動画日記 カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
便利カレンダー

サイト内検索
カテゴリ一覧
アーカイブ
ランダムムービー
Since:2009年2月〜
本日のカウント:9445
1日前::10704
2日前::11157
3日前::10977

トータル:23352301
オンライン状況
28 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが じじの動画日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...
じじ動日記コメント
名言黒板

じじの動画日記 - ライオンの咆哮が「ゴリラ岩」へ

ライオンの咆哮が「ゴリラ岩」へ

カテゴリ : 
ドローン空撮
執筆 : 
ibuchan 2019-6-6 6:35
6月6日(木)天気 晴 室温 27.0℃ 外気温 25.3℃ 湿度(室内)62%(午前6時22分計測)


昨日今日と、梅雨の中休みのようだ!

移動性高気圧が九州南部に張り出してきて、梅雨前線は分断され

島は昨日から好天気が続き、梅雨が上がったような天気になっている。


 じじは、ここ数日、体調を崩しブログも休んでいた。

やっと回復したので、今日からブログも再開します。


 昭和40年代、日本は高度成長時代を迎え、島にも観光ブームがやってきた頃、当時の徳之島観光連盟でも「観光パンフレット」を作ってPR活動に力を入れていた。

その頃のパンフレットでは、現在「ゴリラ岩」と呼ばれている岩は「ライオンの咆哮」と言われていて、「ゴリラ岩」は、数百メートル離れて向かい合っている少し小さい岩であった。


 今日は、当時のネーミングをドローン撮影で検証してみます。

撮影したのは、現在の「ゴリラ岩」のある奥名川河口付近です。

ドローンで撮った動画で最初に現在の「ゴリラ岩」に接近してズームアップしてみました。

次に約180度回転して、今は名もなき旧ゴリラ岩へ向かってズームしました。


 どうでしょうか?


 じじは現在の「ゴリラ岩」にケチを付けたり、元へ戻せなどと言うつもりは毛頭ありません。

ただ時代と共に(約半世紀もの時が経てば)名前も変化していくのかも知れません。

あまり人目に付かない物は自然消滅して行くんですね。

また、「ライオンの咆哮」なんて、少し難しい言葉ですよね。

一部の人たちが「ゴリラ」と言うようになって、現在まで続いているのかも知れません。(これはじじの憶測で真実ではありません 笑い) 又、「ライオンの咆哮岩」の方が、見た目、迫力があり、ゴリラ岩は小さく目立たなかったのも一因かも知れません。

確かに、現在の「ゴリラ岩」にたてがみ(鬣)を取り付ければライオン岩と言われるでしょうね!(笑い)


ライオンの咆哮が「ゴリラ岩」へ

(2019年5月25日、10:25 徳之島町奥名川河口で撮影)
ライオンの咆哮が「ゴリラ岩」へ

(2019年5月25日、10:25 徳之島町奥名川河口で撮影)


トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
最新のエントリ
じじの動画日記のトップへ
投稿一覧