねえ・・・」と話しが始まり、しばし立ち話。

 

二人はご近所の家に出かけるところだったらしい。

そして2,30分後にはお見送りのため空港に行き、

帰ってきて又自分たちも2便の飛行機で帰るという。

引き止めてもいけないと、ばばも車に戻ったが、

二人に直接会えるなんて思ってもいなかったし奇跡みたいだ。

 

ばばは車だし、あと数秒早く現場を通っていたら、二人には会えtなかっただろうし

数秒遅く通っていても会えなかっただろう。

神様が奇跡を起こしてくれたとしかばばには思えなかった。

 

それにしても、ふだんから穏和なT君ではあるが、昨日は又特別柔和で、

嬉しそうな笑顔が印象的だった。

初対面のYちゃんも、ずうっと以前から知っていたかのような親しみを感じた。

ばばは、ひと目でYちゃんが大好きになった。

そして、直感的に(この二人はきっと良い夫婦になれる)と思った。

 

昨日の出来事は、ばばが(T君とYちゃんに直接会いたい)と

強く願っていたことを神様が叶えてくれたような気がしてならない。

「願えば叶う」・・・・を実感したばばだった。

 

T君、Yちゃん、末永くお幸せにね〜〜〜〜。

こんなことって・・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2009-3-22 16:48

3月22日(日)雨時々曇り

夕べ、夜中の2時過ぎに目が覚めた。

なかなか寝付かれなかったので、本を読んだり

テレビをつけたりしたが4時過ぎまで寝付けなかった。

時計を見ると午前4時25分。

少しでも寝なきゃ、明日仕事が出来ないと又横になった。

 

そして夢を見た。

 

ばばが右手が痒くて病院へ行った。

すると、今まで見たこともない先生がすぐに大きな注射針を出し

ばばの右手首あたりに注射をするという。

 

数年前、左手親指が「バネ指」になり、病院へ行ったら

親指と薬指の間に注射をされたが、

先生が注射針を刺す前から「痛いですよ、痛いですよ。

ドンッと痛みが来るから覚悟してね」と言うので

小心者のばばは、生きた心地もなく半失神状態で注射を受けたことがあった。

先生が予告?された通り注射は痛かった。

 

その時のことを思い出し、ばばは躊躇したが

何とか難を逃れようと「すみません。のどが渇きました。

水飲んできて良いですか」と言って診察室から外へ出た。

そして、再び戻ると、診察室なのに、大きな水の入った箱に

ミイラのように全身白い布で覆われた人が寝かされていた。

一つの箱の人は動かないが、もう一つの箱の人は、

あまりに苦しそうに動くので、ばばは見ておれず頭の方に回って

白い布をめくってみた。

すると、女子高校生ががんじがらめにされ、水の中で、

もがき苦しんでいたのだ。

ばばは、助けてあげればいいものを、又布を被せてしまった。

すると、今度は部屋の壁際一杯にお年寄り達が座っていた。

さっきまでいなかったのに。。。。。

 

それに、ばばに注射をしようとした先生はいつの間にかいなくなっていた。

怖くなって表へ飛び出し車に乗って家に帰ろうとしたら

顔見知りの親子が「車に乗せて」って言うので乗せた。

走り出すと、道が急に行き止まりになったり、大きな穴ぼこが次々出てきたり。。。。。

そんなこんなで難儀している所で目が覚めた。

 

「変な夢を見たな」と気味悪く思いながら起きあがり

仏様の水を替えた。まだ6時過ぎだった。 

 

7時過ぎ、用事があって知人に電話をかけると

ばばもよく知っている方が亡くなられたと。。。。。。。。。。

 

ばばは予知能力とかあるわけじゃないけど、

怖い夢や変な夢を見ると、今までにも何回か同じようなことがあった。

夢は意識的に見るわけでないので、(怖いなあ)と思ってしまう。

 

今夜はぐっすり熟睡できますように。。。。。。。。。

 

 

どっちが悪い?

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2009-3-21 17:05

☆☆☆ ↑ 上のテーマ(題名)をクリックしてテーマのすべてを表示させてご覧下さい。☆☆☆

3月21日(土)曇り時々小雨

ばばの知人の友人の話。

名前を仮にTさんとしよう。

Tさんは、ご主人が大分前に亡くなり、

子どもたちはそれぞれ独立して都会暮らし。

今は一人で暮らしているが、兄弟が隣町に住んでいるそうだ。

兄弟は仲良くて、Tさんの家にも上がり込んで昼寝などしたりするぐらいだって。

 

ある晩、用事があって少し帰りが遅くなったTさん。

家の前まで来ると、無人のはずの我が家には電気が煌々とともり

障子越しに人影まで見えたそうだ。

怖くなったTさん、自分お家の近くをウロウロしていると

幸い近所のAさんが何処かから帰ってきた。

Aさんは飲み会でもあったのか、ほろ酔い気分でご機嫌。

 

Tさんは、Aさんをつかまえて「無人のはずの、うちに電気が点いていて

誰かいるようで怖くて家には入れないんです」と事情を話した。

するとAさん、「任せなさい!」とばかりに

Tさんの家の玄関に行き戸をガラッと開けた途端、

家の内と外で同時に「誰だぁ〜っ」の怒鳴り声。

Aさんは改めて室内に向かい大声で

「誰だ!よその家に勝手に上がり込むのは!」と怒鳴った。

すると、家の中には男の人と女の人が立っていて、

男の人の方が「お前こそ誰だ!」とAさんに怒鳴り返したそうだ。

 

Aさんの陰から顔を出したTさんが見たのは・・・・・・・・・・・・・

 

隣町に住む弟夫婦。

 

Aさんの後から顔を出したTさんを見た弟夫婦、

ご主人が、「おいっ、帰るぞ!」と奥さんに不機嫌そうに怒鳴った・・・・そうだ。

 

何とも、気まずい空気が流れたそうだ。 

天下泰平なのはほろ酔い気分のAさんだけ。

 

Tさんの弟夫婦は、Tさんが夜、遊び歩いて

Aさん(男性)を連れて帰ってきたと誤解したらしい。

Tさんにしてみたら、夜中家に帰ってきたら、

いつの間にか誰かが無人のはずの我が家の中にいる。

だから、たまたま、お隣近所のAさんがほろ酔いで帰ってきたので、

頼んで一緒に家の玄関を開けたところが・・・・・で、起きた珍事。

 

でも、まさか隣町に住む弟夫婦が、

夜、勝手に我が家に上がり込んでいるなんてTさんも思わなかったんだろう。

 

いくら兄弟でもねぇ。。。。。

それに、Tさんは鍵をかけずに外出するのかな?

大らかですね。

 

お気の毒なのは、あらぬ疑いをかけられたAさん。。。。かな?


 

 

 

 

 

島でも・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2009-3-20 17:38

☆☆☆ ↑ 上のテーマ(題名)をクリックしてテーマのすべてを表示させてご覧下さい。☆☆☆

3月20日(金)曇り

都会と比べ島は、まだまだ平和だと思っていたら・・・・・

数日前の朝、隣町のコンビニに強盗が入ったというニュースがテレビで流れた。

犯人は、一人でいた店員を脅し現金を奪い逃げたが

幸い、防犯カメラの画像を元に捜査をし

その日の夕方犯人は捕まった。。。。と報道されホッとはしたが

島も怖くなったなあ。。。。。

 

出かける時も戸を開け放し、夜寝る時さえ夏の暑い日などは

戸を開け放していた時代が懐かしい。

 

今では、ちょっと買い物に出かけるのも鍵をかけてから出かける。

それだけ島の生活も都会化していると言うことだなあ。。。。

都会化することが良いのか悪いのか?????

時代の流れと共に人間の心も変わってしまった。

 

夕べ、知人からこんな話を聞いた。

その知人は数名の女友達と一緒に、ある工場で仕事をしている。

朝、一カ所に集まって工場の車で仕事場まで行く。

工場の車に乗る所までは、それぞれ自分の単車や自家用車で行き

そこから工場の車に乗り換えて仕事場へ向かう。

めいめいの乗り物は仕事を終えて帰ってくるまで

工場の車に乗る場所の周辺に停めておくのだそうだ。

 

さて、一昨日は、たまたま夜中の12時まで仕事があって

帰ってきたのが12時30分頃だった。

工場の車から降りてそれぞれの乗り物に乗り換えて自宅へ帰ろうとした時、

異変に気づいたそうだ。

 

知人の友達(Aさんとしよう)が、バイクを置いた場所へ行くと・・・・・・

何と!

見知らぬ男がAさんのバイクを引っ張り出して動かしていたんだって。

Aさんが「何してるの!それ私のバイクよ!」と叫ぶと

男は「自分のものだ」と言い張ったって。

そこで一緒にいたAさんの友達が

「あなたはバイクの鍵持ってる?」と聞いたそうだ。

鍵は勿論Aさんが持っているから、男はエンジンをかけることは出来ない。

それでも男はバイクが自分の物だと言い張ったって。

Aさんの友達が「じゃ、警察に電話するよ」と男に向かって言ったらしいが

ばばの知人は夜中の12時過ぎだし、

怖くてそれ以上その場におれず、そぉっと自分のバイクの場所に行き

Aさんのことが気になりながら帰ったそうだ。

 

あの後、男と,Aさんと、Aさんの友人数人の間で

どんなことがあったか、ばばの知人は分からないと言った。

きっと、今日、仕事場で話題になり事件の顛末が分かることだろう。

 

でも、怖いなぁ〜〜。

Aさん達の帰りが、あと数分遅かったら、

男はバイクを押して持ち去っていただろう。

Aさんは、バイクがないとあわてふためき・・・・・・

その後、どうしただろう・・・・・・。

 

 

ばばの知人の話によると男は4,50代くらいで

酔っぱらっている様子もなかったらしいが。。。。。

万が一、刃物を持っていたら・・・・・・・・

万が一暴力をふるわれたら・・・・・・・

女性ばかりで男性相手にきっと怖い思いをしただろうな・・・・・

怖い、怖い。

 

今の世の中、何が起こるか分からない恐ろしさがありますね。

ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ
投稿一覧