Login

 
:: 写真日記 カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
:: 便利カレンダー

:: サイト内検索
:: アーカイブ
:: カテゴリ一覧
:: ランダムムービー
:: Since:2009年2月〜
本日のカウント:9236
1日前::12611
2日前::12713
3日前::13530

トータル:21033217
:: オンライン状況
52 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが じじの写真日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 52

もっと...
:: じじ写真日記コメント
:: 名言黒板

じじの写真日記 - クワズイモ

クワズイモ

カテゴリ : 
野山の草木・花
執筆 : 
ibuchan 2018-8-21 6:24

8月21日(火)天気 曇 室温 30.0℃ 外気温 29.1℃ 湿度 66%(室内)(午前6時08分計測)


 今日は、台風19号の接近で朝から曇っている!


予想よりやや北寄りに北上しているようだが、残念ながら暴風域からは免れそうもない!


暴風域からは逸れるのをひたすら祈るばかりだ!


 昨日の植物の名は「クワズイモ」です。


島の方言名では、「ヨゴガシャ」と言っている。


 今日は前回アップした写真と説明を以下に↓ 貼り付けておきます。





ウィキペディアによるとクワズイモの分布は下記のようである。


 中国南部、台湾からインドシナ、インドなどの熱帯・亜熱帯地域に、日本では四国南部から九州南部を経て琉球列島に、分布する。


長崎県五島市の八幡神社のクワズイモは指定天然記念物にもなっている。一方、沖縄県では道路の側、家の庭先、生垣など、あちこちで普通に自生しているのが見られる。低地の森林では林床を埋めることもある。    (以上)




 島では道路の側、家の庭先、生垣など、あちこちで普通に自生しているのが見られる。低地の森林では林床を埋めることもある。




また、孤高の画家「田中一村」の代表作「クワズイモとソテツ」でもよく知られている。




 普通は小鳥たちが直ぐに食べてしまい原型を保ってこのように写真に撮ることは困難な熟した真っ赤な実である。




隣にあるのはまだ未熟な青い実である。



(2016年7月25日、11:44 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)


トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
:: 写真日記最新エントリ
じじの写真日記のトップへ
:: 投稿一覧
     Login
=== A simple annex A collection of Tokunoshima Island nature observation === === A site for mobile / carrying Tokunoshima Island JJ&BB's blog ===
Copyright (C)2009-2018 ibuchan.com All rights reserved. Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2