動画日記 カレンダー
« « 2018 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
便利カレンダー

サイト内検索
カテゴリ一覧
アーカイブ
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:2846
1日前::11157
2日前::10977
3日前::10075

トータル:23334998
オンライン状況
34 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが じじの動画日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 34

もっと...
じじ動日記コメント
名言黒板

じじの動画日記 - 201804のエントリ

リュウキュウハグロトンボ(雌)

カテゴリ : 
昆虫
執筆 : 
ibuchan 2018-4-30 6:31
4月 30日(月)天気 曇 室温 25.5℃ 外気温 19.8℃ 湿度(室内)36% (午前6時25分計測)


今朝は曇り空で元気な太陽は見えない!

大陸から低気圧が近づき天気は下り坂のようだ!


 昨日は、徳之島総合運動公園遊歩道で今シーズン初めて「リュウキュウハグロトンボ(雌)」に出会った。





リュウキュウハグロトンボは奄美大島、徳之島、沖縄本島の固有種。


リュウキュウハグロトンボ(雌)

(2018年4月29日、12:03 徳之島総合運動公園遊歩道で撮影) 【スマホ・アイホン・Edge用動画再生】↓


(2018年4月29日、12:03 徳之島総合運動公園遊歩道で撮影)

クロハラアジサシのヒラヒラ舞い

カテゴリ : 
鳥類
執筆 : 
ibuchan 2018-4-29 6:08
4月 29日(日)天気 晴 室温 23.5℃ 外気温 16.2℃ 湿度(室内)午前5時55分% (計測)


 今朝も昨日からの移動性高気圧に覆われて、雲一つない晴天!

朝方は放射冷却でややヒヤリとしていた!


 昨日は、諸田池にクロハラアジサシが一羽飛来していた。





クロハラアジサシは、ヨーロッパ南部、中央アジア、中国、オーストラリアなどで繁殖し、旅鳥として日本へ渡来する。

島では海岸や河口付近、農耕地、池などに春秋の渡りの時期に渡来し、このようなヒラヒラ舞いをする。


クロハラアジサシ

(2018年4月28日、10:15 徳之島町諸田池で撮影)

【スマホ・アイホン・Edge用動画再生】↓


(2018年4月28日、10:15 徳之島町諸田池で撮影)

アマサギたち

カテゴリ : 
鳥類
執筆 : 
ibuchan 2018-4-28 5:46
4月 28日(土)天気 晴 室温 24.0℃ 外気温 19.1℃ 湿度(室内)45% (午前5時42分計測)


 今朝も島は、高気圧に覆われていい天気になりそうだ!

 昨日は、諸田池に夏羽のアマサギたちがやって来ていた。




アマサギは島では旅鳥で、春秋の渡りの時期に多く群れている姿が見られるが、少数は越夏したり越冬したりして、年中見ることができる。


アマサギたち

(2018年4月27日、10:42 徳之島町諸田池で撮影)

【スマホ・アイホン・Edge用動画再生】↓


(2018年4月27日、10:42 徳之島町諸田池で撮影)

カマキリの孵化と羽化

カテゴリ : 
昆虫
執筆 : 
ibuchan 2018-4-27 6:55
4月 27日(金)天気 晴 室温23.5 ℃ 外気温 17.2℃ 湿度(室内)52% (午前6時04分計測)


 昨日、ばばが大声で呼ぶので、急いで行ったら花園の「イヌマキ」の枝に産み付けられたカマキリの卵から孵化・羽化真っ最中だった。





幼虫や卵はよく見かけるが、卵から幼虫が出てきて間もなく脱皮を始め成虫に近い幼虫になる様子は初めて見た。

こんな小さな幼虫が成虫になるまでは、色々な外敵から逃れ、生き延びるのは大変なことでしょうね!


 カマキリは孵化した幼虫(蛹に近い)が直ぐに脱皮と同時に羽化して成虫に近い形をした幼虫になる。

羽化と孵化がほぼ同時に行われるおもしろい生態ですね。


カマキリの孵化と羽化

(2018年4月26日、15:27 徳之島町亀津自宅花園で撮影)

【スマホ・アイホン・Edge用動画再生】↓


(2018年4月26日、15:27 徳之島町亀津自宅花園で撮影)

ガラスヒバァ

カテゴリ : 
爬虫類
執筆 : 
ibuchan 2018-4-26 6:25
4月 26日(木)天気 晴 室温 25.0℃ 外気温 19.1℃ 湿度(室内)48% (午前6時21分計測)


 今日は、大陸からの移動性高気圧に覆われて天気はいい天気になりそうだ!


 先日、またもや「ガラスヒバァ」に出会った。

今月の初め頃に会ったばっかりだったのに、今年は蛇類の多い年なのかな?





 島の人たちはハブのように毒はないと安心している人が多いが、毒蛇であることが認知されたのは近年になってからだそうだ。

毒を分泌する牙が小さく、噛まれただけでは毒が体中に浸透することはない、そのため噛まれたことによる実害も報告されていないそうだ。

しかし、デュベルノワ腺より分泌される毒そのものの毒性は強い方であり、注意が必要とされている。


 方言名は「ガラシブ」と言っている。


ガラスヒバァ

(2018年4月19日、11:33 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)

【スマホ・アイホン・Edge用動画再生】↓


(2018年4月19日、11:33 徳之島町総合運動公園遊歩道で撮影)

最新のエントリ
じじの動画日記のトップへ
投稿一覧