Login

写真日記 カレンダー
« « 2019 2月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2
便利カレンダー

サイト内検索
アーカイブ
カテゴリ一覧
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:5908
1日前::10020
2日前::12760
3日前::13535

トータル:21948499
オンライン状況
33 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが じじの写真日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 33

もっと...
じじ写真日記コメント
名言黒板

じじの写真日記 - オオゾウムシ

オオゾウムシ

カテゴリ : 
昆虫
執筆 : 
ibuchan 2018-9-13 8:35

9月13日(木)天気 晴 室温 29.5℃ 外気温 28.4℃ 湿度 59%(室内)(午前7時07分計測)


 久しぶりに穏やかな真夏日が戻って来たようだ!


波はまだ幾分高いようだが、交通関係には影響は無いようだ!


 昨日アップしたあの「??ゾウムシ」の名前がわかりました。


日本在来のゾウムシでは最大の「オオゾウムシ」です。


 

以下 ウィキペディアより


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%BE%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7





 オオゾウムシ(大象虫)Sipalinus gigas は、コウチュウ目(鞘翅目)・ゾウムシ上科・オサゾウムシ科に分類されるゾウムシの一種。東南アジアから東アジアにかけて広く分布し、日本在来のゾウムシ類では最大種である。

学名のシノニムとして Hyposipalus gigas がある。


特徴


成虫の体長は12-30mmほどで、ゾウムシとしては大型の部類である。他の多くのゾウムシ類と同様に口吻は長く下方に弧を描き、全身が細かい凹凸のある硬い外骨格に覆われる。体は楕円球形で、前胸背は中央を除いて顆粒状突起に覆われ、鞘翅には点刻が9本の縦条をなす。


体の地色は黒だが、羽化したばかりの個体は全身に褐色の粉を吹き、まだら模様をしている。時間が経つに従って粉が落ち、越冬個体や標本では黒の地色が表れる。脚は長くがっしりしていて、?節の先だけではなく脛節の末端にもがっしりした内向きの鉤爪があり、木にしがみつくのに都合がよい。


 


(2018年9月6日、10:53 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)


トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
写真日記最新エントリ
じじの写真日記のトップへ
投稿一覧
     Login
Copyright (C)2009-2019  ibuchan.com All rights reserved.    Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2
A simple annex   A collection of Tokunoshima Island nature observation       A site for mobile / carrying   Tokunoshima Island JJ&BB's blog