ばば日記カレンダー
« « 2019 8月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
便利カレンダー

サイト内検索
アーカイブ
カテゴリ一覧
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:2525
1日前::9418
2日前::9920
3日前::10160

トータル:23697276
オンライン状況
32 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...
ばば日記コメント
名言黒板

ばばの日記 - 徳之島町どんどん祭り

徳之島町どんどん祭り

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2019-8-12 18:31
8月12日(月)晴れ

昨日までのドンヨリ空から一転、午前中、我が家から見える上空は雲1つ見えず、吸い込まれそうな青空。

ここ数週間で一番の晴天ヵも知れない。

昨日ブログの最後に、「嬉しい事がもう一つあった」と書いたけど

それは昨年、じじの友人が下さった「桜ラン」が今年も花を付けてくれた事。

蕾の間全然気づかず、今年の開花は半分諦めていただけに

見つけた時は、とても嬉しかった。

クチナシの木の枝に吊し、日陰で管理してきたけど、見事応えてくれた桜ラン。

桜ラン

花って良いよね、ありがとう〜〜〜

さて、昨日は空一面雲に覆われたような空の下、徳之島の夏祭り「どんどん祭り」パレードがあった。

最近の天候不順から、花火大会は前もって延期と決定していたが

パレードは例年通り海岸近くのメイン通りで、夕方5時?5時半から行われた。

じじ&ばば&ばば姉3人はカメラを抱えて5時前には家を出た。

パレード出発時刻をはっきり知らなかったので、早めに家を出たのだが

我が家から通り迄は、徒歩でも5分。

ばば達が到着した時、警察の方や地域の青年達が既に交通整理を始めていた。

車は通行規制でパレードの間は、迂回路を通る事になっている。

会場となる通りの両端には地域の方々や、他の地区からも沢山の方が訪れ

自分達の好きな場所に陣取って、パレードの開始を待っていた。

顔見知りも多く、彼方此方から声をかけられ、久しぶりに会った方とはハイタッチをしたり

ハグをし合ったり・・・

今か今かとパレード開始を待っていたら、放送があり、闘牛が先ず登場。

3頭の闘牛が、飼い主や身内の子供達に手綱を引かれて、道路をゆっくりゆっくり歩いてくる。

徳之島の文化の1つ、闘牛。

闘牛が夏祭りパレードに参加するようになったのは、4,5年前だったか?
闘牛


若きリーダーと期待されていた、町議のM君が提案して、実現したとか。

最初の年、パレードでM君と会ったら「僕が闘牛の参加も提案したんですよ」と話してくれたが

そのM君、突然の病に倒れ、翌年か翌々年には沢山の方に惜しまれながら

天国へ旅立ってしまった。

M君は天に召されてしまったけれど、闘牛のパレードはM君亡き後も続いている。

昨日は,M君もきっと天国から闘牛や多くの町民のパレードを見ていてくれただろうなぁ・・・と思う。

闘牛のパレードが終わった後は、役場の若い青年達が御輿を担いで登場。

汗びっしょりになりながら、元気よく練り歩いてくる・・・・

その後、町長さんや副町長さん、役場職員の方々が「花の徳之島」「ワイド節」を踊りながら登場。

20近くの団体がそれぞれ趣向を凝らし、パレードするのだが、ばばはやはり実家集落

花徳の方々の登場を今か、今かと待っていた。

じじが、スッと動画撮影で、ばばは一眼レフでの撮影をじじから任命?され、

パレードの参加者達をカメラを通してしか見られないのが残念!

踊りながら、次々と目の前を踊り連の方々が通り過ぎていく。

ばばに向かって手を振って下さる方もいらっしやったけれど、カメラから目を離せず

「あれあれあれ?どなただったっけ?」と思った時は既に通り過ぎてしまっている・・・という事の連続。

それでも、最後の方になって、いよいよ実家集落の御輿登場!!!

元気なかけ声をかけながら、御輿を担ぐ青年団、御輿の上でパフォーマンスをする青年、

笑顔満開で踊り連が、その後に続く。
花徳集落

その瞬間だけは、カメラから目を離し、踊っている後輩達や御輿の上のパフォーマーに目を向ける。

暑さ対策にシャワーをかけながら、パレードは続く。

小さな子供達から先輩方まで、元気溌剌笑顔のパレード。

何と言っても御輿は圧巻!

今年もきっと各団体の中でトップ優勝するだろうなと確信しつつ、シャッターを押し続けた。

その後は製糖工場関連の方々、東区婦人団のパレードと息もつかせぬ位
製糖業

楽しく素晴らしいパレードが続いた。
太鼓

最後の団体が通過するまで約1時間半位かかっただろうか?
最終

各出場団体とも、例年に無く、工夫が凝らされ見応えのあるパレードであった。

最初、ばば達が会場に到着した時は見物客が少ないような気がしていたが

終わり頃になると、大勢の人、人、人・・・・・

今年は例年とコースが逆になっていた。

昨年までは亀津新漁港を出発し亀徳新港が終点のコースだったが

今年は亀徳新港出発で、亀津新漁港が終点。

1キロ足らずのコースでは歩けれど、暑い中、浴衣や着ぐるみ、法被等々

それぞれが趣向を凝らしての参加だったが、参加者の皆さんは暑かっただろうなぁ・・・・

ばばは、ただカメラを抱えて彼方此方移動しながらの撮影だったが

それでも、肩や腕が辛かった。

パレードが終わって、帰宅したら、じじが「あの中から使う写真は数枚だよ」って。

あ〜ぁ、そうなんだ、じゃぁ、手抜き撮影すれば良かった。

必死になって全団体の写真を何枚も何枚も撮り続けたけど・・・まぁ、良いか。

少し気が楽になったよ。

ホッとした所で、パレードの最終地点、亀津新漁港からは賑やかな音楽が聞こえだした。

パレードに引き続き、芸能大会や抽選会が始まったようだだ。

じじとばばは、例年パレードを見るだけで終了〜〜

今年も前日まで天気と変わって、強い日差しも無く、曇り空の下でのパレード、最高だったよ。

昨日のパレードのパワーが空の雲まで吹き飛ばしてくれたのか、今朝は日本晴れとも言えそうな真っ青な空。

みんなが心を合わせ、年々盛り上がりを見せる徳之島の夏祭り「どんどん祭り」、

参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。

もう、今から来年のパレードを楽しみにしているばばです。

※ 自分のカメラも持って行ったのに、じじのカメラでの撮影が多く

  闘牛パレードでは、闘牛の後ろ姿しか撮れなかったという・・・

  じじは、ばばが苦労してて撮った写真うまく使ってくれるかな?

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ
投稿一覧
     Login
Copyright (C)2009-2016 ibuchan.com All rights reserved.   Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2
◇◇ シンプル別館 徳之島自然観察集 ◇◇◇    ◇◇◇ モバイル・携帯用サイト 徳之島じじとばばのブログ ◇◇