● ばば日記カレンダー
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
● 便利カレンダー

● サイト内検索

高度な検索
● アーカイブ

(1) 2 3 4 ... 42 »

過去ログの検索

● カテゴリ一覧
● webphoto ↓クリック 拡大
オオソリハシシギ...
オオソリハシシギ
● ランダムムービー
 オッ! ビックリ!オオヒシクイ
オッ! ビックリ!オオヒシクイ
● Since:2009年2月〜
本日のカウント:9627
1日前::11135
2日前::9793
3日前::9814

トータル:23116446
● オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...
● ばば日記コメント
● 名言黒板

ばばの日記 - 最新エントリー

葛藤と言うほどでは・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-6-27 14:01
6月27日(木)晴れ?

昨日昼頃までの天気予報では、今日は、もしかしたら?台風並みの

悪天候?と思っていた。

しかし今朝目覚めると、東の窓が薄明るい。

夕べも雨の音は聞こえなかった。

(洗濯日和だ!)と、飛び起きた。

空には大きな雲が彼方此方にあったけど、青空も見えるし

雨は降りそうに無い。

久しぶりの晴天、気持ち良い!

食事の後、可燃ゴミを出し、庭掃除をし、洗濯物を干し、

菜園の三つ葉を引き抜いたりしていたら、あっという間に10時前。

一旦外に出ると、1時間半くらいはいつも外で何かしらしている。

庭仕事って、楽しいね!

撮影に出るじじを、車庫前で県道まで誘導し、その後は「何しよう?」と思ったが

「あっ!はったい粉の粉が少し残っている。早く使い切らなきゃ」と思った。

過日、義姉が帰省した時、島料理の「船焼き」を作った後のはったい粉が50g位残っていたのだ。

(どう使おうかな?)と考えたが、はったい粉入りのふくれ菓子(ソーダ餅)を作ることにした。

チャチャッと材料を混ぜ、蒸し器で蒸しながら布巾類をまとめて洗濯しようと思った。

30枚くらいもの布巾を新品のも、今使っているものも全部洗って干した。

それから室内に入ると、部屋に下げてある、ばばのブラックフォーマルのワンピースが気になった。

お悔やみに着けていったけど、その後、天気が悪くて外に出せず

裏返しにして部屋の中に下げてあった。

せっかくの晴天だから少し日光に当てよう。

次に、じじのシャツとズボンも日光に当てようと廊下に持ち出し、

ひっくり返して干そうと思ったら、何か落ちる音が・・・

んん???と見ると、500円玉が廊下に・・・

2回音がしたと思ったので、500円玉の落ちた辺りを見ると、100円玉も。

やったぁ!しめしめ・・・600円ゲット〜
600円

と思って、食事をするテーブルの上にお金は置いていた。

その後、蒸し上がったふくれ菓子を網の上に乗せて冷ましながら、鍋の始末。

お昼の準備をして、じじを待つ・・・

いつもと、ほぼ変わらない時間に、じじ帰宅。

何と!今日はばばの実家のすぐ横まで足を伸ばしたそうだ。

お喋りしながら昼食を終え、ふと、台上の600円に目が行き、ゼスチャーでじじにアピ−ル。

すると、即「僕のズボンのポケットに入っていたんだろう?」と言う。

覚えていたのか・・・猫ババしようと思ったのに・・・と思いつつ

「これで今日の分の刺身買って来る」と主張するばば。

「良いよ」と答えたじじ。

あまりにあっさり言われると、猫ババする気になれない。

じじに600円のこと言おうか?猫ババしようか?チョッピリ葛藤したけどね。

ばばが立ちかけると「本当に、この600円要らないの?}とじじが言う。

「だって、じじのお金だから。」と答えたばば。

じじが2階に上がった後、食卓を見ると、600円はちゃんと持って上がっていた。

あの600円、実は、昨日公共機関で支払いをした時のおつりだったらしいが、

財布に入れず、ズボンのポケットに入れてしまったらしい。

帰宅したら、財布に入れようと思っていたのに、忘れたんだって。

今日はたまたま硬貨だったけど、もし、お札などポケットに入れたまま

洗濯機に入れてしまったりしたら大変だね。

一応、じじも確認はしているらしいが、

ハンカチはポケットに入ったままのことがほぼ「80%以上だね。

ポケットに入れたまま洗濯しても、何故か洗った気になれない。

じじとばば、2人とも、自分の物は自分で確認してから洗濯物も出そうね。
6月26日(水)曇り時々小雨

今朝の天気予報で、沖縄に南の方に熱帯低気圧があって、今後台風になる可能性もあり

徳之島の天気も荒れ模様になるとか・・・

曇っているし、小雨が降るし、風も強いんだよね。

もしかしたら?台風になるかも?

天気が気になるばばです。

庭に出たら、いつの間にか我が物顔にプランターを独り占めしてしまいそうな花が・・・

それは、ベゴニア。

どこから片根が飛んで来たらしく、2,3年前からお隣さんとの境界の石垣の間に芽を出したり

いつの間にやら花壇の隅っこに芽を出したり・・・・

見つける度に引き抜いて捨てていたけど、今回プランターに芽を出したのは放っておいたら

あらら、結構成長してる。
ベゴニア

最初、このプランターには知人からいただいたフリージアを植えてあったのだが

花が咲いて、葉っぱが枯れた頃に、ベゴニアの種がどこからか飛んで来て芽を出したみたい。

勝手に咲いたベゴニア、雑草位にしか思っていなかったけど

ネットで調べてみたりしていたら、「見守っていようかな?」という気に。

どこまで成長するのか分からないけど、邪魔になることも無いから。

ここ数ヶ月、朝食の準備をじじに手伝って貰うようになった。

ばばは、冷蔵庫から茹でた野菜などの入ったタッパーを出しテーブルに並べ

足りない野菜などを茹でたり切ったり、お味噌汁の準備をし、パンを焼く準備をする。

その間に、じじはタッパーなどから自分が食べられそうな分の野菜を

お皿に取り分ける。

味噌汁を作りながら、サラダ類以外のおかずを新しく作ったり

昨夜の残りがあればお皿に取って温める準備をしたりも、ばばの仕事。

二人で準備しても20分以上かかる時もあり、結構時間がかかってしまう。

じじが早く取り分けを終わることが多いので、たまには「パン焼き係」を頼んだりもする。

今朝・・・

ばばは、お味噌汁を作りながら、パンを焼きながら、ブロッコリーの茹でたのを洗っていた。

パンの焼き具合も気になって、慌ててトースターの前に走ったら・・・

チーズを乗せた食パンの表面が茶色ぽくなって、焼き過ぎになる手前。

「あちゃ〜〜!焼きすぎた!大変、大変、大変!」と言いながら

「ん〜もぅ〜〜〜ブロッコリーのせい!!!」と言い訳したばばに

「ブロッコリーは悪くないよ」とブロッコリーの援護をするじじ。
ブロッコリー

だよね〜八つ当たりでは無いけれど、自分の油断をブロッコリーのセイにしてしまうなんて

ばば、まだまだ未熟だなぁ・・・・・

でも、一度に3つもやろうとしたのがいけなかったんだよね、一番の原因は。

分かっちゃいるけど、失敗の多いばば。

焼き過ぎてしまって、表面のチーズが茶色になっても、一切文句を言わないじじ。

本当は、パン焼き係にもじじを任命した方が良いのかも・・・と、密かに思うばば。

じじは「食パンの理想の焼き具合」があるみたいだから

以前は「パン焼き係」だったのに、数多い野菜を取り分けるのに結構時間がかかるからと

ここ数ヶ月は、ばばが「パン焼き係」になったけど・・・・

明日朝は、パンを焦がさずに焼けるか?

パン焼き優先でやってみよう。

サボりたかったけど・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-6-25 13:47
6月25日(火)曇り
花

どんより曇っているけど、時折お日様も見える。

数日前、滑舌をよくする為にと「ジャズ歌手、シャンソン歌手」と続けて言えるかと

ラジオでやっていたので、じじとばばも真似てみた。

難しいね〜つい「ジャズカス、シャンソンカス」と言ってしまったり

「ジャジュ歌手、シャンション歌手」と言ってみたり。。。

なら、書いた物を見て、読めばうまく言えるのでは?と、紙に書いて読んでみた。

やはり「ジャジュ歌手、シャンソンカス」と言ってしまって、大爆笑。

一人でこっそり練習して、「どうじゃ、うまく言えたでしょ」と、じじに言いたいけれど

無理だと言う事がよく分かった。

滑舌悪くなったなぁ・・・・

昨日に続いて「イジュン話」。

ばばの実家集落は、ばばが子供の頃の世帯数は100軒はあったかなぁ?

当時は子供も多くて、小学校校区では、一番人口も多かったかも知れない。

昭和30年代位だったかなぁ。。。

女の子のお手伝いと言えば、先ずは「ミジ(水)カティ(担ぎ)・・・天秤棒の先に

バケツを下げてイジュンから水を汲んで来て、お風呂や水瓿を満タンにすることだった。

お正月には、朝早く起きて

「若水汲み」と言って、早朝にイジュンへ行って水を担いで?来ていた。

ばばの実家集落には「フーイジュン(大きい泉)」「クワァーイジュン(小さい泉)」

「チブグイジュン(泉のあった場所がチブグだったのかな?)」と、いくつかイジュンがあった。

一番我が家から近いのは「フーイジュン」と「クワァ〜イジュン」で

この2つのどちらかのイジュンから水を汲んでいたが、

ある期間は水汲みに行くのがイヤでイヤでたまらない季節があった。

イジュンに行くには坂道を下りて行くのだが、坂道の縁に大きな松の木があって

その木に毛虫が大発生。(何の幼虫だったのだろう?)

その毛虫が木から落ちて、ばば達が水を担いで上り下りする道にもウジャウジャ。

その毛虫を踏まないよう、気を付けて歩くのだが、それでも踏みつぶす時もあり

気持ち悪くて、気味悪くて・・・両方、どちらのイジュンに行くにも通らなければならない道だったので

その時だけは、休みたかったが、他の家族は水汲み以外の仕事があるので、

我慢しながら頑張っていた。

今はイジュンへ行く道も雑草が生い茂り、人が通れそうには無い。

当時は、イジュンの周囲に田んぼや畑があったことを懐かしく思い出す。

干ばつになると、イジュンの水量は極端に減る。

ばばの実家集落は、校区でも一番高い場所。

干ばつになると、別のイジュンへ水汲みに行っていた。

お墓に行く途中の畑のそばにあったイジュン、海の近くにあったイジュン

家とは反対側に歩き、坂を下って行く途中にあったイジュン。

必死に水を求めて頑張っていた頃が懐かしい。

今は蛇口をひねればジャ〜ッと水が出る、こんなにありがたいことは無い。

それが普通になり、水のありがたさを忘れてしまうことさえある。

過日、豪雨で倒木があったらしく、その処理の為「1時間くらい停電します」

と放送があった時は、ドキッとした。

停電する前に食事の準備をしなきゃ!食べなきゃ!と急いだ。

携帯の充電もした。

たった1時間の停電でも、ドキドキ。

もし、1日停電したり、断水したりしたら今の時代は、大変なことになりそう。

数年前、台風で断水した時は隣集落まで車にタンクを積んで出かけ

飲料水を貰って来たこともある。

停電では懐中電灯とかランタンとか色々照明関係を準備してはあるが

電気製品が使えなくなると、これ又大きな支障が出る、現在の生活。

あらためて電気や水道のありがたさを思い、又日頃から色々な備えをしておくことの大切さを

考えたここ数日です。

※画像は、過日、合鴨を飼っている場所を見てみようと

 姉と探検に出かけた時、川縁に咲いていた花です。

 こそ物頃は集落内どこでも見られた花だが、最近は咲いてる場所も少なくなっているなぁと感じる。

イジュンって分かるかなぁ

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-6-24 13:46
6月24日(月)曇り

去る14日から義姉が同窓会に出回する為2泊3日で帰省した。

ゆっくりと姉妹の時間が持てると思い

姉と2人で、義姉が島内で行きたいと言っていた三京集落までスムーズに行けるか走り

その後、当部集落まで行って、天城町へ抜けるコースを案内しようと走って下見。

しかし、三京までは直線コースで30分足らずで行けたのに

当部へ走り出して、湧水泉の「アガリマタイジュン」まで行って

黒ウサギ観察小屋のあるダムまで行って、いざ、天城町へと思ったら

道が分からない。

進もうとしていた道は、車の離合も出来そうに無い狭い山道。

(あ〜じじが一緒だったら難なく行けるのに)と思いつつ

姉と2人では自信が無いし、それ以上に怖いので

又、来た道をそのまま引き返して帰宅するという、情けない事に。

でもね、義姉が一番行きたいと話した三京へ行くのは、自信満々だったから

義姉を喜ばす事が出来ると思っていた。

だけど、義姉達は観光バスで三京もアガリマタイジュンも行ったんだって。

義姉も、同窓会での帰省で、同級生達との行動が主だったし

教え子ちゃん達からも招待を受けたりして、姉妹での時間を持つ事は難しかったのね。

もっと楽しい時間を共有したかった〜〜〜と思った、姉とばばだが

又、次の機会に・・・と思っている。

義姉達は当部集落にある「アガリマタイジュン」では、湧水泉と言う事で
アガリマタイジュン


泉の水を掬って飲んだそうだが、直後に「大腸菌云々・・」という話が出たらしい。
iイジュン

でも、帰るまで姉は元気で、ばばも安心した。

「アガリマタイジュン」が有名になった頃・・・

かれこれ10年前くらいかなぁ?「泉の水」がとても美味しいと言う評判を聞き

わざわざタンクを持って出かけ、水を汲んで来て、炊飯したりコーヒーを淹れたりしてみたが

ばばに、普通の水道水との違いは分からなかった。

「アガリマタイジュン」の「アガリマタ」とは、地名かな?

「イジュン」の意味が分かるのは、年配の人たちが多いと思うけど、どうだろう?

「イジュン」とは「泉」の方言。

だから「アガリマタイジュン」とは「アガリマタにある泉」という意味だとばばは勝手に思っている。

イジュンと言えば・・・

ばばの実家集落にも3つ位、登下校で通る道端の畑などにも2,3カ所あった。

実家集落に水道が引かれたのは、ばばが小学生の頃だったか?

それも、最初は集落内の数カ所に設置されただけだった。

水道が出来るまでは、水くみが、ばばの一番の手伝いだったかも知れない。

まだ小さい頃は天秤棒?みたいな棒の両先端にバケツをぶら下げ

それを担いで集落内の泉まで行き、ひしゃくで掬った水をバケツのいっぱいになるまで入れ

それを担いで家まで運ぶのだが、その水でお風呂も炊事も洗い物もする。

だから、何十回も家とイジュンを往復し、家にあった大きな焼き物の瓿と

五右衛門風呂のいっぱいになるまで運ぶのだ。

だから水はとても貴重だった。

今考えれば、大きな岩の置くから湧き出てくる水が溜まって泉になっているのだが

その水を消毒とかしていたという記憶も無いし、

水質は大丈夫だったのだろうかと今になって思う。

当時、水を飲んでお腹が痛くなったとか聞いた事も無いし、

田んぼの片隅に湧き出ていた泉の水も、田植えや稲刈りの時など平気で飲んでいた。

田んぼに泉には小さなエビの赤ちゃんがいて、自分が水を飲んだ後は

そのエビの赤ちゃんをツワブキの葉っぱなどで掬おうとチャレンジしたりもしていたっけ・・・

干ばつの年は、イジュンの水量も少なく、窪地に水が溜まるまで待って

柄杓で汲んでいた。

水が溜まるまで、先輩や後輩、同級生の友達と色々な話をしながら待っていた。

実家へ行く時に、よくイジュンのあった近くを通るけど

現在は、イジュンへ下りる道も草ボウボウ、獣道のようになっていて

とても踏み込む勇気は無い。

万が一、いつか道がきれいになったら、親友のSちゃんを誘って

イジュンへ言ってみたいと思っているけれど、望み薄かなぁ。。。。。

明日でも、もう少しイジュンについては書いてみようかな?

お疲れ様でした!ごめんなさい

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-6-23 13:48
6月23日(日)雨
アジサイ

豪雨の中、第32回トライアスロン大会は実施されたようだ。

例年なら、自宅近くの県道まで行って声援するのだが

雨が酷くて、外出もままならない状態だったので、残念ながら今年は家で応援!

639名のアスリートがエントリーされたとの事だったが・・・・

全員無事ゴールできたのかなぁ?

せっかく、島外は勿論、県外からも徳之島入りされた方々も多かっただろうに

応援にも行けず.ごめんなさい!という思いです。

じじは、自宅に設置したライブカメラでバイクで通過するアスリート達を見たそうだが

ほんの一瞬で、男性か女性かさえも分からなかったって。

だよね、カメラの撮影範囲なんて限られているし、バイクはスピードあるし

一瞬で画面から消えてしまうだろうから・・・

終わった瞬間に来年の事を書くとおかしいけど、

来年は天気に恵まれて33回トライアスロンが実施されますように。

午前中、酷い雨だったので家の中で料理をしたり、奄美や加計呂麻の親しい友人達に

豪雨の被害は無いかメールをしたり。

加計呂麻の友人からは、ばばのメールに対し電話がかかってきた。

ばばが加計呂麻在住だった頃、運動会前日に豪雨があり

上司の車が川に流されそうになったり、ばばの家の床下収納庫がプカッと浮いたりして

集落内の何軒かも床下、床上浸水した怖い思い出がある。

昨日からの雨では、そこまで被害は大きくは無いが

やはり膝下辺りまで水が来たり、家の前の道路が水浸しになったりしているようだった。

一昨日は、ばばの住む地区でも雨により倒木があり電線が切れたのか、

その修復作業の為、1時間程度停電しますと放送があったが、幸い我が家は停電は無かった。

停電は無かったが、買い物に行く途中の崖が、数カ所崩れないか?とか

道路に覆い被さってきている大木が倒れてこないかとか、ばばもドキドキしながら車の運転をしている。

13時30分現在で、雨は小康状態。

このまま降り止んでくれたら良いのだが。

今日も、雨による災害が無い事を祈るのみです。

加計呂麻の知人から電話が来たと書いたが、その友人が

「ばばちゃんにメールしたんだけど送信エラ−になって、タップして下さいって表示されるの。

何度しても同じなんだけど・・・だから、電話したのよ」と言った。

もしかしたら?ばばはガラケーでCメール契約しかしていないから

文字数が多いのかなぁ?という結論になって、再度単文で送ってみようという事になり

数分経つと、無事メールが着信。

「無事着信したよ〜」と返信したら「これから、ばばちゃんへのメールは

短い文にするね」と言いながら、友人は「ばばちゃんもラインしたら良いのに」とも。。。。。。

ラインねぇ・・・・娘達からも言われるんだけど。。。。。

ばばは、ずっとCメールオンリーかも。

そう言えば、過日帰省した義姉も「ばばちゃんに電話したら送信エラーになったのよ。

ばば姉ちゃんに送信したら、すぐ送れたのに」って言っていたけど

義姉も、ばばに70文字以上のメールを一気に送信しようとしたしたのかなぁ?

今度、電話する時に話してみよう。

Cメール契約で迷惑かけているのかな?

ごめんなさい!

※画像は雨の中でも元気に咲くアジサイ。

 去年の母の日に娘からプレゼントされたた青色のアジサイだったが
 
 土壌が変わったのか、今年はピンク色になりました。
● ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ
● 投稿一覧
  1. ご挨拶 岡崎眸 2019-1-15 21:12
  2. お世話になりました。 宝 2018-12-31 12:33
  3. Re: お世話になりました。 babachan 2018-12-30 20:48
  4. お世話になりました。 宝 2018-12-30 17:34
  5. Re: 楽しく読ませて戴いています。 babachan 2018-8-5 14:35
  6. 楽しく読ませて戴いています。 宝 2018-8-5 13:14
  7. Re: 楽しく読ませて戴いています。 babachan 2018-8-4 21:04
  8. 楽しく読ませて戴いています。 宝 2018-8-4 13:05
  9. Re: 楽しく読ませて戴いています。 babachan 2018-8-1 20:45
  10. 楽しく読ませて戴いています。 宝 2018-7-29 11:46
  11. Re: 楽しく読ませて戴いています。 babachan 2018-4-3 15:21
  12. Re: 楽しく読ませて戴いています。 ibuchan 2018-4-3 8:22
  13. 楽しく読ませて戴いています。 宝 2018-3-12 16:58
  14. Re: 亀津中s22年生同窓会ビデオ集 ibuchan 2017-8-9 8:29
  15. Re: 亀津中s22年生同窓会ビデオ集 ゲスト 2017-8-7 20:39
     Login
----- Copyright (C)2009-2018 ibuchan.com All rights reserved.   Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2 -----
----- A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog -----