Login

 
:: ばば日記カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
:: 便利カレンダー

:: サイト内検索
:: アーカイブ
:: カテゴリ一覧
:: ランダムムービー
:: Since:2009年2月〜
本日のカウント:11152
1日前::14523
2日前::14576
3日前::14283

トータル:21121404
:: オンライン状況
39 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが ばばの日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 39

もっと...
:: ばば日記コメント
:: 名言黒板

ばばの日記 - 最新エントリー

行きたいなぁ、会いたいなぁ

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-12-19 18:14

12月19日(水)晴れ

今日も晴天の徳之島。

朝方は寒かったので、上も下も色々重ね着してしまったら

昼前には暑くて、全部脱いで薄手のTシャツとキュロット。

朝夕の気温差が大きいし、大分乾燥しているから気はつけなくちゃね。



ばばが徳之島を離れて暮らしたのは・・・

結婚するまででは高校の3年間と短大の2年間。

高校は兄と一緒に暮らしていたし、短大時代は寮に入ってので

沢山の奄美出身の友達もいたし島外の友達も沢山出来、寂しいと思った事は無かった。


じじと結婚してからは・・・

じじが在職中に手術をし、都会で暮らす娘宅に同居していた期間、

半年位だったかなぁ??じじと別居。


それより何年か前、ばばは、じじと娘を島に残して

加計呂麻へ単身赴任した3年間があった。


いつも、じじがいて当たり前、娘がいて当たり前・・・

と思っていた生活から一転、ひとり、見知らぬ土地でのひとり暮らしが始まると

何とも言えない寂しさに襲われ、昼間はそうでも無いけれど

仕事を終え、夕方、誰もいない家に帰ると寂しくて悲しくて

何故か?洗面所に行って自分の顔を見ては泣いていた。


あれから、もう20年近く経つけれど、今思い出しても切なくなる。


たまたま1週間ほど前、加計呂麻のある方と電話で話す機会があり

ばばが泣いていた事を話すと「そんな事があったの?」と驚いていた。


ひとりぼっちでの加計呂麻生活だったけど、上司も同僚もとても良い方達ばかりだった。

又、集落の方々が誰も優しくて、道で出会っても必ず優しく声をかけて下さった。

行ってすぐの頃こそ寂しかったが、時間が経つにつれ

同僚や子供達、集落の方々の優しさ、温かさに

「徳之島に帰らずに、あと数年、残っても良いかな?」と本気で思うようになっていたが

両親も高齢だし、色々家庭の事も考えて3年後には島に戻った。


ばばが加計呂麻を離れてから、もうすぐ20年。

未だにお世話になった方々とのつながりはある。


たまに送り物をし合ったり、電話を掛け合ったり・・・・


昨夕も、大きな荷物が届いた。

開けてみると、加計呂麻の先輩からで、中にはきれいに捌いたお魚やイカ

それに手作りのピーナツ味噌がドォ〜〜ンと入っていた。

送ってきて下さったのは、大先輩。

ありがたくも申し訳なくて・・・・

ピーナツ味噌は小分けにして、冷凍して、お魚は今日お昼食べられる分だけ

夕べから冷蔵庫で解凍しておいた。

夕べ、お礼の電話をすると「魚は揚げて食べた方が一番美味しいよ」と言われたので

早速、少しの油で揚げて、今日のお昼いただいた。

「揚げたての魚は美味しいなぁ」と、じじは何回も言っていた。


加計呂麻・・・

自然は美しく、人情は厚い。

もう一度、お世話になった方々に会いたいなぁ・・・


※画像は昨日夕方、穏やかな海を見て撮った、高台から見る亀徳新港周辺の風景。


 


 

情けない!2度目の脱走?

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-12-18 14:20

12月18日(火)晴れ

久しぶり晴天の徳之島、暖かな日差しが嬉しい。


2日ブログサボった言い訳・・・

肺炎球菌ワクチン接種当日から、ずっと左手に違和感があると

ブログにも何回か書いた。

ワクチン接種のせいでは無いと思うけれど

ずっと同じ状態が1ヶ月半以上も続くと不安になってきた。


15日晩から,左手上腕部から肩にかけて痛みがあり

更に倦怠感。

16日は1日中ダウン。

ばばが動けないので,じじはひとりで刺身買いにいたり

食事準備をしたり・・(やれば出来るね、じじ)


さすがに,昨日は病院へ行こう!とじじにも促され

病院の送り迎えもじじにして貰い、病院へ。

8時半頃受付は済ませたのだが、帰宅したのはお昼2時過ぎ。


病院で待っている間も,体がだるくて、だるくて

ハンカチを持った片手で顔を隠すようにして、じっと座っていた。


順番が来たら問診があり、それからレントゲンやCTを撮ってもらい

痛む腕に注射をして貰い、飲み薬や貼り薬を貰ってきた。


本当はMRIを撮る予定だった。

しかし「極端な閉所恐怖症」のばば。

数年前、別の病院で脳のMRIを撮って貰おうと器械に入ったものの

30秒も我慢できず「やめて下さい!!!」と叫んでしまった、ばば。

MRI検査が出来ずに,その時はCT検査をして貰い帰ったのだが

病院の方に「うちの病院で,MRI検査逃げたのはあなただけですよ」と言われ

恥ずかしい思いをしたので、二度とその病院ではMRI検査はしなかった。

あれから大分時間も経っているし、昨日は体が極端にだるかったので

(もしかしたら?このだるさで閉所の恐怖を感じないかもしれない)と

かすかな希望を持って検査室へ入った。

その前に問診があったので、「閉所恐怖症」という事と

「狭い所は苦手」という欄にチェックを入れて提出した。

その後、MRIの器械に入り、左肩を上にして横たわって

検査技師の方が「目を開けないで下さい。音がうるさいので

耳栓をしますね」と言って耳栓もしてくれ

「検査始めます」と部屋の扉を閉めた。




「ガトン ガトン・・・」のような音が連続して聞こえ

胸が苦しくなって、息もしにくくなったので

目はつむったまま、体の横や上部の方を必死で叩いて

「すみませ〜ん、止めて下さ〜い」と何回も呼んだら技師さんが扉を開けてくれた。


あぁ〜〜〜やっぱりダメだった。

失望感に襲われつつ、検査技師さんにも申し訳なく思った。


ふらつく体で検査室を出ると、しばらく経って名前を呼ばれ診察室へ。

レントゲンやCT検査で見る限り、肩の異常は無いとの事。

しかし、MRIで無いと、詳細な事は分からないと言われ

処置室前で待つように指示された。

どのくらい待っただろう?

5名ほど名前を呼ばれ、部屋へ入ると間仕切りカーテンが閉められ

ばばから順番に注射。

痛い左手上腕部に・・・最初(痛くなくて良かった)と思っていたら

ジワァ〜〜〜ッと痛みが強くなり・・・短時間ではあったがグッと唇を噛みしめていた。


その後、又診察室へ入り「こうこういう薬を出しますね」とか

「次は24日にもう一度来て下さい」とか言われた。

今度は会計へ行って,又数十分待って13時過ぎて、やっと処方箋を貰い

そのまま薬局へ・・・

そこでも数十分待って、薬を5種類も貰った。


これらが効いてくれると良いんだけど・・・

と思いながら外へ出てじじに電話。

10分位でじじが来てくれ、車に乗ったらダァ〜〜ッと全身の力が抜けた。


可哀想に、昨日昼、じじは店屋物のお弁当。

刺身もばばがいつも行っているお店へ自分で買いに走り・・・


ばばも今朝からは普通の食事ができるようになって

ひとまずは安心。

しかし、左手の違和感は変わらない。

貼り薬を張って、飲み薬もきちんと服用して、1週間後に又病院。

その時には「両手で万歳」が出来たり,「高い所へ左手が伸ばすことができる」ようになったり

今まで「普通」と思っていた事が、無意識に出来るまで回復してくれたら嬉しいなぁ。。。


それにしても、ばばの閉所恐怖症は深刻だなぁ・・・

昨日病院で会った知人がばばに話してくれた。

「私の友人もね、閉所恐怖症なんだけど、

安定剤を飲んで受けたら大丈夫だったって。」と。

安定剤って?

それも又、怖いばば。


夕べ、じじからも「何で少し我慢して受けられなかったの?」と言われたけど

ばばのあの恐怖心は、ばばにしか分からないと思う。

何かにギュウ〜〜〜っと押さえ込まれて、窒息しそうになって

怖くて・・・苦しくて・・・・

絶対、ばばMRIはダメ。

ばばが寝ている間に撮影してもらえると良いんだけど・・・・ダメだよね、これは。

ア〜ッハッハッハ

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-12-15 18:33

12月15日(土)晴れ時々曇り

今朝は久しぶりに晴れ!

「やったぁ〜〜除草剤撒こう!」と張り切って畑の様子を見に行った。

結構、雑草が生えていたので今日撒いて,もう一回年末に撒けば今年は良いかな?

と思いながら、帰宅しようと思ったら、あれっ?空一面に雲・・・・

え〜〜〜っ?

何で?せっかく、ばばがやる気満々になっているのに。

いつ降るのか?曇っているのは一時的なのか?

昼からは晴れるの?最近の天気は全く分からないので

今日の作業は中止することに。

残念!


今日は15日なので、姉と連絡を取り,昼からはお墓参りに行く約束をした。

その後は、久しぶりに筍ご飯を炊こうと思い、その下ごしらえをしていたら

もう、お昼前。。。。

朝のスタートが遅かったもんなぁ・・今朝は。

目覚めたのが7時前。

朝食の準備に1時間近くもかかり、食事を終わったら8時過ぎ。

年末で、気だけは焦るのに,何も「やり遂げた」という実感が無いまま時間だけが過ぎていく。

まぁ、時間の規制が無いから良いけれど、だんだん自分が怠け者になっているようで情けない。


のんびり始まった1日だったけど昼からやるべき事はきちんと計画通り終わった。

4カ所、お墓参りを済ませ、帰りに友人宅へ寄った。

すると、友人のお嬢さんが庭に除草剤を撒いていた。

ちょっとした容器に除草剤を入れて撒いている。

ばばは如雨露を使っているので、色々情報を教えてもらった。

如雨露より楽で経済的なんだって。

ばばも参考にしてみようかな?

と思いながら、裏の方に回ると、お嬢さんのお婿さんが

畑の隅っこで火を燃やしていた。

何をしているんだろう?と近づいてみると、ブロックを積み上げて

簡単な竈を作り、鍋に塩水を入れて炊いていた。

自家製の塩を炊いていると言うのでビックリしたり,感心したり。

朝ドラで塩を炊く場面があったのかな?

大きな鍋いっぱいの海水を炊いて、塩にするのに一体何時間かかるんだろう?

明日あたり、又結果を聞きに行ってみようかな?

興味を持って,色々チャレンジするって、端から見ていても楽しそう〜〜


最後に,友人とも会って用事を済ませ帰宅。

姉とコーヒーを飲みながら、携帯メールについて話していた。

すると、姉が「私ったら、ある人にメールするのに

大笑いされるような事しちゃった」と言うので「何?何?」と聞くと

「こんばんは」とメールしたつもりが「コンクリートを・・」

というような文を入力してしまっていて、送信した相手から

「あなた、大丈夫?私に送ったメール読んで,心配になったんだけど」

と、電話がかかってきたらしい。

姉は全然気づいて無くて、相手から指摘されて

「え〜〜っ,ごめんなさい!」と平謝りしたそうだ。

ばばより遙かにしっかり者の姉が,こんなミスをしたなんて・・・

話す姉も,聞いてるばばも大爆笑。


ばばも良く親しい人とメールのやりとりをするけれど

送信する相手を間違えた事があったし、姉を笑う事は出来ない。


このブログも、必ず何カ所か間違っているはず。

読み返さず投稿する事が多いから・・・・ごめんなさい。


 

どっち?他

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-12-13 14:57

12月13日(木)曇り

久しぶりに午前中は暖かな陽光があったので

洗濯をしたり、送り物をしたり,朝から頑張った・・・・

でも、昼過ぎから又ドンヨリ。


そうそう、過日、こんな事が・・・

大分前に買ったタマネギがあったので使おうと思った。

普通、縦半分に切ってから使うのだが

その日は外側の方から使おうと思い

まずは上と下を少しずつ切り落とした。

そして、外側に軽く切り目を入れ数枚手で剥がして使った。

そのまま、台所に置いてあったのだが、夕方見ると

昼に切り落とした部分が1センチ近く成長していた。


珍しかったので,じじにも見せるついでに

「ねぇ、この成長している部分、根っこだと思う?

それとも、上部だと思う?」と聞いてみたら

「伸びているんだから、上の方だろう」って。




ばばはタマネギ全体の形状から見て下の部分に見えて仕方が無いんだけど・・・

この後、どうなるか分からないので、外の流し台のそばに置いて

見届けようと思っているのだが・・・

なかなか成長してくれない。

変な事に好奇心があって「困ったもんじゃ」と自分でも呆れている。


今日は,朝からじじが書類を探していた。

しかし、肝心の書類が「無い、無い!」とパニックになりかけている・・・(ばばの感想)

他の事をしていたばばも,見かねて少し手伝い。

でも、無いんだよね・・・・・

ふたりして疲れ果てた。

普通なら,低血糖予防のため

10時前後には糖分補給をしなければならないじじだが

時計を見ると既に11時も回っている。

危ない!危ない!

「じじ〜一休みしようよ」とふたりして糖分補給。

ばばは別に補給しなくても良いのに・・・・


少し落ち着いて,じじは又捜し物開始。

しばらく経って「あった!!!」と。

落ち着いて、ちゃんと探せば最初で見つかったかも知れないのに

ざっと見て「無い!」と思い込み、パニックになってしまったんだね。


とにもかくにも、捜し物が見つかって、めでたし、めでたし!

と言う事で、1時半を回る頃、普段より遅めの昼食。


1個の弁当を、ふたりで半分こして食べるつもりだったので

ばばが庭仕事をしている間,じじに半分こして貰ったのだが

どう見ても,ばばの方が多く見えるので

「私、こんなに沢山食べない。他の食べようかな?」と言うと

「じゃぁ、僕がシュウマイ(のような物)まで1個食べるから」と

ばばの入れ物から取ってくれたけど、それでも、まだ食べきれるかな?という量。


他に食べたかった物は夜に回して、

何十年ぶり?かに、1個のお弁当を半分ずつ分けて食べた。


ごちそうさまでした!

考えが甘かった、他

カテゴリ : 
新ばばの日記 » 日常生活
執筆 : 
babachan 2018-12-12 13:56

12月12日(水)曇り時々小雨

やはり、今日も小雨・・・

1週間以上も、小雨模様の徳之島ですよ〜〜〜



一昨日も朝から雨だったので、10時を過ぎる頃

(こんな日は、病院へ行く人も少ないかも・・病院へ行こう!)と

急に決めた。

小雨の中、車で病院に着くと、外の駐車場は満車。

地下へ回ったら、既に満車。

ならば・・・と、先月のようにお墓の近くに止めよう・・と行ったら、そこもぎっしり。

仕方が無いので、海の近くへ行った。

駐車場はいくらでも空いているけど、病院まで遠い・・・

遠いと言っても、徒歩5分では行ける距離だけど・・・

だったら、もっと近い公共施設の前庭に停めよう。

今日は平日だし、行事も無いから空いているだろう。。。と行ってみたら

見事ガラガラ。

なぁんだ〜、最初から此処へ来れば良かったと思いながら駐車して病院へ。


(天気悪いから、患者さんも少ないかも)と、都合の良い事を思ったのが間違い。

待合室は満席。

受付を済ませたら「血圧を測ってから問診を受けて下さい」と言われたので

言われた通りに,血圧計ったら家で計るより数値が高いけど良しとした。

問診を受ける所で名前を呼ばれたので行くと

来院の目的など聞かれた後、「希望する先生がいますか?」みたいな事を言われたので

「○○先生をお願いします」と言ったら

「残念です。○○先生はもう、いないんです」と言われた。

他にどんな先生がいるか分からないので「お任せします」と答えたら

診察室の番号と受付番号を書かれた札を渡され、

診察室近くの椅子に座って待つ事に。


と、じじの同級生夫婦がいたり、かつてのばばの同僚が声をかけてくれたり

更に別の知人から声をかけられたり・・・・


ばばが受ける診察室での受付番号は18番だった。

11時頃名前を呼ばれ、診察室に入り・・・

一応の診察が終わった後「肺炎球菌ワクチン」接種後

1ヶ月以上経っても、左上腕部の痛みが取れず、寝返りを打つ時に痛い、

背中に腕が回せない、急に手を挙げる事が出来ない等の症状を話し

「後遺症で、同じような症状の出ている方いらっしゃいますか?」と聞いてみた。

すると「聞いた事無いですね。きっと他の原因があるんでしょうね」とあっさり言われた。

レントゲン撮ったって分からないだろうし、諦めてはいたけど

先生から、はっきり言われると・・・うぅ〜〜ん,どうしたもんだろう?

「毎日少しずつリハビリを続けて下さいね」とも言われたけど・・・

リハビリって、少しずつ動かす練習をしなさいという事だろうなぁ。


まさか手が後ろに回らなくなるとか、上に挙げにくくなるとか

予想だにしなかった事。

毎日、肩の前後に我慢できないほどでは無いが、痛みもあり

寝ていて寝返りを打つ時「痛い!」と目覚める事が良くある。

じじも、まだ多少の違和感はあるそうだが、ばばよりは、ずっと良い。


本当にワクチン接種の副作用なのか?

それとも、何か他に原因があるのだろうか?

時間が治してくれるのだろうか?

接種から、今日で44日目。

ばりばり動きたいのに、無意識に左手を挙げようとして

「痛っ!」と呻いたり、荷物を持つのにも、ついつい左手を庇ってしまう。

時間が過ぎるのを待つしか無いのかなぁ・・・・


診察を終え、診察室を出ると,又々顔見知りの先輩5名と次々に会った。


雨の日だから・・・という勝手な思い込みで行ったけれど

週の初めだし、お客さん多くて当たり前かな?と思いつつ

傘を差して,車に戻り

「せっかく出たんだから、ついでに買い物までして帰ろう」

と、スーパーへ寄ったら,まさかの定休日・・・


駐車場の車が少なくて、ラッキーと思ったんだけど

そういう事だったのかぁ?定休日だなんて予想だにしていなかったばば。

あぁ〜、あ、あ。

病院から直帰すれば良かった!

3分で帰宅できたのに。

「骨折り損のくたびれもうけ」でした!


師走の忙しい時期、動きたいのは山々だけど

左手の痛みから,気分的にも滅入ってしまったりの昨今。

ネットで調べても分からないし。

じじは「他の病院へ行って相談してごらん」と言うけれど・・・

何か検査の方法とかあるのなら行っても良いけれど・・・


一方的に「肺炎球菌ワクチン」を悪者にしてしまっているばば。

全く無関係かも知れない・・・・

早く原因をはっきりさせたい!


※画像は道路脇に咲いていた芋の花ですよ〜

:: ばば日記最新エントリ
ばばの日記のトップへ
:: 投稿一覧
     Login
=== A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation === === A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog ===
Copyright (C)2009-2018 ibuchan.com All rights reserved. Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2