● ばば日記カレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
● 便利カレンダー

● サイト内検索

高度な検索
● アーカイブ

(1) 2 3 4 ... 42 »

過去ログの検索

● カテゴリ一覧
● webphoto ↓クリック 拡大
川越の菓子屋横丁...
川越の菓子屋横丁
● ランダムムービー
 アカヒゲ(雄)
アカヒゲ(雄)
● Since:2009年2月〜
本日のカウント:154
1日前::9814
2日前::10541
3日前::10499

トータル:23086045
● オンライン状況
29 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 29

もっと...
● ばば日記コメント
● 名言黒板
  • カテゴリ 日常生活 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ばばの日記 - 日常生活カテゴリのエントリ

イジュンって分かるかなぁ

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-6-24 13:46
6月24日(月)曇り

去る14日から義姉が同窓会に出回する為2泊3日で帰省した。

ゆっくりと姉妹の時間が持てると思い

姉と2人で、義姉が島内で行きたいと言っていた三京集落までスムーズに行けるか走り

その後、当部集落まで行って、天城町へ抜けるコースを案内しようと走って下見。

しかし、三京までは直線コースで30分足らずで行けたのに

当部へ走り出して、湧水泉の「アガリマタイジュン」まで行って

黒ウサギ観察小屋のあるダムまで行って、いざ、天城町へと思ったら

道が分からない。

進もうとしていた道は、車の離合も出来そうに無い狭い山道。

(あ〜じじが一緒だったら難なく行けるのに)と思いつつ

姉と2人では自信が無いし、それ以上に怖いので

又、来た道をそのまま引き返して帰宅するという、情けない事に。

でもね、義姉が一番行きたいと話した三京へ行くのは、自信満々だったから

義姉を喜ばす事が出来ると思っていた。

だけど、義姉達は観光バスで三京もアガリマタイジュンも行ったんだって。

義姉も、同窓会での帰省で、同級生達との行動が主だったし

教え子ちゃん達からも招待を受けたりして、姉妹での時間を持つ事は難しかったのね。

もっと楽しい時間を共有したかった〜〜〜と思った、姉とばばだが

又、次の機会に・・・と思っている。

義姉達は当部集落にある「アガリマタイジュン」では、湧水泉と言う事で
アガリマタイジュン


泉の水を掬って飲んだそうだが、直後に「大腸菌云々・・」という話が出たらしい。
iイジュン

でも、帰るまで姉は元気で、ばばも安心した。

「アガリマタイジュン」が有名になった頃・・・

かれこれ10年前くらいかなぁ?「泉の水」がとても美味しいと言う評判を聞き

わざわざタンクを持って出かけ、水を汲んで来て、炊飯したりコーヒーを淹れたりしてみたが

ばばに、普通の水道水との違いは分からなかった。

「アガリマタイジュン」の「アガリマタ」とは、地名かな?

「イジュン」の意味が分かるのは、年配の人たちが多いと思うけど、どうだろう?

「イジュン」とは「泉」の方言。

だから「アガリマタイジュン」とは「アガリマタにある泉」という意味だとばばは勝手に思っている。

イジュンと言えば・・・

ばばの実家集落にも3つ位、登下校で通る道端の畑などにも2,3カ所あった。

実家集落に水道が引かれたのは、ばばが小学生の頃だったか?

それも、最初は集落内の数カ所に設置されただけだった。

水道が出来るまでは、水くみが、ばばの一番の手伝いだったかも知れない。

まだ小さい頃は天秤棒?みたいな棒の両先端にバケツをぶら下げ

それを担いで集落内の泉まで行き、ひしゃくで掬った水をバケツのいっぱいになるまで入れ

それを担いで家まで運ぶのだが、その水でお風呂も炊事も洗い物もする。

だから、何十回も家とイジュンを往復し、家にあった大きな焼き物の瓿と

五右衛門風呂のいっぱいになるまで運ぶのだ。

だから水はとても貴重だった。

今考えれば、大きな岩の置くから湧き出てくる水が溜まって泉になっているのだが

その水を消毒とかしていたという記憶も無いし、

水質は大丈夫だったのだろうかと今になって思う。

当時、水を飲んでお腹が痛くなったとか聞いた事も無いし、

田んぼの片隅に湧き出ていた泉の水も、田植えや稲刈りの時など平気で飲んでいた。

田んぼに泉には小さなエビの赤ちゃんがいて、自分が水を飲んだ後は

そのエビの赤ちゃんをツワブキの葉っぱなどで掬おうとチャレンジしたりもしていたっけ・・・

干ばつの年は、イジュンの水量も少なく、窪地に水が溜まるまで待って

柄杓で汲んでいた。

水が溜まるまで、先輩や後輩、同級生の友達と色々な話をしながら待っていた。

実家へ行く時に、よくイジュンのあった近くを通るけど

現在は、イジュンへ下りる道も草ボウボウ、獣道のようになっていて

とても踏み込む勇気は無い。

万が一、いつか道がきれいになったら、親友のSちゃんを誘って

イジュンへ言ってみたいと思っているけれど、望み薄かなぁ。。。。。

明日でも、もう少しイジュンについては書いてみようかな?

お疲れ様でした!ごめんなさい

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-6-23 13:48
6月23日(日)雨
アジサイ

豪雨の中、第32回トライアスロン大会は実施されたようだ。

例年なら、自宅近くの県道まで行って声援するのだが

雨が酷くて、外出もままならない状態だったので、残念ながら今年は家で応援!

639名のアスリートがエントリーされたとの事だったが・・・・

全員無事ゴールできたのかなぁ?

せっかく、島外は勿論、県外からも徳之島入りされた方々も多かっただろうに

応援にも行けず.ごめんなさい!という思いです。

じじは、自宅に設置したライブカメラでバイクで通過するアスリート達を見たそうだが

ほんの一瞬で、男性か女性かさえも分からなかったって。

だよね、カメラの撮影範囲なんて限られているし、バイクはスピードあるし

一瞬で画面から消えてしまうだろうから・・・

終わった瞬間に来年の事を書くとおかしいけど、

来年は天気に恵まれて33回トライアスロンが実施されますように。

午前中、酷い雨だったので家の中で料理をしたり、奄美や加計呂麻の親しい友人達に

豪雨の被害は無いかメールをしたり。

加計呂麻の友人からは、ばばのメールに対し電話がかかってきた。

ばばが加計呂麻在住だった頃、運動会前日に豪雨があり

上司の車が川に流されそうになったり、ばばの家の床下収納庫がプカッと浮いたりして

集落内の何軒かも床下、床上浸水した怖い思い出がある。

昨日からの雨では、そこまで被害は大きくは無いが

やはり膝下辺りまで水が来たり、家の前の道路が水浸しになったりしているようだった。

一昨日は、ばばの住む地区でも雨により倒木があり電線が切れたのか、

その修復作業の為、1時間程度停電しますと放送があったが、幸い我が家は停電は無かった。

停電は無かったが、買い物に行く途中の崖が、数カ所崩れないか?とか

道路に覆い被さってきている大木が倒れてこないかとか、ばばもドキドキしながら車の運転をしている。

13時30分現在で、雨は小康状態。

このまま降り止んでくれたら良いのだが。

今日も、雨による災害が無い事を祈るのみです。

加計呂麻の知人から電話が来たと書いたが、その友人が

「ばばちゃんにメールしたんだけど送信エラ−になって、タップして下さいって表示されるの。

何度しても同じなんだけど・・・だから、電話したのよ」と言った。

もしかしたら?ばばはガラケーでCメール契約しかしていないから

文字数が多いのかなぁ?という結論になって、再度単文で送ってみようという事になり

数分経つと、無事メールが着信。

「無事着信したよ〜」と返信したら「これから、ばばちゃんへのメールは

短い文にするね」と言いながら、友人は「ばばちゃんもラインしたら良いのに」とも。。。。。。

ラインねぇ・・・・娘達からも言われるんだけど。。。。。

ばばは、ずっとCメールオンリーかも。

そう言えば、過日帰省した義姉も「ばばちゃんに電話したら送信エラーになったのよ。

ばば姉ちゃんに送信したら、すぐ送れたのに」って言っていたけど

義姉も、ばばに70文字以上のメールを一気に送信しようとしたしたのかなぁ?

今度、電話する時に話してみよう。

Cメール契約で迷惑かけているのかな?

ごめんなさい!

※画像は雨の中でも元気に咲くアジサイ。

 去年の母の日に娘からプレゼントされたた青色のアジサイだったが
 
 土壌が変わったのか、今年はピンク色になりました。
6月22日(土)雨

昨日の雨は凄かった。

ばばが、毎日、夕方買い物に通う道の途中に、

土砂崩れの危険があるんじゃないかと思う場所が2カ所位ある。

斜面を太い針金の網状の物で覆ってはいるが、一番道路に近い部分には

受けから崩れ落ちたのか?土かy岩?が・・・

もう一カ所は、道路に大きく木の枝が張り出していて、

もし、根元の土砂が崩れたら、道路は通行不能になるだろう。

どこが整備するべきなのだろう?と思いつつ通ってはいるけれど・・・・

どこに言えば良いのだろう?

雨が続くと外仕事が出来ないので、パソコンに向かう時間が結構長くなる。

昨日に続き、今日も雨。

夕べからずっと雨で、又々洗面所とお風呂場の前の床に雨漏り。

シートを敷き、大型の洗い桶や洗面器を置いて対応。

朝、確認したが、たいした量ではなくて一安心。

風向きで安心は出来ない。

早く天気が回復して、じじが日曜大工で、うまく処理してくれる事を祈るのみ・・・・

6月22日、今日は、明日の「第32回トライアスロンin徳之島大会」に先駆けて

キッズトライアスロンが行われる予定だったらしい。

「らしい」と言うのは、今朝朝食時、防災無線による役場総務課からのお知らせで知った。

出場予定の子供達、練習を積み重ねてきただろうに、残念だったね。

明日、大人の人たちの競技はどうなるんだろう?

トライアスロン


天城町ヨナマビーチでスイム、その後、天城町から徳之島町をバイクで駆け抜け

伊仙町でランになり、そのまま天城町でゴールイン。

まさに徳之島3町を1周するコースなのだが。

ばばが「子供達のトライアスロン中止なら、あすはどうなるんだろう?」と言ったら

「大人の競技はまさか中止にはならないだろう」って言うけど

万が一、雨が激しくなったりしたら、スイムも、バイクも、ランも色々な危険をはらむ事になるからね。

でも、ずっと練習を重ねて、徳之島入りしたアスリート達に対し

「順延」とかも無理だろうし、「中止」となれば・・・・・・・・

明日は天気が回復し、ばば達も自宅近くの沿道をバイクで駆け抜けるアスリート達を

応援できますように・・・・

今日はね、海上自衛隊の海中処理班?の艦艇の無料艦内見学会もあるって放送があった。

車なら5分で行ける港で見学できるのだが、この雨ではなぁ・・・

ただ、午前10時からと、お昼13時からの約2時間ずつ、2回見学できるそうだから

空模様を見ながら、出かけようとは思っている。

雨、雨、雨、少し中休みしませんか?

何でそこに?

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-6-21 11:13
6月21日(金)雨

「金・土・日 前線足踏み 奄美付近」。

朝のラジオでの気象予報士の言葉。

昨日夕方から、ずっと降り続いている雨。

一昨日夜、豪雨で洗面所とお風呂場の廊下が雨漏りでビショビショ。

大型のゴミ袋を3枚敷き、洗面器2個とボウル1個を置いて

雨水を受けたら、一晩で500cc以上の雨水が溜まっていた。

「晴れたら、材料を買ってきてコーキングする」と、じじが言っていたけど

いつになったら晴れるんだろう?

夕べはあまりに蒸し暑くて、明け方4時前後に目覚め、扇風機をかけた。

そしたら、朝寝してしまい、起きたのは7時過ぎ。

(雨の日くらい良いか〜仕事に行く訳じゃないし)と言い訳しつつ、階下に下りた。

明後日は、トライアスロンもあるけど、天気大丈夫かなぁ?

雨が降ったら、最初のスイムも肌寒くて、バイクは走り辛いだろうし、

最後のランは、少しくらい雨が降っても涼しい位なら良いかな?

雨だったら、沿道の応援も少なく、せっかく徳之島に来て下さったアスリートの皆さんに

申し訳ないなぁ・・・・

昨年の大会後から、練習を積み重ね、満を持して徳之島入りされるだろうから

せめて応援だけでも・・・と思っているのだが。

天気が回復してくれますように・・・・

話題は変わって・・・

ばばはブログでも何回も書いているけれど、理数系・器械関係など大の苦手。

その上、性格がオッチョコチョイだから、????な事が度々起きる。

過日、お店で商品のカゴに買いたい品物を入れてレジに行くという大失態をした事を書いた。

その日、買い物を終え、帰宅して車のエンジンを切って、キーを取った途端

キーが何処かへ吹っ飛んだ。

カシャ〜〜ンと軽い音が聞こえた気はした。

運転席の下や周囲、助手席の下等々、足下のマットを外しても鍵は見つからない。

まさか・後ろの座席まで鍵が飛ぶって事は無いよなぁ〜ばばがぶん投げたわけでも無いのにと思いながら

一応、車外に出て、後ろの席や足下も見たりしたけど、無い!

確かに落ちる音はしたのに・・・ドアを開けた訳でもないから、車内にあるはずなのに・・・・

もし、あの鍵を無くしたら、合い鍵は1万円くらいかかるんだよな等と思いながら

何度も何度も足下を探り、マットを外し、座席の上を探り。

少々パニックになりかけた時、一緒に乗っていた姉が運転席側に回ってきて

「ほら、そこにあるじゃない」と言った。

「えっ?どこに?」と思いつつ、姉が指さす方を見ると、

あったぁ!!!!!
キー

一体どこにあったと思う?

何と何と、運転席側ドアの内ポケット?に。

まさか、ドアポケットに鍵が落ちたなんて思いもせず、ドアも開け放して

座席周辺ばかり探していたばば。

冷静沈着な姉が教えてくれなければ、ばばは、じじまで呼んできて大騒ぎしていたはず。

鍵見つかって良かった!姉さん、ありがとう!

それにしても、鍵が放り投げた訳でもないのに、後部座席まで飛んだのでは?という、

お馬鹿な発想する自分が、恥ずかしい〜〜〜!
6月20日(木)曇り時々晴れ
ニンニクの花

昨日の豪雨がウソのよう・・・今日は曇ってはいるけど

日差しもあり、朝から洗濯して干したり。

時々気になって空を見上げながらの午前中だった。

じじは、天気を気にしつつ撮影に出かけたが、普段より、早く帰ってきた。

じじの車が車庫に入る音がしたので、ばばは網戸を少し開けて

玄関先に正座して、三つ指突いて待っていた。

何の意味もないけど、じじの反応が見たくてね。

網戸を大きく開けたじじ、三つ指突いたばばを見て、ギョッとしたみたい。

「何してるの?何があったの?」って言いつつ、じじは直立不動の姿勢で敬礼!をした。

ア〜〜〜ッ、ハッ、ハッ、ハ〜可笑しい!可笑しい!

漫才やって、食事前に大笑いしたけど、

じじには「最近のばば、ますます変になって来たなぁ」って言われちゃった!

じじが帰宅する少し前、固定電話に携帯からの着信があった。

見知らぬ電話番号の着信にはあまり出たくないが、一応受話器を取って

「はい」と答えたら、相手の方が「○○です.昨日はありがとうね〜」と言うので

「あぁ〜届いたんだ」と思った。

何が届いた?って、電話を下さった方の名前を入れて印刷した封筒を

昨日、ある方に言付けて渡してもらったのだ。

「助かる〜」と、とても喜んで下さって、良かったと思った。

ばばは、数年前、ある80代の方から「ご祝儀袋やお悔やみ用の封筒の

名前を書くのが出来なくなって困っている」と言われた。

帰宅後、試しにと、あるソフトを使って封筒に名前を入れてみると簡単にできた。

そこで、すぐに作成した封筒を届けると、その方が、とても喜んでくれて

会う度に「ばばちゃんの封筒、助かっているよ」と何度も言われた。

その後、知り合いのご高齢の方とか、友人などに、その話をすると

「特にお悔やみとか、急に知らせがあって、いざ出かけようと

バタバタしながら封筒を探し、名前を書くって大変」と言われ

なら・・・と、その方達の分も作ってあげた。

又、ばばの先輩で字を書くのが苦手・・・という方がいて

数十年前、その先輩の代わりにばばが、文章を書いたりもしていた。

その方にも「名前入り封筒」をプレゼントしたら大喜び。

一昨日、ある場所でその先輩と会った。

たまたま、先輩が「ばばちゃん、あの封筒なくなりそうなんだけど・・」と言った。

すると、先輩の横にいた方が「封筒って何?」と先輩に聞いたら

先輩は予備に持っていたのか?ばばが作成した名入り封筒を、その方に見せていた。

すると、その方が「私も欲しい!」と言ったので「じゃぁ、作りますね」と答えたばば。

約束通り、帰宅後すぐに封筒を作成し、直接ではなかったが、昨日、渡す事が出来た。

「難儀させてごめんね」と言われたが、ばばにとっては全然難儀なんかではない。

パソコンに入力し、プリントするだけだから。。。。

大先輩や友人達が喜んで下さる、それだけで、ばばは嬉しい。

かつて、気を遣って、わざわざ封筒を買って来た先輩がおられたが

紙質によってプリンターにうまく吸入されないのもあるので

封筒持ち込みはお断りしている。

色々文字を書く機会はある。

手書きにこだわる方もおられる。

「文字の上手下手なんか、関係ないのよ。自分で真心込めて文字を書く事が大事」

とある先輩に言われ、「ごもっとも」と思った。

だけど、80才、90才を超え、「文字を書くのが辛い、大変だ」という方には

要望があれば、名前入りの封筒をプレゼントしたいと思う。

ばばは、周囲の方々の支えあって、今の自分があると思っているので

これまでお世話になった方々が、何か喜んでいただける事があれば

出来る事はやっていきたいと、常日頃思っている。

ばばは、文字がきれいではない。

じじと結婚してすぐの頃、ずっと習字をやっていた義父から

「ばばちゃんの字は、くせ字だね」と言われ、悪気はなかっただろうけど

自分の文字にますますコンプレックスを持つようになった。

ばばも退職して10年過ぎた。

たまに手紙を書いたりもする。

しかし、手書きだと、書き間違えてしまい修正したら、紙を汚してしまったり

文章を書いていて、途中で訂正しようと思っても、簡単には訂正ができない。

だから、時と場合によっては、ワープロで手紙を書く事もある。

修正がきくし、忘れてしまった漢字も容易に入力できるから。

ワープロで書いた手紙でも、いい加減に書いている訳ではなく

真心込めて、言葉を選び、文章にしていくから。

手書きが苦手なばばの言い訳みたいな文になってしまったけど

これからも、手書きとワープロ、うまく使い分けていけたらと思っている。

※今日の画像は、良く行く場所に咲いていたニンニク?の花?

 開花しているけど、天辺の白いの物は、蕾の時花びらを包んでいた物が残っているのかな?
● ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ
● 投稿一覧
  1. ご挨拶 岡崎眸 2019-1-15 21:12
  2. お世話になりました。 宝 2018-12-31 12:33
  3. Re: お世話になりました。 babachan 2018-12-30 20:48
  4. お世話になりました。 宝 2018-12-30 17:34
  5. Re: 楽しく読ませて戴いています。 babachan 2018-8-5 14:35
  6. 楽しく読ませて戴いています。 宝 2018-8-5 13:14
  7. Re: 楽しく読ませて戴いています。 babachan 2018-8-4 21:04
  8. 楽しく読ませて戴いています。 宝 2018-8-4 13:05
  9. Re: 楽しく読ませて戴いています。 babachan 2018-8-1 20:45
  10. 楽しく読ませて戴いています。 宝 2018-7-29 11:46
  11. Re: 楽しく読ませて戴いています。 babachan 2018-4-3 15:21
  12. Re: 楽しく読ませて戴いています。 ibuchan 2018-4-3 8:22
  13. 楽しく読ませて戴いています。 宝 2018-3-12 16:58
  14. Re: 亀津中s22年生同窓会ビデオ集 ibuchan 2017-8-9 8:29
  15. Re: 亀津中s22年生同窓会ビデオ集 ゲスト 2017-8-7 20:39
     Login
----- Copyright (C)2009-2018 ibuchan.com All rights reserved.   Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2 -----
----- A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog -----