動画日記 カレンダー
« « 2020 7月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
 便利カレンダー

 サイト内検索
 カテゴリ一覧
 アーカイブ
 ランダムムービー
 Since:2009年2月〜
本日のカウント:10060
1日前::19302
2日前::20370
3日前::11723

トータル:27043122
  オンライン状況
23 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが じじの動画日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...
 じじ動日記コメント
 名言黒板
  • カテゴリ NHKクリエイティブ・ライブラリー の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

じじの動画日記 - NHKクリエイティブ・ライブラリーカテゴリのエントリ

R2年 6月25日(木)天気 晴 室温 28.6℃ 外気温 28.3℃ 湿度 74%(室内)(午前6時16分計測)


今朝も曇り空!

前線は北上したが、南からの湿った空気が流れ込んできて湿っぽい天気になっている。




 昨日ネット徘徊中にNHKのこんな動画を見つけたのでアップします。

このような若い人たちの思いがあってかこの島は今まで感染者0です。


 奄美大島から上京した2人の大学生が、新型コロナウイルスから島を守ろうと投稿したツイートが大きな共感を呼びました。そのツイートとは?


島を守りたい 大学生がSNSに込めた思い

 ↑ ここをクリックしてください。






7月13日(土)天気 曇/晴 室温 30.0℃ 外気温 19.2℃ 湿度(室内)68%(午前6時15分計測)


今朝はNHKウェブニュースに奄美大島だけに生息する「オオトラツグミ」の動画が掲載されていましたので、急遽ここにも貼り付けます。

 ここを ↓ クリックしたら動画が見れます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190712/movie/k10011991381_201907121710_201907121715.html?stamp=20190422&movie=true


 以下はNHKサイトの説明文 ↓

国の天然記念物で鹿児島県の奄美大島だけに生息し「幻の鳥」とも言われているオオトラツグミが、奄美大島以外の動物園で初めて展示されることになり、12日に報道関係者に公開されました。

環境省の調査では1500羽から5000羽ほどが生息していると推測され、国の天然記念物として保護されています。

鹿児島市の平川動物公園で報道関係者に公開されたオオトラツグミはオスとみられ、去年8月、奄美大島の路上で衰弱していたところを発見され、保護されていました。

飛ぶ力が低下しているため、環境省は野生に戻すのは難しいと判断し、平川動物公園で継続して飼育されることになりました。

環境省によりますと、オオトラツグミを奄美大島以外で展示するのは初めてだということで、今月19日から一般に公開される予定です。

平川動物公園の飼育担当の落合晋作さんは「交通事故に遭い飛行能力が低下しているこの鳥から、希少種が交通事故や外来種の影響を受けていることを知る機会にしてほしいです」と話していました。

12月11日(火)天気  室温 ℃ 外気温 ℃ 湿度 %(室内)(計測)


今日も天気が悪く、取材にいけない日が続いている。

題材がないのできょうのNHKのイチオシ動画を拝借してアップします。


 月の光でかかる虹、「月虹」(げっこう)を見たことがありますか? 月の光はとても弱いため、夜空にうっすらとかかる虹で「見た人に幸せを運ぶ」とも言われています。高精細カメラで撮影位置やアングル、月の角度を計算することで撮影することに成功しました。(きょうのNHKのイチオシ動画より)








記事はこちら ↓ https://www3.nhk.or.jp/news/cameramanseye/2018_1207.html?utm_int=movie-new_contents_list-items_camera_002
8月29日(水)天気 晴 室温 27.5℃ 外気温 27.0℃ 湿度 59%(室内)(午前6時22分計測)


今日は天気も回復して穏やかな暑い天気になりそうだ!


 昨日も急に退っ引きならない所用が出来て取材にもいけず、題材がないのできょうのNHKのイチオシ動画を拝借してアップします。





 突然雷雨が。身を隠す頑丈な建物がない場合、どうすればいいのか。 雷を専門に調査研究している会社の、今村益子気象予報士に聞きました。





記事はこちら ↓

https://www3.nhk.or.jp/news/movie.html?utm_int=all_header_menu_movie

8月 2日(木)天気 曇 室温 28.5℃ 外気温 27.2℃ 湿度 67%(室内)(午前5時37分計測)


 今朝は、台風12号の雨雲が南西諸島を覆い、島も一日不安定な天気になりそうだ!


 先日、NHKの「きょうのイチオシ動画」で、「火星が15年ぶりに地球に大接近」と題して特集動画を見つけたのでここにアップします。





 じじは、その晩観察しながら撮影をしようとしていたが、天気が悪くて出来なかったので、ここにアップします。

動画はここをクリックしてご覧ください。 ↓

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/movie/k10011557611_201807312332_201807312345.html?

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011557611000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002


(参考資料)以下、NHK NEWSWEBより 

 15年ぶりに火星が地球に大接近しています。31日は最も近づく日で、南の方角の夜空に明るく輝く赤い火星を見ることができます。

火星と地球は十数年に1回、大接近をしていて、今回はおよそ1か月前から明るく輝く様子が見られ、31日、その距離は5759万キロメートルと最も近づいています。

およそ3億キロ離れていたことし1月と比べると見た目の大きさはおよそ5倍になり、明るさは1等星と比べても数十倍輝いています。

国立天文台によりますと、地球と火星の距離が6000万キロを切る「大接近」は、2003年以来、15年ぶりです。

日本では午後7時前後に南東から昇り、真夜中ごろには南の方角の高い場所、月の右側に明るく輝く赤い火星を見ることができます。そして、明け方には南西の方角に沈みます。

晴れていればビルや街灯など光が多い都市部でも観察ができ、全国各地で観望会が開かれています。

火星が明るく輝く状態はことし9月上旬まで続くということで、国立天文台では「火星の明るさや大きさが日々変化していく様子を観察してほしい」と話しています。

次回の火星大接近は17年後、2035年の9月11日で、今回よりも近い5691万キロまで近づきます。


15年ぶりの「大接近」

地球の1つ外側の惑星、火星は、687日かけて太陽の周りを回っています。

地球と火星はおよそ2年2か月ごとに接近しますが、地球は太陽を中心に円軌道を回っているのに対し、火星はだ円形の軌道を回っているため、接近しても距離が近い時と遠く離れる時があります。

国立天文台によりますと、遠い時は1億キロ余り離れるため「小接近」と言われています。一方、近い時は6000万キロを切り、この場合が「大接近」と呼ばれています。

「大接近」はおよそ15年から17年に1度の頻度で起き、「小接近」に比べ、見た目の大きさは倍となり、明るさも数倍輝いて見えます。

火星はことし9月上旬まで明るく見える時期が続き、国立天文台の縣秀彦准教授は「1等星よりも数十倍明るく、とても目立つ存在として見え、晴れていれば都会でもどこでも観察できます。今回は15年ぶりの大接近で極めて条件のいい接近になっています」と話しています。

 最新のエントリ
じじの動画日記のトップへ
 投稿一覧
     Login