サイト内検索: ログイン   www.ibuchan.com
ばば日記カレンダー
« « 2020 4月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

便利カレンダー


サイト内検索

アーカイブ

カテゴリ一覧

webphoto ↓クリック 拡大

ランダムムービー

Since:2009年2月〜
本日のカウント:828
1日前::9871
2日前::8296
3日前::10512

トータル:25987760

オンライン状況
37 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 37

もっと...

ばば日記コメント

名言黒板

ばばの日記 - 最新エントリー

時代は変わる・・・

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 思い出
執筆 : 
babachan 2020-4-7 18:25
4月7日(火)曇り

知人、Aさんから電話があった。

「あるお店を予約したいけど、何回電話しても出ないの」って。

お店の方が、お出かけしているかも知れないと思い

何度も何度も時間をおいてかけ直したらしいが

朝から昼過ぎまでかけても繋がらなかったそうだ。

知人は固定電話からお店の固定電話にかけた。

電話

そこで、今日、ばばがそのお店の近くまで行く用事があったので

「じゃぁ、私が直接予約して来るね」と約束した。

今日、午前中、そのお店にも寄った。

そのお店の方に「私の知人が昨日、何回も電話したそうですが

繋がらなかったらしいです」と言うと、お店の方は

「えっ?昨日はずっと家にいたんだけど、電話は鳴らなかったよ」とのこと。

電話の着歴を見ても知人からの着歴は無くて、一昨日に別の方からの着歴が1件だけだった。

知人は電話したと言うし、お店の方は着信は無かったと言う。

どちらかの電話がおかしいのかな?という結論で、ばばは帰宅した。

帰宅後、たまたま、友人と会ったので、この話をしたら

「あっ!何年か前、うちでも同じような事があって

すぐ電話会社に電話したら、修理の方が来てくれて調べたら

家の外の配線がちょっと不具合だったようで、すぐ直してくれたよ」と言った。

そこで、知人にも連絡し、電話会社の連絡先を調べて電話をしたら、

「明日、修理の人が行きます」って。

こんな事ってあるんだね、良い勉強になりました!

最近は、電話も持ち運べる時代。

ばばの学生時代は、携帯電話とか勿論無かった。

じじと結婚した昭和48年当時も、携帯電話なんて言葉も無かったし

固定電話も職場にはあったけど、黒いダイヤル式で

個人の家も固定電話でさえ無い家庭が多かった。

ばばの家も、固定電話も無かった。

だから、加計呂麻に勤めていたじじが、ばばに電話をする時は

ばばの実家のお隣さんの固定電話にかけたら

その家の方が、大きな声で「電話ですよ〜」と裏の畑から呼んでくれ

ばばは急いでご近所さんまで走って行って、じじと電話で話していた。

結婚して、一緒に加計呂麻で暮らすようになっても

職場と集落のお店とか以外、電話は無く、こちらから島の両親に電話する時は、

近くのお店の固定電話を借りてかけていた。

逆に、日曜日とかに島の両親から電話がかかってきた時は

そのお店のおばちゃんが「○○さん、徳之島から電話です!」とマイクで放送する。

集落中の方に放送は聞こえてしまうからちょっと恥ずかしかったのは憶えている。

お店までは、走れば数十歩の距離だったけどね。

そんな時代だった。

綾小路きみまろさんじゃ無いけど、正に「あれからウン十年・・・」だなぁと思う。

まさか、電話をもちっ運んで使ったり、

電話がカメラ代わりになったりする時代が来るなんて夢にも思わなかったなぁ。

文明の利器、電話。

便利だけど、迷惑な事も多いね。

電話を利用した詐欺、売りつけ商法、ゲームのし過ぎ等々

あげたら次から次にマイナス面も出てくる。

しかし、無ければ無いで不便な事も多い電話。

特に、最近のスマホは、ばばの頭では想像も出来ない位の機能満載。

超器械音痴のばばには、とても使いこなせそうじゃ無いから

ばばは今持っている電話で充分!

我が家族でも、ばばだけ「時代遅れ感」は否めないけど

別に不自由しているわけじゃ無いから、ばばは今以上の物は望まないかな?

韓流ドラマ?信じられない!

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2020-4-6 13:51
4月6日(月)晴れ

昨日に続き、晴天の徳之島。

時々雲が広がるけど、今は暖かい陽ざしが、気持ちいいです。

夕べは、何故かなかなか眠れなかった。

ずっとラジオを聞きながら横になっていた。

じじのベッドの方を見ると、薄明かりが・・・

「じじも眠れないの?}と聞くと「うん」って。

ラジオの時報で4時を聞いてから、少しウトウトしたらしいが

6時には目が覚めた。

「睡眠不足だなぁ・・・」と思いながらも(夕べ眠れなかった分、今夜はグッスリ眠れるだろう)

と思考を変えて、じじがテレビ体操を始めるまでは布団の中でゴロゴロ。

「じじも夕べ眠れなかったの?」と聞くと「眠れないから、ずっと韓流ドラマ見ていた」ってさ。

ヘェ〜じじが、韓流ドラマ?似合わない!

それだけでも珍しいのに、4時間ほどぶっ通し観ていたらしい。

眠れないからドラマ観たのか?

ドラマ観たから眠れなかったのか?

更に、じじの口から「ヨン様」なんて言葉が飛び出し、更に更にビックリ!

「韓流ドラマ」「ヨン様」って言葉・・・・・・大分前に聞いた事はあるけど・・・・

「格好良かったよ。ばばもドラマ観る?」って言うけど、

「ばばは全然興味ありません!」と即答。

今夜も、じじはきっとドラマの続きを観るだろうな?

あと数話残っているらしいから。

物語次第では、又明け方までかかるのかな?じじ。

ばばは、ドラマは観たいと思わないけど、やはり眠れなかったから

ラジオで「雪降る町」という小説を女性アナウンサーが朗読していて

最後まで聞いちゃった。

だから、眠れなかったのかなぁ・・・・

じじと、ばば、どっちもどっち。

自分達でも「変な夫婦!」と思っているんだけど・・・

昨日は、じじが「ばば〜」と呼ぶので「は〜い」と返事をした。

ばばは、除草剤を撒いて来た後、庭仕事をしていた。

「じじ、何か用事かな?」と思っていたら、その後何も無いから仕事を続けていた。

それから10分以上経ってから、じじがカーテンを開けて「そこに、いたのか〜」って。

ばばは気づいていなかったけど、じじは2階から、ばばに声をかけたらしい。

1階には庇がついているから、それが邪魔になって、

じじがばばを呼んだ場所から、ばばの帽子だけが見えたんだって。

でも、その帽子が、ずっと同じ場所から動かないので「変だな?」と思ったんだって。

それは当たり前ですわ〜じじ。

だって、ばばは帽子を被っていませんでしたから。

昨日朝、お墓周辺等に除草剤を撒くために30分位被っていた帽子は、

帰宅後脱いで、ギンモクセイの枝に掛けて、乾かしていたから。

帽子

2階の窓から見たら、庇に邪魔されて、帽子の部分だけが見えていたんだね、きっと。

事情が分かって、ふたりして大笑いでしたとさ。

そうそう、過日ブログに何回も書いた、アマリリス。

新しい蕾も2個付いているけど、開花はまだまだのようだ。

開花より、ばばがハッとしたのは、アマリリスの葉っぱの一部等に

まるで血が付いたように見える部分があった事。

このl葉っぱを見て、何十年も前の事を思い出した。

娘が大学に進学する前、お世話になっている先生が、夜、我が家を訪問。

色々お話をして下さったが、その中で印象に残っているのは

「桜があんなに綺麗に開花するためには、

開花前、桜の幹の中では沢山の血を流しているんだよ。

その痛みに耐えて、あんな綺麗な花を咲かせるんだよ」・・・というようなお話だった。

実際、開花前、桜の幹の中でどんな事が起きているかばばは知らない。

でも担任の先生が娘に伝えたい事は良く分かった。

その時の先生のお話では無いけれど、アマリリスの葉っぱと茎の表面に付いた赤い物。

アマリリスの葉っぱ

もう枯れていく前の兆しなのかも知れない・・・・・

でも、綺麗な花を満開にしてくれて、力尽きたのかなぁ・・・・と思ったり。

「物事を成し遂げるためには、全身の力を振り絞って努力!努力!」。

母が、怠け者のばばにずっと言っていた言葉

「努力に勝る天才なし」を思い出した。

綺麗な花を咲かせるためには、地道な世話を続ける事が大事!

アマリリスの葉っぱを見ていて、色々な事を思い出していたばばでした。

「歌う○○さん」?

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 思い出
執筆 : 
babachan 2020-4-5 13:51
4月5日(日)晴れ

昨日から、天気予報で今日は晴天だと聞いていたので

今朝は朝食後すぐ、車庫跡と、お墓周辺の除草剤撒きに。

除草剤・鎌・高枝切りバサミ・剪定バサミ・ジョウロ2個を積んで出発!

車ならほんの1,2分。

まず車庫跡周囲の伸びた木の枝や草を刈り払い、除草剤を撒いて

次にお墓へ行き、湯飲みや盃を洗って水などを入れ替え、手を合わせ

除草剤を・・・・

以前、除草剤を撒いたのが1月25日。

2ヶ月以上経っていたけれど、お墓の方は雑草も殆ど無く

あっと言う間に作業終了〜9時前家を出て帰宅したのが9時半頃。

シャワー浴びて、ほっと一息。

お墓周辺の除草、ず〜〜っと気にはなっていたけど、動けずにいたから

今朝は何だか気分まで軽くなった。

ホッと一息ついた途端、ハッとした。

そう言えば・・・持ち帰った荷物に剪定バサミが入っていなかった。

たしか持って出たのに・・・・

取ってこなくちゃ!じじに「もう1回お墓行って来るね〜」と

声をかけたら「どうした?」って。

「剪定バサミ忘れたから取ってくる」と答えると

「僕が撮影帰りに取ってくるよ」って言ったけど

「どうせ、忘れるでしょ」と意地悪く答えたら

「じゃぁ、車で行きなさいよ」って・・・言われなくてもそのつもりだったけど。

すぐ車で出かけ、記憶をたどって探したら、車庫跡の一番奥に置いてあった。

二度手間だったけど、これで本当に今日の仕事ひとつ終わった〜

そうそう、昨日、正体の分からない物体、磨いたら昭和49年に作られた

5円玉硬貨だと分かったと書いた。

昭和49年に出来たといえば、今後、滅多に出会えない硬貨だと思ったから

保管しておこうと思い、じじにも話した。

今朝、朝食時、じじが「昨日の5円玉、本当にどうして、あそこにあったのかなぁ」と言った。

ばばも、同感。

謎と言えば、謎。

自宅は大通りに面していて、6,7年前までは階段の前に門扉も無かった。

だから、たまぁに、酔っ払いさんが門の前に座り込んでいたり

夕方とかは若い子達が座ってお喋りをしているということも時々あった。

でも、階段の下は奥まっているし、畳1畳ほどの空間。

プランター、植木鉢、バケツ、園芸用の土少々、ワイーヤー製の棚等

大量に置かれたその隅っこにあった、すぐには硬貨だとも分からない位

汚れがこびりついていた硬貨・・・・・

札束とかだったら大事だけど、約半世紀前に作られた硬貨1枚。

硬貨1枚だけど、何故か色々な事が思われて

じじとばばにとっては、平凡な日常にチョコッと刺激を与えてくれたよ。

大事に保管しておかなくちゃ!

いつも身につける物に入れておいて、お守りにした方が良いかな?

とか考えながら、パソコンの前でのんびりしていたら、玄関に人の気配が。

この時間帯だったら、郵便屋さんが配達に来て下さったかな?と思っていると

何か歌声が聞こえるような・・・・

「歌う郵便屋さん?」

「郵便で〜す」って、毎回来て下さるけど、今日はハミング?鼻歌?

晴天で気分が良いのかな?と思っていたら

玄関が開いて「ただ今〜〜〜〜」って。

立っていたのは「歌う郵便屋さん」ならぬ「歌うじじ」でした。

家の内と外にいたから、何を歌っていたのかは分からなかったけれど。

鼻歌で帰ってきたと言う事は?良い写真が撮れたのねと思って

「ヤツガシラでも撮ったの?」と聞くと「はい、これっ、お土産!」って。

取り出したのは、今日も、タラの芽5本。

タラの芽

最近のじじは「鳥撮りじじ」ならぬ「タラ取りじじ」になっているんじゃ無い?

半世紀・・・金貨?

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2020-4-4 14:28
4月4日(土)小雨

昨日までで、膨大な植木鉢やプランターなど廃棄準備したり

欲しいと言う友人に届けたり、キッチン用品も行く先決定。

一段落した途端、小雨。。。。

まるで、ばばの作業終了を待っていたみたい。

今日は朝から家の中で、何をするわけでも無く

ネット徘徊したり、ボォ〜〜ッと座っていたり。

天気が良い日は、ずっと動き続けるから、こんな日も必要かな?と自己弁護。

ネットを見て、一旦休憩と思った時、パソコンの横に置いた物体が気になった。

何?

一昨日からの、植木鉢やプランターを運び出したり分別をしていた途中

自宅外階段下から見つけた物。

工事用の部品かな?ちょか思いながらも、もしかしたら??と思い

ざっと水道で洗って、室内に持ち込んで、パソコンの横に置いてあった物だ。

手にとって、よくよく見ても正体は分からない。

思えば・・・・いますんで言う両親宅に住むようになったのは7,8年前。

でも、その前、自宅では沢山のプランターや植木鉢で色々な植物を育てていた。

枯れたりしたら、次の植物を植えるまでの間、鉢などは外階段下に片付けていた。

だから、古い物では10年以上も、階段下に置かれていた。

そんな空間の片隅に落ちていた丸い小さな物体。

工事用部品?ボタン?お金?

よっぽど、不燃ゴミの袋にポイしようと思ったが、何故か室内に。。。。

裏返して見ても、正体は分からなかった。

汚れ?が積もりに積もっていた・・と言えば良いのか?

汚れは汚れでも、コンクリートのような固い汚れで、物体の表面も覆われていた。

野次馬根性旺盛なばば、早速作業開始。

まずは、スチール製のたわしでゴシゴシ・・・正体はまだまだ・・・

そこで、今度はセスキ炭酸水をかけて放置してみた。

必死に作業するばばを見て、じじは「おっ!金貨?」とか、からかう。

笑いたければ、笑ってくれ〜ばばは、この物体の正体を確かめてやる!

セスキ炭酸水を洗い流しても結果は分からないが

何故か効果のような予感がしてきた。

真ん中に穴が開いているという事は5円玉か50円玉?

いやいや、もしかしたら?貴重な・・・・・等と思うと、ワクワクドキドキ。

最後の手段だと思って粉状のクエン酸の中に埋めて30分ほど放置。

その後、ざっと水で洗い流し、又々紙やすりとスチールたわしで

ゴシゴシ100回以上こすってみた。

すると!日本国という文字が読めた、おっ!おっ!

擦って、擦って、擦って、手が疲れるほど擦り続けたら・・・

日本国と書いた両脇に何か双葉のような模様が・・・・

更に下には「昭和四十五年」と読めた。

この丸い物体、何と昭和四十五年に作られた五円硬貨だった。

ガッカリしたかって?

いえいえ、ガッカリするどころか「昭和四十五年って、どんな年だったっけ?」

等と、色々頭を巡らせた。

ばばが、教員として正式採用されたのが昭和四十五年だった。

車の免許が無かったから、車通勤は出来ず職場近くにひとりで住んでいた

高齢のおばあちゃんの家の一間を借りて新生活をスタートさせたなぁ。。。

たまに土曜日の昼からバスで実家に帰り、日曜日夕方、下宿に戻っていた。

色々昔の事を思い出しながら財布を持ってきて、

5円玉が入っていないかみてみたら、1枚あった。

磨いた5円玉と、財布から出した5円玉を並べてパチリ!

5円玉2枚

色の違いが分かるかなぁ?

右の黄色っぽいのが普通の5円玉で、左側が、磨き上げた物。

左側の五円玉は、炭酸水とかクエン酸とか色々な物をかけたりしたので

色がピカピカの10円硬貨みたいにピンクがかった茶色になっちゃった。

財布から出した5円玉も撮影後、よくよく見たら昭和49年に作られた物だった。

偶然?って、言って良いのか分からないけれど・・・・

48年に、じじと結婚し、49年は、当時じじが勤務していた加計呂麻へばばも転勤になり

結婚生活がスタートした年でもあり、その年の12月に長女が誕生した。

ばばの正式な社会人生活がスタートしたのが昭和45年で

結婚生活がスタートしたのが昭和49年。

ばばの人生の節目を表す、2枚の硬貨・・・不思議だなぁ。

2枚の硬貨のおかげで、色々な事を思い出したよ〜

昨日見つけた硬貨が出来てから50年・・・半世紀かぁ・・・・

この硬貨はどういう人の手を経て、ばばの所へ来たのだろう?

「ばばの所へ」と書いたけど・・・・本当に、ばばのお金だったのかも定かでは無いよね。

ばばが、この硬貨を自宅外階段下に、まさか捨てるはずは無いから、落としたのだろうか?

それとも、誰かが???色々な可能性は考えられるから、

ミステリー好きなばばは勝手にストーリーでも考えてみようかな?

この硬貨、裏は綺麗になったけど、表はなかなか綺麗になりません。

ずっと使わずに、保管しておこうと思っています。

面白いなぁ〜、他

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2020-4-3 14:28
4月3日(金)晴れ後曇り

数日前から植木鉢やプランター類を廃棄しようと頑張っている。

先ずは今の家にあった物を分別し、要らなさそうな物は不燃ゴミに。

使えそうな物は友人宅へ運んだ。

昨日は、自宅の外階段下に置いてあった物を全て庭に運んで来た。

新品の鉢もプランターも数個ある。

色々な大きさと種類の鉢と鉢置きが全部で100個近く。

分別し、不燃ゴミ袋に入れたら、ざっと25リットル入り袋6個分。

残りは、まだまだ使えるので、欲しいと言ってくれた友人宅へ運ぶ予定。

それにしても・・・・今日、洗った鉢だけで40個前後。

過日、友人宅に運んだ分と今日の分、合わせると100個近くはあったかな?

植木鉢
※これは洗って乾かした分の一部。

それに、捨てようと思ったのがゴミ袋6個分もあったし。

植物を育てるのは、ばばだから、これ全部ばばが買ったの?

火鉢位の大きさのも、3,4個あったけど、一体何を植えてあったのだろう?

自宅に住んでいた、7,8年前までは、ベランダや玄関先にも

色々な植物を植えた鉢を飾っていたなぁ。

多肉植物に凝ってみたり、花屋さんで見てパッと気に入った花を買ったり。。。

でもね、両親宅に移り住んでからは庭があるので

鉢物植物を育てる傍ら、花壇らしき場所を確保し

クチナシや桜、月下美人、夜香木、デュランタなどを植えるようになった。

そのうち、旅行に出掛けたりするようになると

花に水をあげたりする事が出来ないし、

台風の度に数十個の鉢を風の当たらない場所に運んで

台風が去ると、又元の場所に戻す・・・という事も年に数回はあった。

その時は、植物に海風の塩分が付着していたら枯れてしまうので

いちいちシャワーで塩分を洗い流してから元の場所に戻さなければならない。

そういうことが億劫になってきた。

だから、数年前からは地植え出来る物だけ買おうと決めて、実践している。

と言っても、新たに植えたのはキンモクセイ4本位だけど。

現在我が家にある鉢植え植物と言えば・・・カラテアとマコヤナ位かな?

カラテア

今後は、植物もなるべく増やさない!と決め、今回大量の鉢やプランターを処分した。

処分して、何も無い階段の下は見ても気持ちが良い

鉢やプランターのみならず、台所用品や衣類、空き箱等々

まだまだ断捨離すべき物は、いくらでもある。

台所用品は新品も結構あるので、彼方此方声をかけて

使える物は使ってもらおうと根回し済みである。

家の中に物が少ないと、本当に気持ちいい!

余分な物は買わない、増やさない!と言いつつも

ついつい誘惑に負けてしまっていたばばだが、今回は絶対負けないぞ!

これからは花壇もどきの樹木?の世話を頑張ろう〜

そうそう、ばばはここ最近、やっと、ラインで家族や友人達と連絡できるようになった。

これも、色々設定してくれた、じじのおかげ。

じじは撮影の合間に、ばばのパソコン環境なども使いやすく整えてくれるから。

じじ本業の野鳥撮影は、なかなか鳥が少なくて、毎日苦労しているみたい。

森林のマイナスイオンを体いっぱい浴びながら、

緑の中を散歩していると思えば良いかな?

鳥だけで無く小さな生き物や植物にも目を向けて欲しいんだけどなぁ、ばば。

そんなじじが、昨日だったかな?「今日はシマアジ撮ったぞ〜」と帰宅。

う〜〜ん、つい最近聞いた事あるぞ「シマアジ」という言葉

っと考えていたら、2,3日前、甥っ子君がラインで

「今日は自分でお造り切りました。カンパチとシマアジ」って

送って来ていた事を思い出した。

シマアジ・・・島アジ・・・縞アジ・・・普通カタカナで表記する魚の名前だけど

漢字を当てると?等と考えていたばば。

じじが「シマアジ撮ったよ〜」と帰宅した時も、

やはり漢字を当てた表記を勝手に想像していたのだが・・・

じじの今日のブログを見ると、「カモの仲間???」、ビックリした〜

「シマアジ」と全く同じ表記で、魚と鳥。

面白いなぁ・・・・って、こんな事考えるのは、ばばだけ?
ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ

投稿一覧

     Login
Copyright (C)2009-2017 ibuchan.com All rights reserved. Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2
  A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation       A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog