写真日記 カレンダー
« « 2018 3月 » »
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
便利カレンダー

サイト内検索
アーカイブ
カテゴリ一覧
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:8257
1日前::9763
2日前::10090
3日前::10048

トータル:22280415
オンライン状況
38 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが じじの写真日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 38

もっと...
じじ写真日記コメント
名言黒板

じじの写真日記 - 201803のエントリ

カラスバト

カテゴリ : 
鳥類
執筆 : 
ibuchan 2018-3-30 8:50

3月 30日(金)天気 晴 室温 24.5℃ 外気温 22.9℃  湿度(室内)38% (午前8時34分計測)


 最近、よくカラスバトの声を耳にするが、警戒心が強く出会すことは滅多にない。


昨日は、たまたまじじが水分補給のため座って休憩していたら急に右後方からカラスバトの鳴き声が聞こえてきた。


振り返って、木立の隙間からのぞいてみるとそこにはカラスバトのカップルがいた。


すかさず、気付かれないようにソッとカメラを向けた。


 カラスバトは、国指定天然記念物に指定されている。


 


(2018年3月29日、11:26 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)


 

キジバト

カテゴリ : 
鳥類
執筆 : 
ibuchan 2018-3-29 7:06

3月 29日(木)天気 晴 室温 25.0℃ 外気温 19.8℃  湿度(室内)42% (午前6時50分計測)


 島に生息するキジバトは「亜種リュウキュウキジバト」と言う。


 リュウキュウキジバトは、奄美・沖縄の山林から農耕地や人家近くまで見られるハトで、留鳥である。


島には留鳥として住んでいるハトは、このほかにカラスバト、ズアカアオバトがいるがこの中でも一番個体数は多い。


 


(2018年3月26日、12:07 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)

ハヤブサ

カテゴリ : 
鳥類
執筆 : 
ibuchan 2018-3-28 6:50

3月 28日(水)天気 晴 室温 24.0℃ 外気温 16.3℃  湿度(室内)37% (午前6時34分計測)

 ハヤブサは、北海道から九州の平地や山地や海岸で留鳥として生息しているが島へは冬鳥として渡来する。

サシバやミサゴのように個体数は多くなく、絶滅危惧粁燹複孱奸砲忙慊蠅気譴討い襦

 
(2018年3月27日、11:09 徳之島町下久志海岸で撮影)

シャリンバイの花満開

カテゴリ : 
野山の草木・花
執筆 : 
ibuchan 2018-3-27 6:31

3月 27日(火)天気 曇 室温 24.5℃ 外気温 17.8℃  湿度(室内)34% (午前6時18分計測)


 先日、運動公園の遊歩道に植えられているシャリンバイの花が満開を迎えていた。


シャリンバイ(車輪梅)は方言で「ティチギ」と言われていて、昔は徳之島でも大島紬の染料として利用されていた。


今でも、お隣の大島本島の方では大島紬のドロ染めに利用されている。


http://www.ibuchan.com/modules/d3blog/details.php?bid=2182


 




(2018年3月25日、11:37 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)


セイタカシギ

カテゴリ : 
鳥類
執筆 : 
ibuchan 2018-3-26 7:22

3月 26日(月)天気 曇 室温 22.5℃ 外気温 17.6℃  湿度(室内)35% (午前6時59分計測)


 セイタカシギは、旅鳥として全国に渡来するが、島へは春秋の渡りの時期に渡来する。


 長い足を持ち、スマートな体型から「水辺の貴婦人」と呼ばれtりる。


また、絶滅危惧粁燹複孱奸砲忙慊蠅気譴討い襦


 


(2018年3月25日、10:17 徳之島町諸田池で撮影)

写真日記最新エントリ
じじの写真日記のトップへ
投稿一覧

     Login
◇◇ シンプル別館 徳之島自然観察集 ◇◇◇    ◇◇◇ モバイル・携帯用サイト 徳之島じじとばばのブログ ◇◇
Copyright (C)2009-2018 ibuchan.com All rights reserved.   Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2